┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 リズム(周波数)を変えろ! ~悪魔も出し抜く周波数変換のススメ~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 心土(Shindo)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 インナーゲーム ~マインドの中にいる二つの自分~

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 夢は叶う -ウニユ塩湖で踊った少女-

皆様、こんにちは。

毎日変なニュースばかり流れておりますが、そんなもんに気をとらわれないで自分にとって有意義な情報のみに目を向けて行きたい今日この頃でっす。


さて、本日は、久しぶりに潜在意識の話をしたいと思います。

ワタスが数年前からみているニコニコ動画のカテゴリの一つに"踊ってみた"というものがあります。

観はじめた当初は家庭用カメラで撮ったようなど素人丸出しの動画が多かったのですが、最近では高性能なカメラと撮影用スタジオそして編集ソフトの発達でプロ顔負けの動画が数多く投稿されるようになりました。

動画の中で踊っている人を"踊り手さん"と呼び、テレビには登場しないニコニコ動画だけの有名人が生まれていきました。

その踊り手さんの一人に七河みこさんという現在二十歳の女性がおります。

彼女の存在は2013年ぐらいから知ったのですが、踊りのセンスが良く将来性のある人だなあという印象を持っていました。

2013年の作品の一つを紹介しましょう。

【綾波みか】くれよんを踊ってみた【七河みこ】
https://youtu.be/GfcJLIs1Dnw


赤色の服が七河みこさん(当時16歳)。

ここからメキメキ踊りが上達していきます。

様々な踊り手さんとコラボしてその技術に年々磨きがかかるようになってきました。


そんな中、2015年春、彼女は母親からウニユ塩湖の話を聞いたのでした。


ウニユ塩湖。。


知ってます?



ワタスは全然知りませんでした。


そうです、南米ボリビアにあるというあの鏡のような場所。

--- Wikipedeaより転載 ---------------------------

nanakawa-14.gif

nanakawa-13.gif


ウユニ塩原(スペイン語: Salar de Uyuni)はボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地。標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約10,582km2の広大な塩の固まり。現地での本来の呼び名はトゥヌパ(トゥヌーパ)塩原であり、これはウユニを麓に有する山、トゥヌパ山(en:Tunupa)に由来する。塩原の中央付近で回りを見渡すと視界の限り真っ白の平地であり寒冷な気候もあって、雪原の直中にいるような錯覚をおこす。

なお本項目では学術的に正確な表現である「塩原(えんげん)」を用いているが、一般には「塩湖」と呼ばれることの方が多い。

この塩原は高低差が100km四方で50cmしかないことが調査により判明しており、「世界でもっとも平らな場所」でもある。そのため、雨季に雨により冠水すると、その水が波も立たないほど薄く広がるため、水が蒸発するまでのわずかな期間に「天空の鏡」と形容される巨大な鏡が出現する。

----------------------------------------------


--- 転載開始 ---------------------------------


1年前、母に教えてもらった

ウユニ塩湖を知ってから

絶対ここで撮影すると心に決めました。

nanakawa-11.gif

少しずつお金を貯めて、ツアーや行き方を調べて、

高山病について知って、踊りたい曲を探して、

ウユニの本をたくさん買ったり、

旅行会社のパンフレットを集めたり(笑)


--- 転載終了 七河みこブログ「白色な日常」より ---



自分の部屋にパンフレットから切り抜いたウニユ塩湖の写真を貼り付け、

ひたすら夢をみていたといいます。


踊りやオリジナルの振付も高い評価を得られるようになり、今年(2016年)に入り、

2月の下旬に開かれる予定のイベント「踊フェス2016」にエントリーしたのですが、惜しくも落選。


ここから彼女はボリビアへの旅を決行することにしたのです。



--- 転載開始 ---------------------------------



今月(2016年2月)の10日から19日まで

ボリビアへ向かう旅に出ていました。

nanakawa-12.gif



旅行ついでではなく、

完全撮影目的です(^o^)/-☆



夢ばかりみていたけれど、

実際にウユニへ行ってみて。



中略




飛行機が飛ばず、予定とは違うルートになり、

マイアミ空港で代わりの便を見つけるため

15時間以上ひたすら待つだけだったり(これがきつかった)

少しずつ高度を上げて高地順応予定が、

突然ラパス空港(4000メートル越え…)に行くことになり高山病のリスクが高まり、ウユニ滞在が1日減って。




その後も携帯をなくしてしまい、(馬鹿)

