┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 想いの木・双子の木 ~春の旅から~ その5

futagonoki.gif

アピ:ぼくたちは いつまで ここにいるの?

アパ:さあ・・・・・・

アピ:どこかへ いきたくない、アパ?

アパ:いいえ。だって ここにたっているだけで いろんなものが

   みえるもの いろんなおとが きけるもの。

アピ:いろんなにおいも かげるね。

-- 写真:姉崎一馬 文:谷川俊太郎 絵本「ふたごのき」より -------------



(前回の続きから)

翌日、ご先祖のお墓参りへ向かうべくワタス達(長女叔母夫婦、Hikoさん夫婦とワタス)は、車で母親の実家へ寄ったのでありました。

今にも壊れそうな山門を構えた旧家は、辺りを一望できる高台にあります。

母親の実家は、その昔ここら辺一帯を治めていた大地主であったのですが、第二次世界大戦後の農地改革で土地の大半を失い、さらに固定資産税をはじめとする諸税のため土地を売り、木を売り、山を売り今では少しばかりの田畑と裏山を残すのみとなってしまいました。

ワタスのご先祖さんは何者であったかと申しますと、歴史的には源氏だった武士がこの辺に住み始めたのが始まりなのだそうですが、朝廷の後白河上皇とも親しく文を交わしていたとかいないとか(まあこの手の話、地方ではよくあるそうですが。。)。
また、戦国時代には伊達政宗がお忍びで鷹狩りにやって来た時に寄っていた館であったそうです(これも俄かに信じられんのですが。。)。
その後、代々この辺一帯を治めるお武家様であったのだそうでここでは"本家"と呼ばれています。

久しぶりに寄った母親の実家は、家の補修工事の途中のようで工事に使う諸材料が所々に置かれておりました。
今日は工事がお休みで工事業者さんもおりませんでした。

四男叔父は元気そうでしたが、やはり一人でこの家をやっていくにはとても大変そう。
家の周りを見渡すと雑草だらけで土地は荒れ放題になっていました。
幼少の頃訪れた時には、四季折々に美しい花が咲き、実がなる木々が沢山あってそれはそれは豊かな場所でありました。毎日、誰かしらここを訪ねて来ては、語り合い笑い声が絶えなかったのは昔の話となってしまったのか。。

とワタス達が四男叔父と話しているところへ三女叔母夫婦と神奈川からやって来た四女叔母も合流し皆で墓参りへ行くことになりました。
お寺は母親実家から下に降りて500mくらいのところにあるのですが、山寺への入口から杉の木に囲まれた長い長い木の階段を登った所にあるのでそこへいくまでかなりしんどいのです。

hitodama.gif

はあはあと息を切らせてようやく着いたと思いきや、今度はお墓探しです。お墓といっても大昔のお墓なので墓石なのか普通の石なのかわからないような墓が点在しており、よくわかっている親族がいかないと墓参りもできないのです。
ワタスの母親が子供の頃は、この辺一帯は火葬ではなく、土葬であったため、燐火(リンカ)つまり人だまがよく見られたそうです。ワタスの母親がそれはそれはどでかい人だまをみて腰を抜かしたことがあると言っていました。この辺はホントに夜真っ暗ですからそんなもんが出てきたらさぞびっくり仰天したことでしょう。しかしそれは祖父のいたずらだとワタスは思っているのですが。。
火葬になった頃、祖父は、火葬場から骨壷に入り切れなかった人粉を持ってきて畑に撒いていたというのですから全くバチ当たりなじいさんでした(笑)。
で、撒いた畑の作物はことのほかよく育ち美味しく頂いたそうです(そんなことをしていたから家が没落してしまったのかも。)。

いろいろとお茶目な事をしでかしていたワタスのじいさんですが、あっけなく癌で早死してしまいました。
と同時期にある事が起こりました。

母親の実家の庭には、この家の守り神とも言うべき双子の杉の巨木がありました。
代々この家はこの双子の木が見守り栄えてきたのです。

祖父の弟のAじいさんはこう語っていました。
「この家は双子ができやすい。また兄弟姉妹でも良く似ている子供ができやすい。
それはな、あの杉の木のようにお互いを想いあう心を忘れないようにと杉の神様がこの世に送ってくださるのだよ。」と。


