┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 とんでも的アセンションのゆくえ-カルマ消滅?!編その5-

皆様、こんにちは。
今回は長いですんで休みながら読んでおくんなまし。
ではいきまっせ。

---【解説 -その5】------------------------------------

今回がこのシリーズの最後ということで"カルマ"について考察していこうと思いまつ。


カルマの事を語るのにまずはこの人の話を聞いておくんなまし。


ニューアース必須レッスン:『カルマと恐れを手放す』ドロレス・キャノン
http://youtu.be/DQ45Iy3rMws


このおばちゃん、ドロレス・キャノンさんといいます。
何を隠そうこの方、シドニーおちんさんと同じ退行催眠を様々な人に施し前世を聞き出してきた人なのです。

このおばちゃんによりますと、大昔から地球以外の星の存在たちは、地球の事をそれはそれは我が子のように心配していて、ここ60年くらいの間にはこのままでは滅亡してしまうんではなかろかってなことを痛切に感じておりますた。しかし、存在たちは霊的な発展途上星である地球への直接介入は絶対禁止されており、その法の前になす術がなかったそうな。


どうすっぺ?

いやいやどうすっぺよ?

みんな考え込んでしまって埒があかない。

と、ある存在がいい案を思いついた。

そんだ!直接介入するんではなく、グループを組んで地球に転生させてみっぺよ。そりなら直接介入じゃなかっぺよ。

おお!そんだ!そんだ!それがええ!


つことで、他星の魂達の第一弾がこの星に転生した(これを『第一の波』という)。ところが、地球特有の重い周波数、絶え間ない闘争と暴力、弱肉強食の生存競争の厳しさに耐えられない魂が続出した。もうこの星にいたくない者達は自殺の道を選んでしまうことも少なくはなかったそうである。

『第一の波』の存在達が過酷さの中で残してくれた開拓道を引き継いだのが『第二の波』の存在達である。この存在達は今では40代の後半から30代にかけての人々の中にいて、結婚することや子供を増やすことには何故か強い興味が湧かない傾向にあるそうだ。それでも世のため人のために何かをしなくてはという使命感みたいなものを持っている人が多いらしいのであるが、存在自体が地球の周波数を上げるのに既に貢献していることになるので特に何もしなくてもいいそうなのである(マジですかぁ(笑))。

そして『第三の波』は10代から20代の中にいる新しいエネルギーを持った人たちだという。しばしばこの世代の人達の中には生まれる前の記憶を明確に持っていたり、何かを始める前に既に物事の結果が見えたり等、特殊な能力を発揮する人が多いそうです。

これら第一~三の波の方々の総称をインディゴ・チルドレンと呼んでおり、人類の霊的な向上のために日夜汗を流していらっしゃる存在なのだそうでつ。が、しかしその中の数パーセントしか自らのお役目に気が付かないのかもしれません。なんたってトラップが多すぎますからねえ、この地球世界(笑)。インディゴさんの大半は、変わった人とか発達障害者とみなされている人も少なくありません。

で、ドロレスおばちゃんがいうことには、カルマという転生するたびについた垢はいつ落すの? 
そそそ、今でしょ!ということ(こんなことをいうから胡散臭くなるんだよなあ~(笑))。

カルマを落とすには、自分にとってどんなに不条理なことに出会っても相手を許してあげるということ。それと自分が恐れている事の真の原因を知り、それを解放してあげること。それらは今生きている今世だけの話ではなく、今世より前のいくつかの転生でついたカルマがそうさせている可能性が高いからだと指摘する。

ここで疑問なのだが、カルマという言葉を知らない人にとっては不条理なことに出会ったら当然相手を憎んだり、場合によっては復讐をしてしまう人も当たり前におるし、また自分の恐怖の原因を探ることもなく、一生恐れおののく人が大半を占めてしまうのではないだろうかということ。

"カルマを落とす方法"それはその人の人生の中で自分自身がある周波数に来た時に知るようにプログラムされているのだろうか? つうことはその周波数に来なければ一生そのプログラムは起動されない。。可能性もある。

