┌|∵|┘最初のページ└|∵|┐

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 特別企画 不思議とんでも旅行記2015夏 -宇都宮編-(その3)

皆様、こんにちは。

桜が咲いてちょっとセンチメンタルな気分になっている今日この頃です。

昨年の今頃は引っ越ししたばかりで大変でした。

あれから1年かぁ。早いもんですな。。



さて、本日も前回に引き続き2015年の夏宇都宮でのお話です。
初日、性神の館でその資料の凄さにびっくり仰天したKさんとワタスは、
二日目では超有名な観光スポットを訪れることに。

宇都宮って広いからどこへ行くにもバス移動(つか地方では当たり前)。
バスの時刻表を頭に入れながら次のスケジュールを決めないといけません。
で、Kさん、バスなんかもう嫌だ!なんてダダこねたりしてますた。

だってしょうがないじゃん。ここは東京じゃなかとよ(笑)。

せば、二日目行ってみましょう!



宇都宮の名物は?

というと、もちろんギョーザ。
宇都宮をギョーザの町として全国へ紹介したギョーザ像って何でできているかわかりますか?

そうです。
大谷石。

大谷石というのは。。
大谷石(おおやいし)は軽石凝灰岩の一種。
栃木県宇都宮市北西部の大谷町付近一帯で採掘される石材。
柔らかく加工がしやすいことから、古くから外壁や土蔵などの建材
として使用されてきた(Wikipediaより)。

その大谷石の採掘跡が本日の最初の目的地です。

utunomiya-137.gif

JR宇都宮駅西口6番乗場から大谷・立岩行きに乗車し約30分。
バス停から徒歩10分くらいのところに大谷資料館があります。

ここは地下にとてつもない大きさの採掘跡が広がっています。
映画やドラマ、CMの撮影現場として、また音楽や演劇ライブの
会場など多目的な使われ方をされています。

utunomiya-102.gif

utunomiya-103.gif


バス停から降りて歩いていくとなんか超ビックな断崖群があちこちに。。


すると岩の間からとてつもない冷たい風がこちらに向かって吹いてきました。

ワタス:「ひゃあ~、なんですか?この冷気は。」

Kさん:「尋常じゃない冷気でしたね。何かあるのでしょうか?」


この日、外の気温は33度くらい。

冷たい風は、どうも下にある採掘場跡から吹いてきたものらしい。

下にある採掘場跡の気温は、約8度~10度。
なんとこの気温差は寒すぎる。。




utunomiya-100.gif

ここが大谷資料館入口。
とても綺麗なモダンな建物です。


utunomiya-101.gif

下りて行くとこのようになっています。
観光客が続々と訪れてきました。



utunomiya-105.gif

資料館サイトの画像では明る過ぎ、実際はこんなに暗いです。

utunomiya-104.gif

なんかピラミッドの中に入ったような感じ。
上からみた様子。

utunomiya-106.gif

所々に間接照明がされていてとても綺麗です。

utunomiya-107.gif

utunomiya-111.gif

utunomiya-112.gif

utunomiya-113.gif


夏だったので、靄が少し立ち込めていました。

utunomiya-114.gif


おお、遠くに外の明かりがみえた。
木々の緑と陽ざしが靄を通して程よく幻想的な画を映し出していました。




もうひとつ、これがワタスにとってとても記憶に残った情景。

utunomiya-116.gif

天井からの光に大谷石でできた巨大な石版が一筋に反射して映し出された画。



まるで2001年宇宙の旅のあのモノリスを再現したような、
そしてワタス達の心の中の石版(モノリス)を映し出しているかのような興味深い画でありました。

そうか、これがワタスは見たかったのか。。

自分の中でまだ今ひとつ心のしくみについてしっくり整理ができていなかった夏の日、
これをみてそれを確認したかったのかもしれません。


心の中の石版(モノリス)については過去記事を参照。

心の石版(モノリス)Ⅰ
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-213.html

心の石版(モノリス)Ⅱ
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-214.html




ちなみにワタス達が外で感じたあの冷気は、ここの天井から外気に出されたものであったのですた。



さて、外に出てお茶休憩した後、またまた周りを断崖群で覆われた道を通り、大谷寺へと向かいます。

utunomiya-117.gif

utunomiya-118.gif

utunomiya-119.gif


大谷寺は断崖下に建てられたお寺。

utunomiya-120.gif

-----------------------------------

大谷寺は大谷石凝灰岩層の洞穴内に堂宇を配する日本屈指の洞窟寺院である。
本尊は、凝灰岩の岩壁に彫られた高さ4メートルの千手観音で、一般には「大谷観音」
の名で知られている。