元々の撮影予定曲が撮れなくなったり。

(動画ではウォークマンを付けて踊ってます)




ウユニ初日は血行が悪くなり過ぎて

両足が痛み、立っているのすら難しくて

泣く泣くホテルで休憩。。




三日間滞在予定が、飛行機の都合で

二日間になり、体調不良で1日目が潰れ…

結局撮影に挑めたのは最終日…


--- 転載終了 七河みこブログ「白色な日常」より ---



アクシデントに次ぐアクシデント。

みこさんを様々な障害が襲います。

4000メートルって富士山よりも高いところにある場所なんですね。

イッキに行ってしまったため高山病の危険性が高まってしまったそうです。

滞在日数も減り、体調も崩し撮影できるのが最終日を残すだけとなってしまったみこさん。

さてどうなる。



--- 転載開始 ---------------------------------


動画の前半が午前6時頃の朝日、

動画の後半が午後18時頃(?)の夕日!




1日晴れててくれて、無事撮影ができました。

よかった( ; ; )夜は曇ってしまいましたが。。




高山病の軽症状で倦怠感や吐き気だったり、

現地の食べ物が合わずお腹を下してしまったり…




ウユニ塩湖は富士山の頂上と同じくらいの高度で、

一本踊りきることが、大袈裟かも知れませんが

命がけでした。(笑)

高山病は重症化すると命に関わると聞いていたので、

自分の体調を見て、気を付けました。




何よりも携帯をなくしたおかげで

旅先でひとりぼっち。

寂しすぎて死にかけておりました*\(^o^)/*




撮影途中に塩湖にウォークマン落としたりもしました。塩漬け。(笑)

何とか生きてますが(笑)




と、トラブルをあげてみると

わりと思った以上に壮絶でした!(笑)



それでも、一年憧れて夢見てきたウユニの景色を

見た瞬間、何も考えられなくなりました。



--- 転載終了 七河みこブログ「白色な日常」より ---



高山病の危険があるため、自分の体をよくチェックしながら踊っていたといいます。

なので、1日に4テイクしか踊れなかったそうです。

そのうち1本はピンボケでボツ、3本が撮影成功。

1本踊ると脈が異常に速くなったそうです。

そんなギリギリの状況の中、撮影はなんとか無事成功します。



--- 転載開始 ---------------------------------


高地は酸素が薄いので、

踊ると非常に脈が速くなります。

動悸とかよりも多分速くて、踊り終わった後は

脈が少し怖いくらい…(°_°)ヒェェ




それでも歌が素敵で、踊りが素敵で、

集中して心を込めて踊ることができました。




365度ウユニを満喫しながら、

踊ったあの瞬間は何よりの幸せでした。

一生忘れないと思います。







体調を崩して、一人が寂しくて(笑)

それでも頑張れたのは、みんなのおかげです。




親が心配しながらも応援して送り出してくれたから。

みんなが応援してくれるから。

期待の言葉をかけてくれるから。

私にしか撮れないものを作りたかったから。




みんなが信じてくれる私なら、

頑張れると思いました。


--- 転載終了 七河みこブログ「白色な日常」より ---


潜在意識の入ったものが実現するときに起こる状況の一つに一見絶望的なトラブルとか障害に襲われるそうなのですが、それは心の準備とか覚悟のために起こるそうで、しばらくすると問題は不思議と消えていくそうです。

みこさんの場合、まさにそのケースだったのではないかと思いました。

しかし、4000メートル以上の高所での撮影。まさに命掛けでしたね。



--- 転載開始 --------------------------------


動画には納得はいきませんでした。

高地順応がもう少し早くできていたのなら。もっと大きく綺麗に踊りたかった。1テイク目だからサビの腕がまだ低いままで。後半の方もう少しピントを合わせられたのではないか。カメラの設定のせいか、画質が少し落ちてしまったし、センターがずれないようもう少しチャレンジしたかった。もっと色んな空の表情で試してみたかった。

なーーんてあげたらきりがありません!!