そ~んな事をよくスピリティアル系の本やサイトではよく書かれていることなのですが、これも知る準備が必要だというのだろうか。

まあ。確かに"カルマ"がどうのとか前世がどうのとか言っても既知外扱いされるだけですからね。それも覚悟できないといけないのかも(いつもヒャッハーな人だけに教えてあ・げ・る)。



さて、ここでカルマを消すというおっちゃんの話をいたしましょう。

Dr-ishi-1.gif

石井健之助という医学博士がおられるのですが、この方は長年、恵比寿で氣の治療院をなさっていらっしゃいました(現在は残念ながら閉鎖しております)。

この先生、人のチャクラの状態には"色"(プラス)と"空"(マイナス)があるということを言っていて、カルマに影響されている人や欲や我が強い人は7つあるチャクラの状態が"色"になっている数が多いそうなのです。

カルマを消すとはそのチャクラの状態を"空"にすることによって、前世からついた垢を消すことになるそうです。


石井先生は、上野動物園へ行き、動物たちのチャクラの気の状態から霊体の進化を調査したのでありました。

7つあるチャクラの状態について動物たちをみていきますと、鳥類はペンギンとダチョウが一つ「空」があるのを除き7つの気がすべて「色」でありました。哺乳類は、カバ、カンガルーは一つが「空」で残りの6個は「色」。猫、馬、パンダは二つが「空」。犬、サルは三つが「空」。

それでは人間はというと? 一般の人は四つが「空」であったのです。

このことから言えることは、霊体の進化というものは「空」の数を増やすことにあると結論づけたのでありました。つまり、この世は、それを達成するための修行の場であるということらしいです。

ちなみに人間でも元々「空」の数が多い人がいるそうです。ユリゲラーさんは6つが「空」、細川前総理とダライラマ、さらに金さん銀さん、さらに天皇陛下は7つのすべてが「空」だと言います。

しかし、存命の宇宙飛行士は、そのすべての状態が逆転していると言います。地球から離れることによって"色"と"空"が逆転してしまうだなんてこれは結構重要なヒントだと思いまつ。

詳しくは以下 不思議研究所のサイトをご覧ください。

[ふしけんアーカイヴス:特別取材記]
カルマを消す霊的治療の医学博士
石井健之助
https://www.fushigikenkyujo.com/archives/Syuzaiki/ishii.html


『無限の力』のワークショップの前に霊能力者であるYさんの旦那さんがやってくれたというチャクラの浄化というのは、たぶん石井先生がやっているチャクラの状態を"色"から"空"に変えることと同じであると思ったのです。

つうことは、ワタスのカルマは既にあのとき消滅していたかもしれない。。だったらラッキーなのだけれど。。(笑)


この"色"(しき)と"空"(くう)について簡単に説明いたしますと、これらが登場するのは、超有名なお経であるあの『般若心経』の一節。「色即是空 空即是色」。

知らない方もいらっしゃると思いますので、
説明してくれている動画を見てまいりましょう。

般若心経. 現代語訳
http://youtu.be/E_SgUM2NhM0


えっ?!
ますますわからなくなってきたって。

さよう。。まさに禅問答でござるよ(笑)。

"色"というのは、物質といいますが、それだけでは不完全でありまして、ワタスはこの世のみえない意識世界の重力に引っ張られるものも"色"の中に含まれるのではないかと思っております。すなわち"色"というのは、物質も意識も重い質量であり、それは霊的には地球の物質世界に引っ張られるものとワタスは理解しています。

対して"空"というのは、物質ではないエネルギーの状態であり、ゼロであってもそれは決して"無"ではない。物質を離れた霊的世界に漂うエネルギーのカオス、非二元の状態それが"空"ではないかとワタスは思っております。