祖父が死んだのと同時期に双子の木の片方にある日雷が落ち、轟音を立てて倒れてしまったのです。守り神の片方を無くしてしまいとても衝撃的な出来事だったと母親は語ってくれたことがありました。


それからは。。

兄弟ケンカが頻繁に起こるようになり、この"家"が徐々に衰退していくようになりました。
継承問題で痛恨を残し傷つけ合う前になんとかならなかったのでしょうか。

今考えてみると、Aじいさんが語った通りなのかもしれません。
お互いがお互いを想う心を忘れてしまったとき人間の営みとは衰退に向かうのかもしれません。

双子というのはそれぞれ違う周波数を持ちながらもお互いを和合する音もまた持ち合わせているのではないかと思うところがあります。

hitukishinji.gif

最近読んだ本で中矢伸一著「日月神示この世と霊界の最高機密」によるとそれは、

片方が
ウ、オ音 ---- 愛、善的、曲線的、消極性、太陽

もう片方が
イ、エ音 ---- 真、智的、直線的、積極性、月

であり、そしてこれらを調和する音が
ア音 ----- これら母音の統一的役割

となるそうです。

まさに二元論的相反する周波数でもアという音の元には歩み寄れる。
すなわちハーモニーを奏でることができるということなのでしょうか。

つまりこのア音こそが

真言密教(阿吽「あうん」・オン~~)、
ヒンドゥー教(オーム)、
イスラム教(アミン)、
キリスト教(アーメン)、
仏教(南無(ナム)~)、
神道(神社狛犬像のあうん)、
チベット密教(ア・フーム)、

といういわゆる聖音と呼ばれる音ということになりましょうか。
人を想うこととはこの聖音の周波数に合わせることで違う周波数の人とも和合することができることなのかもしれません。

双子はお互いに無意識にそれができるのでしょう。
双子でない人も人を想う気持ちがあればできることだと思います。
人を想う気持ち。。聖音。。創造の音。


kirikabu.gif
画像はイメージです。

墓参りを終えたワタス達は、母親の実家に戻り、杉の巨木のところで記念撮影をしました。
倒れた杉の年輪を数えながら一人ぼっちになってしまったもう片方の杉を見上げました。

sugi.gif
画像はイメージです。

どっしりした風格は一人ぼっちでも全く関係なく、堂々と胸を張ってたっているように思えました。
どんなに厳しい環境の中でも負けることなく強く優しく逞しく生きている。
そんな自然の素晴らしさをこの杉はワタス達に伝えてくれているのかもしれません。

昔からこの杉の近辺にいくと良い雰囲気になるのを感じていました。
もしかしたらこの杉、歌(音)を奏でてくれていたのかも。。

茉奈佳奈(まなかな) - いのちの歌
http://youtu.be/XRdoQdwL-x0





アピ:ねえ アパ、ぼくたちは いつしぬのかしら。

アパ:かぜに きいてごらん。

アピ:かぜは しっているの?

アパ:そらに きいてごらん。かぜが しってるかどうか。

アピ:そらは しっているの?

アパ:ほしに きいてごらん。そらが しってるかどうか。

-- 写真:姉崎一馬 文:谷川俊太郎 絵本「ふたごのき」より -------------


(その6(このシリーズの最終話)へ続く)



関連過去記事
2010年3月1日記事「最初の音」
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-14.html


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


スポンサーサイト

 想いの木・双子の木 ~春の旅から~ その4

皆様こんにちは。
いやいや~どんも、最近バタバタしとりまして更新遅れますてすんません。

とワタスが身の回りの事であたふたしている間に
いつの間にか世の中いろいろ騒がしくなってきますた。

いくつか上げますと。
ギリシャ問題---こりはマジヤバイことに(いよいよ世界恐慌突入か。。)。
5/21金環日食---この日食は"ヘビの日食"といわれ不気味なイベントなのだそうです。今日みますたよん。にょろにょろ~。
5/22
 ①地震説---多くの予言者さん達がこの日前後は超危険と言われています。
 ②東京スカイツリーオープン---何故この日をオープン日にしたのかいまだに謎です。
5/22は何かありそうな感じがします。
UFO----太陽を周回するNASAの衛生写真に超巨大なUFOが写っていたそうな。
こりです。