たくさん思うことはあります。




でも動画に、形にすることができたことが

まず一番の安心で、目標で。

だからこれで良かったんだと思います。

反省点はたくさんありますが

全力でやっての結果なので、たくさん

自分を褒めたいと思います(*^^*)(笑)




きっとこれからも納得がいくことはないと思います、

それを上手く次に繋げれたらなと思います。













19歳の私ができる全力で作った動画です、

良かったら見てください。



--- 転載終了 七河みこブログ「白色な日常」より ---



鏡のような世界で踊る姿とラストの映像は圧巻です。



【ウユニ塩湖で】Hand in Hand 踊ってみた【みこ】
https://youtu.be/r3FpgKWithU


ニコニコ動画再生数30万達成。
Youtube動画再生数30万達成。
テレビ番組「とくダネ」で取り上げられる。




みこさんが踊った曲「Hand in Hand」は、最初から踊る曲ではなかったのだそうです。
しかし、この「Hand in Hand」のオリジナルPVの中にこのみこさんの動画とシンクロする場面がいくつか登場します。

とても不思議です。

まるでこの曲を最初から踊るよう仕組まれていたかのように。。

また、みこさんが「踊フェス2016」に落選してしまったのも潜在意識からウユニ塩湖へ行かせるための回答ではなかったかとワタスは思っています。


参考
【初音ミク】 Hand in Hand (Magical Mirai ver.) 【マジカルミライ 2015】
https://youtu.be/RKtoreimcQ8




本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png











 空気投げ

皆様、こんにちは。
新年明けたら、なにやら世の中が慌ただしい。

自分の内面が変化している現れなのかどうなのかわかりませんが、
今年は申年なのでどうも騒がしい年のような感じがします。

激動の2016年、外の騒がしさにとらわれず内面の成長を急ぐ年にしたい
と思ってる今日この頃です。



さて、本日はショート話で失礼いたします。

昨年の潜在意識の話の中で、今自分の見ている世界は、
心の石版(モノリス)を経由して映し出された映像世界である。。という話をしました。

その映像というのは、共通の意識層を通じて各人に繋がっており、
各人のモノリスへ常に影響を与えている。

自分のセルフイメージを強くすることによって各人のモノリスへ強い
影響を与えることにより自分の思い描く自分になることができる。

そのセルフイメージというのが"氣"という見えないれども自分の
心の中に存在する周波数レイア上のイメージ。。である。

ということも話しました。


そのセルフイメージを極めるとどうなるのか。。

その模範的な人物をご紹介しましょう。

一人目は、柔道の神様といわれた三船久蔵。

必殺「空気投げ」の開発者として知られた三船久蔵は、
自分の体重の倍以上の人間を軽々と投げ飛ばす。

この人の技は、まさに氣の力を使ったものです。
動画の最後のほうに弟子に教えているシーンがありますが、
自分を丸いものというイメージをつくりあげ、相手にワザをかけさせるスキをなくしています。

ちょいと見てみましょう。

失われた柔道?!圧巻!三船十段の秘技「空気投げ」と現役の有段者との乱取り!
https://youtu.be/IIEW1B2duT4


凄いですね。
でも今の柔道とはなんかちょっと違うのかな。
今の柔道をやる人がこの技を使うのを見てみたいですね。



もう一人は、合気道界の伝説と言われた塩田剛三。
8人が相手になってもかなわない。まさに氣の力を極めた技。
とても動きが美しいです。


【合気道】怪物・塩田剛三の神業と合気道VS空手の貴重映像まとめ【Aikido】
https://youtu.be/xmbwGVnOio8



塩田剛三は、金魚の動きをみていて障害物がある時の避け方は
円運動にあると見極めたのだそうです。
円運動というところは、三船久蔵の球状ものをイメージするのと同
じ共通点がありますね。

どちらも自分のセルフイメージを鍛えた身体に重ねて技を繰り出します。
現代スポーツの科学的トレーニングの一部では同じようなことをやっています。

そう言う意味では、最先端のスポーツトレーニング法を当時の
日本武道はやっていたと思うのです。

武道では"心・技・体"が重要であるという意味はここから来ているのかもしれませんね。


つうことで、本日は落ちがなくてすんませんがこの辺にて失礼します。

最後に塩田剛三の名言をひとつ。

C2f.gif

すなわち、"まるい"ということか。。


本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png

 バーチャル世界の周波数レイヤ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 引き戻しに対処する方法 -モノリスからの刺客、エージェントさんを迎え撃つ方法-

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 ZONE(ゾーン)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 心の石版(モノリス)Ⅱ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

 心の石版(モノリス)Ⅰ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力