だから昔から宗教的な修行に励む人たちは、この世のあらゆる煩悩や欲望を捨て"空"を目指すのでありましょう。


たとえば、お金とスピリチュアル、ワタスはこの二つは相いれないものだと以前から思っております。

お金自体は、単なる物質でありまして何も問題はないのですが、お金にまつわる人間の意識(集合意識)は非常に質量が重い。ネガティブな感情や意識とリンクしやすく、この地球の物質世界に意識をとどめることになります。スピリチュアルというのは、本来人間の意識を"空"へと導くもの。しかし、そこにお金が介入すると"空"ではなくて"色"へ導くものに変わってしまうことになるのではないかとワタスは思っているのです。結局、人を癒すとうたっていながらもお金が目的となると行為自体が"色"に変わってしまう。

その昔、スピリチュアルコンベンションと呼ばれるスピ系の展示会へ行ったときに一緒に行った霊感が強い友人がここはあまり良い氣でないから近寄らないほうがいいと警告してくれました。占い師やスピ系にはお金に強い執着がある人が結構多いようで、そんな人のところへ重いエネルギー(="色")をもらいに行かないようにと教えてくれたのです。

全部が全部そういう人ではないとは思いますが、もしそういう方面の方にご相談される場合は、良い氣に包まれていて法外な金額を要求しない方にお願いしましょう。


さて、自分でもできる"色"を"空"にすることでカルマを消す具体的な方法はあるのでしょうか?


それを教えてくれた人がいます。
ワタスのブロとものシドニーおちんさんです。

2012年10月から12月にかけておちんブログ内で「未来(運命)を変える方法」講座を開きました。
すなわちこれがババシャツ脱ぎと呼ばれるものでして。。

過去の囚われた内面意識を着た自分は、ババシャツを何十枚も重ね着した自分と同じ。
それを一つ一つ解放し、1枚1枚ババシャツを脱いで次の次元世界に入っていこうというものなのです。

着込んだババシャツはカルマでありそれは"色"だとすると、一枚一枚脱ぐ行為は"色"を"空"に変えていることになるのではないかと思ったのです。

では、"色"を"空"に変える行為ってどんなものがあったかというと、過去の自分をイメージ上で思い出し、イメージ上の魂の家に連れて帰る。その際、声に出してはいけなくていくつかの単語を鏡に映ったように書いてもう一人の自分に知らせる。ことや、いくつかの質問課題についてよく考えて答えてみることなど自分の内面へ深く思い巡らすことで心の底にいる本当の自分と対話することができ、心についた垢を落とすことになるすなわちカルマを落とすことになるのではと感じました。

ただ、これらはこの世での過去の自分と対峙することで解決することでありまして、前世から生じていると思われる問題に対してはどうするのか?そして一体それをどう知るのか?についてはここでワタスが補足致しましょう。

前世から生じていると思われる問題というのは、その人の身の上に繰り返し起こってしまう問題が多いようです。過去の起こってきた事を振り返り、繰り返し起こる出来事があればそれはこの世だけでの問題ではなく前世で自分が引き起こしてきた事を気づかせるものであることかもしれません。

また、その土地や家族に起こるような問題は、自分の先祖が起こしてきた問題も含んでいると考えられるので、その土地の浄化や先祖の墓参りは丁重に行ったほうがいいと思います。特に土地にまつわるものの霊的な質量はかなり重いのでここに問題があるとすれば、自分一人での解決は難しいと思われますので良い氣に包まれている霊能力者さんにご相談されることをお勧め致します。


いずれにしてもこの物質世界に執着する様々なエネルギーを解放し"空"に帰すことが実はワタス達各人に与えられた隠れた使命なのかもとワタスは思っているのです。

ブッダは八正道にその実践を説きましたが、二元論で成り立っているこの物質世界で生きる者には中庸をとることこそ"空"に入る道であると約2千5百年前の智慧の中にその真髄が存在しております。


といってもですねー。

わかっちゃいるけどすてれけてん。。なのですよー(笑)。


中道を実践して"空"に至るとして、喜怒哀楽もあるのかないのかわからない。情もあるのかないのかわからない。面白いこともあるのかないのかわからない。



そんな世界何が楽しいの?

物質世界ってそれがあるから面白いんじゃないの?

