┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 お知らせ-20150418

お知らせです。
来たる4月26日(日)東京は東日本橋わなびば333にてみんなで手をつなごう♪『愛の周波数528Hz』ライブが行われます。このライブには、2013年1月の記事へコメントいただいた周波数音楽家の小田エリスさん、記事で紹介させていただいたピアニストいすぽんさんがご出演されます。

528Hzの音楽に興味がある方、リラックスしたい方、癒されたい方是非ともご来場くださいまし。

528Hzの音楽って何?という方はこちらをご覧ください。

【関連記事】
音-Oto 528Hz(後編:528Hz)
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-150.html


---- ライブ詳細 --------

live-20150426-2.gif

「みんなで手をつなごう♪『愛の周波数528Hz』ライブ」
4月26日(日)
会場:東京東日本橋わなびば333
開場12:00 / 開演12:30
チケット:4,000円(当日券のみ)

出演者:SEVENTHROSE with kumi
      出沼理恵子
      いすぽん
      小田エリス

企画:あーとくりえーと

お問合せ:090-4582-8735(松垣)

会場:東京東日本橋わなびば333
http://www.kimonodanet.com/
JR 総武快速線『馬喰町駅』  A2出口より徒歩1分 地上に出て右折
都営 新宿線 『馬喰横山駅』 A2出口より徒歩1分 地上に出て右折
都営 浅草線 『東日本橋駅』 A2出口より徒歩1分 地上に出て右折
東京メトロ日比谷線『小伝馬町駅』徒歩5分 地上に出てスカイツリー方面へ  鞍掛橋の信号を右折、みずほ銀行奥

〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-3-3
https://goo.gl/maps/N2EWU





スポンサーサイト

 珈琲にまつわるエトセトラ(サードウェーブコーヒー編)

桜が咲いて暖かくなってきたかなと思ったらとんでもなく寒くなったり、
今度こそ暖かくなったのかなと思っていると翌日またまた寒くなったりと
寒暖の差が激しいこの時期はさすがに辛いっす!

皆様、こんにちは。
自分がやけに歳とったなと実感している今日この頃。
春ってそういう季節なんでしょうか(笑)。

さて、本日は、珈琲についての最近の出来事などを書いてみようと思いまつ。


今、東京は清澄白河という所が俄かに注目されております。
何故か?そうです、もうご存知だとは思いますが、珈琲界のAppleといわれる「ブルーボトルコーヒー」が
今年2月に東京に出店オープンしたからです。

BBC-Mark.gif

ブルーボトルコーヒーって何?

ご存知ない方のためにご説明いたしましょう。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee)は、元フルート演奏者のジェームス・フリーマン(James Freeman)さんが、スタバや一般のシアトル系コーヒーチェーン店で出すような珈琲ではなく、もっと個人の香りがする心のこもった淹れ方で出す珈琲をというコンセプトで2002年8月にオークランドにある自宅のガレージで始めたコーヒーカフェでございます。

ジェームス・フリーマンさんは、カフェを始める前に参考にしたのが日本の有名喫茶店数店であったと言います。

それをアレンジし独自のコンセプトに仕上げて今やサードウェーブコーヒーの旗本として大企業に急成長。
日本では、2015年2月清澄白河に1号店、3月青山に2号店を出店させております。

さて、サードウェーブコーヒーとありましたが、これ何のことでんしょ?
サードウエーブ(第3の波)なら
セカンドウェーブもファーストウエーブもあるってこと?

ファーストウェーブ:
アメリカ:19世紀後半から20世紀前半、珈琲の大量生産時代になり浅煎りのアメリカンコーヒーが大量に消費された。
日本:1960年~1980年 喫茶店ブーム


セカンドウェーブ:
アメリカ:1970年~1990年"深煎りムーブメント"の流行。スターバックス、タリーズなどシアトル系珈琲チェーン店がエスプレッソにミルクを合わせる「カフェラテ」をベースにしたバリエーションコーヒーを扱うチェーン店が流行となる。
日本:1990年~2010年 シアトル系珈琲チェーンの流行となる。旧来型の喫茶店が激減する。 


サードウェーブ:
アメリカ:1990年代後半から起こった動き。豆の産地を重視して、その豆の個性に合った淹れ方を追求する新しい珈琲文化。サードウェーブで重視しているのが「シングルオリジン」と言われる考え方でブレンドせずに単一の珈琲豆をワインのように楽しむこと。
日本:?