UFO by the sun 3rd May 2012
http://youtu.be/aTMAzhSN16I


先日UFOが地球に着陸する夢をみて翌日この映像をみたもんですからこりはなにかあるかも。。なーつて。
このUFOさんどうぞ友好的な宇宙人でありますように。。

最近、とあるサイエンスカフェへ出向き、チリにある世界最大の電波望遠鏡プロジェクトの話を聞きに行ったりなんかして、宇宙ネタがチラホラ舞い込む今日この頃です。また別の機会にそのお話でも致しましょう。


さて、本日もまた母親の実家へ行った時のお話の続きです。
だんだんと母親の実家の謎に近づいていきます。
では、どんぞ。


「ほれっ!○○(マティックスの名前)、朝メシだ、起きろっ!」

遠くのほうから母親の声が聞えてきたので目が覚めますた。
ムニャムニャ。。
あれ?ここどこ?

寝ぼけ眼で周りを見渡すワタスに太陽の光が眩しい。
あっそうだ、昨日夜おそく三女の叔母の家からHikoさんの車に乗って長女の叔母の家にやってきたのでした。
ということは、あの声は、母ではなく長女叔母。しかし姿、声、雰囲気、ワタスの母親と瓜二つ。なにもここまで似なくても(笑)。

ここは、母親8人兄弟の長女叔母の家。三女叔母の所から車で約45分ぐらいの海に比較的近いところにある山の奥の農家です。

長女叔母の家は牧歌的な雰囲気に満ち溢れています。叔母の家の真ん前に草原の丘があってそこには小さな牧場があります。
草原の丘には乳牛が何頭か放牧されていてのんびりと草を食べている風景を叔母の家のとうもろこし畑から眺めるがワタスの大のお気に入りです。ここではとても緩やかな時間が流れているのでした。

牧歌  /  手嶌 葵
http://youtu.be/kH_sYDgnyqI



ここ田舎で問題になっているのは、後継者問題。それは今も昔も変わりなく続いているようです。
この長女叔母の家でも息子のHikoさんが当然家を継ぐものと思われていたのですが、そのHikoさん、元々田舎暮らしは好きではなかったのです。

家業を嫌う子供は珍しくはありませんからHikoさんも実家で農家をやるのは嫌だったのでしょう。奥さんの実家が海の近くにあって結婚するときにそこへお婿に行きたかったのだそうです。田舎へいるよりは快適な町の生活に憧れる気持ちはわからないでもないのですが、田舎には田舎のいいところがありますし、田舎に長年住んでいると実際その良さがわからなくなってしまうのかもしれません。

一旦家を出たHikoさんを叔母は必死に説得して家を継いでくれるように頼んだのでした。叔母は農家をやらないことを条件にしてHikoさんに家を継ぐことを約束させたそうです。

しかしその後の長女叔母の様子をみていると、はたしてこの時に無理言って継がせてしまって本当に良かったのだろうかと思ってしまいます。養子でもいいから農業が好きな人に継がせても良かったのではないかと思うのは後の祭りかもしれません。

日本の農業が直面している問題として「後継者不足」が挙げられますが、代々の"家"に基づいた世襲の意識を変えない限り、この問題は永遠に続くと思われます。

血縁者による家の存続をとるか、農業を営む意志のある者にその機会を与えるか。。
血縁者で農業を営む意志のある者が登場しうる確率は今の時代非常に低い。。であるならばどうすればよいのか。。

地方の農業を取り囲む問題は山積しています。現在、農業従事者の平均年齢は65.8歳、高齢化がジワジワと進行しています。このままにすれば日本の農業は限りなく衰退していくでしょう。

「"家"を継がせるのではなく、"農業"を継がせる」これはときに難しい選択となりましょう。意識を変える難しさ。。日本農業の厳しい課題です。



さて、夕暮れの草原の丘を大好きなとうもろこし畑から眺めながらワタスは、もう一つの後継者問題を考えておりました。
そうです母親実家の後継者問題です。母親の実家8人兄弟の後継者問題は、Hiroさんのケースとよく似ておりました。すなわち、8人全員この家の後継ぎになりたくない。。そういう状況でありました。ワタスが小学校の頃、祖母が亡くなりこの後継者問題が起こりました。