カルマがあるからそれぞれのストーリーが存在して苦しくても楽しいんじゃないの?

と、先日お酒を飲みながら友人のKさんがワタスに語った。


確かにKさんの云うとおりなのだが、ワタス達は地球にいるからそう思うだけで、それは地球オンリーの考え方だ。

地球から外に出た時、別な面白いこともごまんと存在するとしたらどうだろうか。


地球が存在するのであれば、地球以外の超面白い惑星がこの広大な宇宙に存在しないと何故いえようか。

であればカルマを乗り越え地球を卒業したワタス達はきっともっと面白いことに熱中していると思う。


その時、ワタスは何をしているかといえば。。

。。

。。


きっと別のカラクリに満ちた世界を探求しているに違いない。






注:
おちんさんのブログを読みたい方は、ブロともにならないと読めない仕組みになっております。
下記のブログ内にブロともの申請フォームがありますので、FC2のブログを開催した後で申請をするといいと思います。

ブログ「シドニーおちんの、これが今の精いっぱい」
http://sydneyochin.blog65.fc2.com/


---【本編 -その5】------------------------------------

二つのとんでもセミナーとワークショップに参加して
ワタスのカルマははたしてホントに消えたのかどうか?

それはきっとワタスが肉体を離れた時にこそわかるものかもしれない。

しかし、カルマに対する恐怖心は以前よりも消えていた。
ワタスはそれこそがカルマが消滅した証しのような気がしている。


なに?気のせいだろうって?

スピの世界に嵌っていると迷っている自分自身もわからなくなる。。そのせいなのだろうか?

いいや、世界はカラクリに満ちているのだ。。
そしてその中を迷うことがきっとワタスの得意技なんだと思う。
迷いながらとまどいながらでも確実にちょこっとづつ真実の糸は手繰り寄せられてきているんだと感じる。

よ~く目を凝らして見えてくるおぼろげなるこの世界の点と線らしきもの。
それが少しづつ見えはじめたそんな2008年夏、"玉蔵"という裸でフンドシをしめた変なおっさんのトンデモブログに出会った。

ワタスがこのブログを始めるおおよそ1年半前である。

はたしてワタスがいるこの世界は真実なのか夢の中なのかそりがわかる出発点でもあったと思う。


Avicii - Wake Me Up (Official Video)
https://youtu.be/IcrbM1l_BoI






この世界はカラクリに満ちている。。





とんでも的アセンションのゆくえ-カルマ消滅?!編 完


ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金

参考資料
ハニワくんをクリック
↓↓↓


続き⇒┌|∵|┘
スポンサーサイト

 とんでも的アセンションのゆくえ-カルマ消滅?!編その4-

皆様、こんにちは。
ゴールデンウィーク前に記事を上げようとしたら、いろいろ用事が割り込みで入ってしまってズレズレになってもうたです。すまんこってす。

さて、本日も前回からの続きをいってみたいと思いまつ。
あの不思議な交通事故から約3週間後、知り合いのヒーラーさんからの誘いで参加することになったワークセッションでの出来事。

ではいってみましょう。




※ご注意

ワタス、マティックスはいかなる宗教にも属しておりません。
これからお話することは、ワタスが過去に体験したものであり、
登場する団体の布教や宣伝などを目的とするものでは一切ありません。
また、セミナー内やその後の不思議体験などを語っておりますが、
それらの体験を保証するものではありません。


---【本編 -その4】------------------------------------


2008年6月のある日曜日。
梅雨に入って雨の日が続いている。

今日も朝からシトシトと雨が降っていた。
こんな日は左足の打撲した箇所がズキズキと痛む。
先月交通事故で負傷した左足がまだ完治していなかった。

大きめの傘をさし、びっこを引きながら、ワタスは朝早くからJR飯田橋駅にほど近いとある会議スペースへと急いでいた。


数日前、大手SNSで知り合った女性Yさんからスピ系のワークをするので是非来てほしいとメールがあった。その女性は、レイキマスター(白井霊氣療法)の免許皆伝をした人であったが、最近別の能力のあるパワーを授かったということであった。