当寺周辺には縄文時代の人の生活の痕跡が認められること(大谷岩陰遺跡)、
また弘仁元年(810年)に空海が千手観音を刻んでこの寺を開いたとの伝承が残ることなどから、
定かではないが千手観音が造立された平安時代中期には周辺住民等の信仰の地となっていた
ものと推定されている。

---- Wikipediaより ------------------

utunomiya-121.gif

凄いよくもまあこんなところに寺を建てたもんです。


ここは大きな池があり、蛇伝説が有名なのですた。

utunomiya-122.gif

utunomiya-123.gif

蛇さんの頭を軽く触るとご利益があるとか。。
ちなみに蛇さんは二匹いらっしゃいます。ワタスもなでなで。

utunomiya-124.gif

こんな立派な観音様の像もありますた。

utunomiya-137.gif

ワタス達はバスで宇都宮の市内に戻り、宇都宮で最強のパワースポット
である宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ)へお参りいたしました。

----------------------------------

宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ、-ふたらやまじんじゃ)は、
栃木県宇都宮市にある神社。
式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
神紋は「三つ巴(菊に三つ巴)」。

正式名称は二荒山神社であるが、日光の二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)との区別のために
鎮座地名を冠して「宇都宮二荒山神社」と呼ばれる。古くは宇都宮大明神などとも呼ばれた。
現在は通称として「二荒さん」とも呼ばれる。

-----Wikipediaより -----------------




神社は市の中心にあり、真ん前にはあのギョーザのきらっせがあります。

utunomiya-126.gif

下から眺めるとこんな感じです。
長い階段を登り、山門をくぐると本殿。

utunomiya-127.gif

utunomiya-128.gif


この日はお祭りだったようで、下には御神輿を担ぐ人々がみえました。
暑いところ本当にご苦労さまです。

utunomiya-129.gif

utunomiya-130.gif





きらっせでギョーザをたらふく食べた後、大谷石で造られた教会へ。

utunomiya-131.gif

カトリック松が峰教会

松が峰教会の聖堂は、スイス人の建築家マックス・ヒンデルの設計
による建築物で昭和7年に完成。
ヒンデル氏の日本における代表作の一つであり、最後の教会建築作品でもある。
聖堂の内外壁に用いられている大谷石は宇都宮の名産で、
旧帝国ホテルに用いられた場所と同じ大谷の採石場から切り出されたもの、
そこに石工職人によりさまざまな意匠が施されているデザインとなっている。
古代および中世初期の教会建築と、ロマネスク様式によって建設された教会は、
日本では数少ない双塔を持った教会建築である。

utunomiya-134.gif

utunomiya-136.gif

utunomiya-135.gif


なんとなく、オーメンで出てきたあの教会に似ているんですが。。(あっ、しー(笑)。)



utunomiya-133.gif


夏日で暑かったのですが、陽ざしを受けている窓をみているとなんとなく眠くなって。。

すると、ワタスの頭の中をこの曲が流れているのを感じていますた。

森ゆに - 星のうた @ WWW
https://youtu.be/B2dnGabNGRY




今年の旅にはこれと言ったテーマがなかったけれど、でもそういう旅もいいんじゃないかと。

今この時平和で生きているありがたさを不思議にもここで感じていました。。

なんでだろう。。zzz.zzz.zzz..