長男叔父は既に家を出て仙台に自宅を構えていました。その自宅を建てる際に実家の杉林の木を勝手に持って行ったりと当時祖母と一緒に住んでいた四男の叔父といつもケンカをしていました。

四男の叔父は子供がいる女性を好きになり、家を出てその人と一緒になりたいと思っていたそうです。次男叔父は若いとき既に他界し、三男叔父は東京へ出て行ったきりで音沙汰なし。女性姉妹達はそれぞれ結婚していたので結局四男叔父しか家を継ぐ人はおりませんでした。

そこでAじいさんを中心とした長老達は、無理やり四男叔父と付き合っていた女性を別れさせ家を継がせたのです。継がせるならその女性と一緒でもいいではないかと思うのですが、連れ子は四男叔父の子ではないからという理由でその女性と別れさせたのだそうです。

昔の話ですが、ここでも"家"の存続という難しいキーワードが出てきます。

四男叔父は後を継がなかった長男叔父のことを当時は凄く憎んでいたそうです。
この四男叔父は家を継いだ後、誰とも結婚はせず、全く一人の力で農家を続けていきました。長男叔父に対する意地がそうさせたのではないかと兄弟達は皆そう思っているらしい。

この叔父は米生産者としてはもの凄く優秀な人でお米は最高級を付けられるほど品質の良いものでありました。
しかし、一人での農家は限界があります。一人では広すぎる家。管理ができないでいると家は傷み老朽化していきます。ワタスが小さい頃訪れた時の生き生きしたあの大きな農家特有の雰囲気はなく、少しずつ朽ちていくままになっているようです。

明日、長女叔母達と一緒に母親の実家へ行くのですが、四男叔父が少し心配なのです。

「お~い○○!メシだぞ~」
遠くから叔母が呼んでいます。


ふとみると既に日は沈み、大きな月が出ておりました。
人間のそんな問題など大自然にとっては全くもって小さい話なのかもしれませんが。。

田舎の月。

綺麗だ。。


moon river - Aoi Teshima
http://youtu.be/QHUYHZEyGf8



(その5へ続く)

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

 お知らせ-20120514

皆様こんにちは。
すいません、今週は更新がちと遅れます。

えっ、もう驚かないぞ?

ハッハハ、さすがわかってらっしゃる。いやいやおみそれしますた。

しかーし、ただでは帰さないのが当ブログ。
せっかくおいでくださったのですから、これでも観ていっておくんなせえ。


暑くなってきたからこれがいいかな。
大人の無邪気な水遊び(笑)。自転車で飛びます!飛びます!

Huge Bike Jump into a Pond 35 feet in the air
http://youtu.be/B3GribQCg6c


長女叔母の家の近くにこの動画と良く似た小さな池があるのですが、
今度自転車で飛んでみようかな。フナではなくてワタスが釣れるかも。。

えっ?いらない?
そんなこといわんで(笑)。。



さらにオマケ。
もう一つバカかっこいい映像をどんぞ。

PEOPLE ARE AWESOME 2011
http://youtu.be/yKWoPlL2B8I



ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

 想いの木・双子の木 ~春の旅から~ その3

皆様、こんにちは。
GWもあっとい間に終わってしまいますた。
なんか休んだようで休んでいないような。。う~ん、もう少し休みがほっすい~。

さて、本日も母親の実家へ行った時の話の続きです。どんぞ。

maria.gif

「その昔、この辺は隠れキリシタンの集落があった場所なんだべし。」

長老の一人であるAじいさんは、部屋の奥のから分厚い郷土史の本を持ち出してきて写真を指しながら熱く語るのでありました。

Aじいさんは、ワタスのおじいさんの弟さん。この方ともう一人のIじいさん(既に他界)とワタスのおじいさんこの三人もまた三つ子のように良く似ていたそうです。ワタスのおじいさん亡き後、この方と数人の長老達が母の実家のご意見番として良きにしろ悪しきにしろ様々な場面に登場してきたのです。