レイキというのは、その昔、臼井甕男(うすい みかお、1865年8月15日 - 1926年3月9日)というおっさんがはじめた一種の手当て療法の一つ。今では様々な流派に分かれてしまいどこが本当のレイキなのか実際のところよくわからない。

そのレイキ療法で治すのに1週間かかるものをその別の新しい方法ではわずか数分いや数秒で治してしまうそうだ。さらに前世から続くカルマなどは一瞬で消せるという。しかも参加費1000円程度で。

ワタスはすんげー怪しいと思いながらも興味の虫がうずいてたまらない。
最初は行かないつもりでいたのだが、やっぱり参加することにした。


面白いっ!カルマ、消せるもんなら消してもらおうじゃないかっ!


ワタスはここでも挑戦者のような心境になっていたが、それは子供の強がりみたいなもので、"カルマ"という言葉に少しだけ得体のしれない恐怖を感じていたのだ。

"カルマ" 

それは、輪廻転生でついた垢のようなもの、今世プラス今世以前の前世で自分が起こしてきたツケを今世で支払うべきものであるらしい。

課題を体験しないとツケが支払われない。。そうワタスは考えていた。

そして、この"カルマ"があるから今まで苦労の連続だったと思っていた(ということは前世ではどれほど悪い奴だったんであろう(笑))。

もしワタス自身に悪いカルマがあってそれが今まで自分を苦しめてきたのであれば、それを早いとこ取り除いてもらおうという気持ちがあった。


しかしそんな都合のいい事、はたしてできるものなのであろうか?


takarazuka-1.gif

会場に着くとYさんが旦那さんと一緒に受付に立っていた。女性にしては背の高く宝塚の役者さんのような美人のYさんとヒゲが濃い熊のような感じの旦那さん。まさに美女と野獣とはこのことか(怒られそ)。でも旦那さんは人間的なやさしさが随所ににじみ出ていていい人なんだろうなあという印象を受けた。

実はこの旦那さんは、有名な霊能力者でこれまでに様々な霊的な問題を解決してきた方なのだそうだ。
古神道系の祈祷術がこの旦那さんの専門だ。


さて、開始時間となりYさんが皆の前に出て挨拶を始めた。会場には20代~60代まで幅広い年齢層約20名ほどの人が集まっていた。

Yさんによると本日はワークの前に旦那さんによるチャクラの浄化儀式を行ってくれるのだという。

chakra-1.gif

さっそく旦那さんは一人一人の前に立ち、祝詞をあげながら霊的な浄化を施し始めた。20名ほどの人達をやるのに結構な時間がかかる。

と、ワタスの前に立ち止まった。すると前に座っているYさんの横の男性に向かって何やら叫んだ。


「この方、霊をみれるようにしてあげていいの?」


え?!な、何っ?


「だって頭上と額が開いているから。。」


なんと、この旦那さん、ワタスを見ただけで妖気アンテナの事を知っていたのだ!

こいつはただものではない。。


Yさんの横にいる男性はこう返事した。

「見える見えないはその方自身のことですから、我々がおせっかいしてはいけません。見えるときはその方にその準備が整った時です。」


旦那さんはこう切り返した。

「そりゃごもっともですが、ここに来たこと自体準備が整っているんじゃないの?わかったわかった!もうなにもしませんよーだ!(笑)」

この旦那さん結構お茶目だ(笑)。


ワタスは成り行きに任せていた。

別に霊が見えようが見えまいがその時はその時だと思っていた。
いや、常に見えていてはどうかと思うことがちょこっとあるけど。。


そうこうするうちに全員のチャクラの浄化儀式は終わった。






再びYさんが前に出てこれから行うワークについて説明した。

「私はレイキマスターの免許を持っているんですが、レイキで1週間から2週間かけて治す事象をたった数分いや数秒でやってしまうそんなパワーヒーリングをこれからやっていきます。そのパワーヒーリングの名前とは、『無限の力』と言います。」


無限の力?!