日本でサードウエーブがあるのかどうかはわかりませんが、日本は日本で独自の珈琲文化を作ってきた自負があると思います。日本でのセカンドウェーブで従来型の喫茶店は激減しました。なぜなら珈琲に対しての正しい知識と技術を持ってお客様に旨い珈琲を提供してこなかったお店はお客さんから支持を得られずその後急激に姿を消したからです。
   
日本でのセカンドウェーブを生き残った喫茶店が、アメリカでのサードウェーブを起こす参考となったというのですからすごい驚きです。

さて、先日そのブルーボトルコーヒー清澄白河店へ行って参りました。
土曜日のお昼どき相当混んでいるだろうなと思っておりましたら、予想の範囲で並んでいたので安心しました。んが、その後どっと人が雪崩れ込んできてあっと言う間に物凄い行列となりました。

ブルーボトルコーヒー 清澄白河 ロースタリー&カフェ (Blue Bottle Coffee)
東京都江東区平野1-4-8
https://goo.gl/maps/y6ovV


BBC-1.gif

ここがブルーボトルコーヒー 清澄白河 ロースタリー&カフェ

BBC-2.gif

中を入りますと飲み物と豆を注文するエリアとその横でイケメンのお兄さんや美人のお姉さん店員による飲み物を準備するエリアその通路隔てた反対側はおしゃれなイスとテーブルがある透明なカフェエリアに分かれております。

BBC-3.gif

入って特に感じたのは、バレバレな演出感半端ないってこと。
店員さんにしてもこうもイケメンな兄ちゃん集めたよなってくらい。。ちょっとやりすぎじゃないジェームズさん(笑)。
正直ここの店員さん達、珈琲に関してはシロウトで経験が極めて浅い感じがしました。シロウトでもできるというのはネズミーランドさんと同じか。。

BBC-4.gif

さて、ワタスが注文したのは、シングルオリジンでケニアの珈琲だったかな。その豆も買いました。カフェで飲んだ珈琲の味ですが、期待していたよりも普通の珈琲だったのでなんだこんなもんかと思った程度でした。家に帰って自分で淹れた珈琲は、いわゆる浅煎りだったのですが全然膨らまない。しかも焙煎してから5日ぐらい経っている。。ブルーボトルコーヒーって48時間以内に焙煎した豆をお客様に提供するんではなかったっけ?と怒り心頭でした。

味もなんかイマイチだったし。


その出来事をたまーに行くカフェのママさんに言ってみると。。

大笑いされました。


ママさん:「浅煎りの珈琲は淹れ方があるのよ。」

ワタス:「えー!なんと!普通にペーパードリップで淹れてはいけないんですか!?」

ママさん:「ペーパードリップの場合、最初の時だけお湯を注ぎながらスプーンでパシャパシャかきまぜるの。そして蒸らすのは同じ。あとは手早くお湯を注ぐ、中心円をあまり広げないように。一定量の推移を保つことが重要。」

ワタス:「えー!そんなん知らんかった。ブルーボトルコーヒーのお姉ちゃんは、普通にいれていたような気がするけど。。」



ママさんに言われてもう一度やってみようかなと思ったときにはもう豆がなくて、再度、清澄白河へ足を運んだのでした。

しかし、今度はブルーボトルコーヒーではなくてそこから15分くらい歩いたところにある"『The Cream of the Crop Coffee』清澄白河ファクトリー"に行きました。ここはブルーボトルコーヒーと同じタイプの巨大焙煎機があるので焙煎によってはブルーボトル以上の可能性がある。

『The Cream of the Crop Coffee』清澄白河ファクトリー
東京都江東区白河4-5-4
https://goo.gl/maps/qzrVK


CCC-1.gif

着くとこれまた若い兄ちゃんが一人で切盛りしていました。
ちょうど60歳前後のご夫婦らしきカップルがカフェでくつろいでおります。

ワタスと兄ちゃんは、焙煎機の話から珈琲談義に花を咲かせて注文を忘れるくらい話に夢中になっていたのですが、お客さんがドンドコやってきたのでその後できた飲み物を受け取ってカフェスペースでその珈琲を飲んでみました。
ワタスが注文したのは、エチオピア イルガチェフェ。いわゆる一般にはモカと呼ばれている種類に属していますがその中でも特に世界的に評価の高い村の銘柄です。

ん~、これは旨いっ!


ワタスは酸味の強い珈琲はそんなに飲まないんですが、これは別次元だと思った。

なんというか後味が物凄くフルーティー。それでいて珈琲全体のバランスがいい。
柑橘系の品の良い高級フルーツ茶でも飲んでいるようなそんな珈琲でした。


こ、これがサードウェーブコーヒーなのかっ!


とてもワクワクして興奮しました。こんな珈琲は初めてでした。

サードウェーブコーヒー、日本ではまだあまり知られておりませんが、今後がとても楽しみです。
でもこの珈琲、淹れ方を間違えるととんでもないことになりますのでそこはちゃんと覚えてから豆買ってね(笑)。


帰り近くの橋からみた桜は春満開でした。

sakura-211.gif

おしまい


【関連記事】

珈琲にまつわるエトセトラ(おいしい珈琲に到る"必然"編)
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-148.html

おてほんカフェを探して -水戸編-
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-179.html

おてほんカフェを探して - 東京代々木公園&横浜三ツ沢編(前編)-
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-199.html

おてほんカフェを探して - 東京代々木公園&横浜三ツ沢編(後編)-
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-200.html


ご精読ありがとうございます。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png