♪憂いは銀河の渦の中に。

君と夕食(ゆうげ)を囲んでまた明日の話をしよう。





旅行場所

大谷資料館
〒321-0345
栃木県宇都宮市大谷町909
TEL:028-652-1232 FAX.028-652-4851

開館時間:9:00〜17:00 (最終入館は16:30まで)
休館日:年中無休 ※但し、12月29日~1月1日は閉館
臨時休館の場合がございますので、電話でご確認ください

料金:
大人:700円
子供:350円(小・中学生)
未就学のお子様は無料です

【団体】※30名様以上
大人:600円
子供:300円(小・中学生)

大谷寺
〒321-0345
栃木県宇都宮市大谷町1198
電話:028-652-0128


宇都宮二荒山神社
〒320-0026
栃木県宇都宮市馬場通り1-1-1
電話:028-622-5271


松が峰教会
〒320-0807 栃木県宇都宮市松が峰1-1-5
TEL:028-635-0405 FAX:028-635-9666
東武宇都宮駅から徒歩5分
JR宇都宮駅西口からバスで東武駅前、または東武西口下車、徒歩5分






ワタス:「今回の旅の感想を一言。」


Kさん:「バスはもう嫌っ!」



おしまい。



本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png










スポンサーサイト

 特別企画 不思議とんでも旅行記2015夏 -宇都宮編-(その2)

お花をあげましょ、ぼんぼりにぃ~♪

皆様、こんにちは。

ひな祭りに更新する予定がかなり過ぎちゃいましたぁ。

chirashizushi-55.gif

昔、小さい頃、桃の節句には必ず母親はちらし寿司と蛤(はまぐり)のお吸い物を作ってくれますた。
ちらし寿司というのは祝い事の時によく作ってくれたので納得していたのですが、
お吸い物が何故ハマグリなのかわからなかったのですた。

社会人になった頃、同じ会社の部長のご自宅の話を聞いてはじめてわかりました(笑)。

その部長の家では、部長とお子さん一緒にお風呂に入るそうです。
女の子のお子さんが二人。下は3歳、上の子は6歳。

で、お子さんがお風呂から出る時にバスタオルを持って浴室の外で待ち構えている奥さんへお子さんを渡してあげる時に部長はこう言うそうです。

「はい!しじみ~(3歳)」

「はい!あさり~(6歳)」

「(奥さんさんを指さしながら)はい!はまぐり~」

と、その瞬間ビンタが飛んでくるそうです(笑)
吉本新喜劇のような毎度の展開に体が条件反射のようになるんだとか。

ちなみに一般的には、はまぐりというのは他の貝の傍らとは一緒にはならないそうで、一生添い遂げるという意味があるそうです。
そういう意味で慶事などの祝い事によく使われるということです。


さて、本日は昨年(2015年)夏に行った宇都宮での旅行記の続きをおおくりいたします。

今回は一体何が飛び出すのか、しばしのお付き合いを。

せば、はじまりはじまり。






グロはないっ!エロならあ~る!

館長はキメ顔でそう言った。。

60代のくらいのどことなく憎めない顔をした坂上二郎似のおじさん、それがここ性神の館の館長さんだ。

JR宇都宮駅から関東交通バスで約40分、中徳次郎で下車したところにその博物館はある。


マティックス:「Kさ~ん、昨年に引き続き今年もかなりディープな場所に来ちゃいましたよ(笑)。」

Kさん:「バス停からしてディープですよね。中徳次郎なんて名前のバス停初めてですよ(笑)。」

utunomiya-11.gif

バス停 中徳次郎から約10分ぐらい歩くとこのような黄色いノボリが見えます。

笑える、知的 性の博物館
性神の館
一見の価値あり


utunomiya-12.gif

と、目の前に三角の形の建物が。。

博物館 性神の館と書いてある。


な、なんじゃこりゃ~。

二人とも目を丸くしながら近寄っていく。


巨大な男性のなにを岩にかたどったような入口。横にしめ縄をしたなにの像。

只今営業中と書いてある。

入館料は一人1000円らしい。

ほんのちょっとだけみるのなら100円らしいが、ここまできたのなら全部見るでしょうねえ。

1000円で館内撮影OK。おまけの映画も観れます(二本のうち一本選択)。


坂上二郎似の館長が立て板に水の説明を始める。

この館内に展示されているものは、この館長さんが長年掛けて世界と日本全国を回って集めてきた性に関する収集物だそうだ。

とにかく世界には性器を祭る信仰物が所々にある。

もちろん日本にも全国至る所に男根さまやお○こさまを祭ったりしている神社が沢山ある。

それらの情報をまとめて展示してあるからここに来れば性に関する信仰の歴史を学ぶことができる。

しかし物凄い情報量。それこそ本にすればいいのになあ。。


せば館内を少しご紹介致しましょう。
なお、12歳以下のお子様は保護者同伴の上お願い致します。。(あほかと言われそう(笑))