なんか怪しいんじゃね?(笑)

一瞬ふとそう感じたがまあどんなもんだかお手並み拝見である。



『無限の力』とは、南 将路(みなみしょうじ)という人がはじめたヒーリングである。
唯一の神(これ以外の神はここでは認めていない)から南氏が授かった力で一瞬にして病気やケガ、整体調整、悪因、カルマ、不運等すべてを治してしまうという。

単にパワーを受けるだけなら無料であるが、他の人を治すための力の転写は有料となっている。Yさんはその横に座っている男性からパワーを授かったようであった。

出席者した一人一人が皆の前に出て体の悪い場所をみてもらい、一瞬にして治すというワークがはじまった。

Yさんがメインでやっていたのだが、難しい事象になるとYさんの隣に座っていた男性が助っ人に入り治していく。どうもこの方、『無限の力』の幹部らしき人であった。Yさんが○○先生と呼んでいたのでこの団体の中ではマスタークラスなのであろう。


ワタスの番がやってきた。

ワタスは何を言われるんだろうとドキドキしながら前へ歩いていった。


Yさんではなく、最初から○○先生がワタスをみることになった。

○○先生は、ワタスをみるなり、

○○先生:「あなた、このままだとあと10年後に肺ガンで死にますよ。」

と言った。

なんと!タバコも吸ってないのにぃ~ですかぁ?


○○先生:「それはあなたのカルマからそうなっている。ここでそれを消してあげましょう。それと。。あなた顎のかみ合わせがおかしいでしょう。それも正常化させます。いいですか?」


おお、こちらからカルマのことを切り出す前にカルマのことを話してきた。

ワタスはすかさず、

ワタス:「もう一ついいでしょうか?左足が打撲していて痛いのです。これも治るでしょうか?」


○○先生:「大丈夫です。この3つを治しましょう。では、手のひらを合わせて合掌のポーズを作ってください。」

というのでワタスは手のしわとしわを合わせて南無~のお仏壇のはせがわポーズをとった。


○○先生:「今から私が言う言葉の後から感情をこめてついてきてください。」

ワタス:「はい。」

どんな呪文のような言葉を言わされるのであろうか。。とワクワクしていたが、なんてことはない普通の言葉にちょいと拍子抜けした(笑)。



○○先生(カッコはワタス):

「私の前世での(私の前世での) 

自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを(自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを)

認め、反省します。(認め、反省します。)

本当に申し訳ありませんでした。(本当に申し訳ありませんでした。)


もう一回!


私の前世での(私の前世での) 

自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを(自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを)

認め、反省します。(認め、反省します。)

本当に申し訳ありませんでした。(本当に申し訳ありませんでした。)


最後!


私の前世での(私の前世での) 

自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを(自分がおかした過ちと悪い行いのすべてを)

認め、反省します。(認め、反省します。)

本当に申し訳ありませんでした。(本当に申し訳ありませんでした。)」





○○先生は終わりにパチンと両手を叩いて

○○先生「はいっ! どうです? なんかすっきりしてませんか?」


そういえば、なんとなくすっきりしているような感じが本当にしてきた(これはホントにそう感じた)。

顎もなんだか軽くなったようである。これはあくまでも感じなのでこのまま続くのかどうかはわからないが。。

ただ、左足は以前のままで変わらない。

○○先生に左足は変わらないようなのですが。。と言うと○○先生は左足の靴を脱がせて足首を持って気合を入れた。

○○先生「はいっ! これでどうです?」


ワタス:「あ、はい。」

少しは楽になったような?ならないような?自分でもなんだかよくわからなくなっていた。。

とりあえず、ちょっとだけ痛みが消えたような感じは確かにあったので納得はしなかったけどとりあえずそれ以上突っ込まずに終わった。


ワークショップの最後に○○先生がこう話した。

○○先生:「この能力を自分自身で人々に転写したいという方は、33万円を支払うと可能となります。興味ある方は私にお知らせください。詳しくご説明致します。」


キターーー!