この日は、従兄弟のHiko(もちろん仮称)さんと一緒にご挨拶のためAじいさんの元を訪れていました。
Aじいさんによるとなんでもここらへん一帯は江戸時代初期、隠れキリシタンの里であり、当時の江戸幕府の政策により数万人の殉教者を出した場所なのだそうです。キリシタン達が処刑された首塚跡も所々に残っているそうな。いろいろと血塗られた歴史を持つ因縁の土地なのだということをAじいさんから聞かされました。

もしかしたら、ワタスのご先祖様は隠れキリシタンだったのかもしれません。
どうりで仏教や神道よりもキリスト教にどこか懐かしさを憶えるのはそのためでありましょうか。
ワタスと関わりのある友人や知人達にキリスト教関係者がいるのもなんとなく頷けるのですが。。(といってもワタスは無宗教、ん?強いていうなら"はっぱ教(隊)"ですかねえ(笑)。)

まあワタスをいつも導いてくださる精霊さんの中にその関係者がいるのではないかと勝手に思っています。

殉教者達のご冥福を祈って。。

Venite Spiritu et emitte caelitus
(精霊よ来たれ 天より御使いを)

Libera - Far away
http://youtu.be/TNgd-kue_Fc


(動画に登場する子供の中に行きの電車で出会ったあの目のクリクリした子とよく似た子供がいるのでびっくりしますた)


Aじいさん、語らせると長い長い。
特にこの地域の歴史を話はじめると昔取った杵柄(歴史の先生)、夢中になって語ります。

40分経過、そろそろじいさんの話も退屈になりかけてきた頃、

「コーヒー飲むべか?」と聞いてくるのでこちらも元気に「はい!」と返事をするとコーヒー(インスタント)を入れてくれるのはいいのですが。。

「砂糖入れるか?」と聞いてきたので「お願いします」と言ってしまったのが運のツキ。

料理で使う白砂糖を本人目の前にしてスプーン山盛り3杯素早く入れて出されますた。ワタスは目が点になり、唖然としていると目の前にそのコーヒーが。。

しょうがないのでイッキに飲みました。
思わず「甘いっ!」と叫びそうになるのをググっと耐えているのをHikoさんが横目で見て必死に笑いを堪えています。
gpft.gif
画像はイメージです。

すると今度は「グレープフルーツ食わねすか?」と聞いてきたので先程の口直しのつもりで「はい!」と返事をしてしまったのがまたまた運のツキ。

グループフルーツを半分に切った上にあの白砂糖をスプーン山盛り3杯盛られたのが出てきますた。(ま、まじすか。。)昔そうやってスプーンでほじりながら食べていた記憶がよみがえってきましたが、さすがに砂糖山盛り3杯もかけてはいません。

はて~こりはじいさん特有の何かのユーモアのつもりなのかと思ってましたが、じいさん本人、いや、そのばあさんや嫁さん達も皆グレープフルーツ半分に切った上に山盛りの砂糖がのっているのをみてここでは砂糖山盛りが当たり前なのだと悟りますた。

「くっくぅ~、甘いぃぃぃぃ!」やばいっすよ。こんなん食ってたら絶対糖尿病になってしまいます。

じいさんの語りはまだまだ続いていたのですが、思わず「おおそうだ、餅っこ食ってけ!」というのでいやいやと首をふりながらマジで辞退しようとすると、そんなことええから食ってけと引きません。

しょうがないので食べることに。出されてきた皿には、なななんとあんころ餅が。。

あはは。。あま~い、あま~い!あんころもち~。
さすがにワタス壊れますた(あはは)。

むかしは砂糖は貴重品であったので、お客様が来ると甘いものでもてなすのがこの辺の礼儀となっていたようでした。しかし、現代においてもその習慣は何ら変わることなく続いているというのが田舎たるがゆえのことなのでしょう。

ということで約2時間半のAじいさんの授業、無事終了しますた。



その夜。

「食ってけ~!食ってけ~!」

obke.gif

ワタスの夢に砂糖てんこ盛りの巨大グレープフルーツのおばけが。。
猛烈にうなされたのは言うまでもありません。

やめて~。。


(その4へ続く)

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金