これが言いたかったのか。



やっぱりダメこりゃ~(笑)。




次回カルマについての解説をしてこのシリーズの終了となります。

たぶんぶったまげることでんしょう(笑)。

お楽しみに、次回に続く。


P.S
ちなみにワタスの左足は全然治っていなかったのでその後、接骨整体院へ行って治しました(やっぱ接骨院じゃのう。って最初から行けよって(笑))。



---【解説 -その4】------------------------------------

皆様、こんにちは。
怪しいですね~、とっても(笑)。

う~ん、なんなんだろう。これが高額だったらきっとあまり納得しないでモヤモヤしたものが残るだろうが、1000円でニコニコ整体術を受けたと考えればこんなもんなのだろうか。

ワタスのカルマはこんなもんで本当に消えたのでしょうか?

このワークセッションへ行った後に何かのサイトで読んだのですが、カルマを消す方法の一つに"チャクラの浄化"があった。ということはYさんの旦那さんが行ったあのチャクラの浄化を受けただけでも行った価値があったということか。

あるサイトによると悪いカルマが消えると起こる兆候は以下のものだそうです。

1)運命があきらかに好転したと思われる現象が起こった
2)家族・人間関係のあきらかな改善がみられた
3)心境の変化を自分ではっきりと感じられるようになった
4)仕事運があきらかに向上したと感じることが実際に起こった
5)事故や災難から守ってもらったと思われることが実際に起こった

科学ジャーナリスト、 ほおじろ えいいち氏によるコラムページ
2010年4月15日(第84回)記事
「カルマが消えていくときに起こること」より
http://www.funaiyukio.com/spilitual/index_1004_02.asp


どうなんでしょう、短期的にみるとアンラッキーな現象でも長期的にみるとそれがラッキーな方向へ導いてくれているポイントのように見えるときがある。そこが考え方や受け取り方の分かれ道になるのではないだろうかと思います。


さて、今回の「無限の力」というグループですが、その後このグループが行っている有料での能力転写活動が無限連鎖講(ねずみ講)及び詐欺行為に値するのではと社会問題化されることとなりました。

今回のワークショップを主催したYさんは問題になる前に「無限の力」から脱退していて従来やっていた"レイキ"に戻っていたそうです。なんか怪しいと感じたのかもしれません。

まあ、スピの世界では、師匠から弟子への能力転写にお金をからませることは珍しくないようです。"無限の力"は33万円であったそうですが、こんなのは実際には安いほうでとある別の団体の能力転写は100万円とか300万円とかするのもあるようです。

が、しかし、いかに凄い能力であってもそこにお金が絡むと途端に薄汚れた霞がかかるようなイメージが見えてくる。以前からワタスはスピ系の能力においてお金をからませることに何故か少し嫌悪感を抱くことがあったのですが、ブロとものおちんさんに出会って同じ感覚の人がおったととても嬉しかったです。

スピリチュアルとお金ってある意味、正反対の世界のものであるとワタスは思っております。なぜならば、長くなるのでこの話は次回の解説に譲りますがお金っていうのはこの世で生きるためにだけ必要なものでありまして、しかしながらスピリチュアルというのは、精神的な魂の部分の話なのでここにお金を絡ませることは、潜在意識を自分の欲のために使うことの感覚に似ているとワタスは思うのであります。だもんでワタスは高額なお金をとるヒーラーさんや霊能力者に出会うとその人達のいうことは、ほとんど信用しておりません。

今回の「無限の力」のワークでありますが、いい部分もありそうではない部分もあり半々でしょうか。ただ、カルマを消すために唱えた言葉については、あれはこのグループ特有というよりも一般にカルマを消す方法なのではと思ったのです。同じことを言っているサイトは世の中多数存在するのでワタスがこれはというサイトの記事をおまけに載せておきましょう。



次回はカルマについての解説をしてこのシリーズを終わりたいと思います。


次回に続く


ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金


おまけ(ハニワくんをクリック)
↓↓↓


続き⇒┌|∵|┘