utunomiya-13.gif

utunomiya-14.gif

館内そんなに広くはないのですが、ショーケースには性に関する資料がびっしり。

utunomiya-15.gif

ど、どーん!木でできた巨大男根様

utunomiya-16.gif

男根様を祭った神社

utunomiya-19.gif

utunomiya-20.gif

utunomiya-18.gif


ここら辺はまぼろし博覧会みたい

utunomiya-21.gif

トラの性器と性交  珍しい~

utunomiya-23.gif

天狗の鼻が男根

utunomiya-27.gif
utunomiya-26.gif

こちらは春画コーナー

utunomiya-17.gif

インド カジュラホヒンズー教寺院 ミトウナ像

これが創られたのはタントライズムの隆盛期。
悟りを開き解脱するために性交で昇天するという手段を説いたのがこの時期のタントライズムだそうです。

それをうまく利用したのが「オウム真理教」。なぜあそこまで反社会的になってしまったのかその思想的な背景が以下の文章によく書かれています。ご参考まで。

『Ⅱ 基礎講座
「インド・チベットの歴史と密教」〈下〉 滝 沢 健 次』より転載
http://kumatrek.jpn.org/trekking/95/mikkyo2.htm
--- 転載開始 ------------------------

6、後期密教とタントライズム

密教は7世紀に『大日経』『金剛頂経』を成立させ、曼荼羅を生み出して、本格的密教へと成長しましたが、8世紀以後はヒンドゥー教の影響を強く受けて変質していきました。

この時期の密教を後期密教と呼んでいます。

ヒンドゥー教の聖典にタントラがあります。タントラは思想・哲学を説くものではなく、修業のための実践の道、修業のしかたを明らかにしたものです。後期密教はこのタントラの影響を示し始めます。

ヒンドゥー教のタントラ主義は、徹底して自己の本源にかえろうとするあまり、さまざまな非倫理的、反道徳的な行為を悟りの道としてすすめました。神秘主義的宗教は自己と絶対的な存在との一体化をめざしますから、いっさいの社会的規範はかえって束縛となる。脱社会を願う行者には、反倫理的、反社会的な行為はすべて許されるということになります。日本の「オーム真理教」の組織的犯罪を見てもわかるでしょう。

タントラ主義者は「五摩事」という儀式をしました。五摩事とは酒、魚、肉、煎った穀物、性交の5つのものを用いた儀式です。それが悟りへの道として示されるのです。このタントラの影響を受けた密教は、人間の排泄物を飲食したり、墓場で修業したり、女性の行者と交わるなど、通常社会では顰蹙を買う行為を修業として実践しました。このような後期密教のことを左道密教と呼ぶ場合もあります。

このような傾向はヒンドゥー教であれ、仏教であれ、ジャイナ教であれ、中世のインド社会では盛んに行われたのです。現在もカジュラホなどの寺院彫刻は性的な表現で有名で、これに対して俗な解釈が行われていますが、これらはタントラ主義的ヒンドゥー教の表現として解することが出来ます。このタントラ主義は、その後中国にもまた日本にも伝わったようですが、定着することは出来ませんでした。チベットにも後伝期に伝えられています。

このようにしてインドの密教は変質し、次第にヒンドゥー教に呑み込まれてしまいました。現在のインドでは80%がヒンドゥー教徒で、仏教徒は北インドのチベット文化圏にチベット系住民の信仰として残っているに過ぎません。そしてここが我々が訪問する地なのです。

--- 転載おわり --------------------

「人間の排泄物を飲食したり、墓場で修業したり、女性の行者と交わるなど、通常社会では顰蹙を買う行為を修業として実践しました。」

これってどこぞの悪魔教さん達がやっていることと同じでねえの。。

そうか、 悪魔教=タントライズム=密教(後期ヒンドゥー教)=ミトラ教(牛教) 

すべては繋がっているんだすね。

参考記事
牛教(前編)
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-170.html

牛教(後編)
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-171.html



さてさて、入館料1,000円のおまけの一つに映画鑑賞というのがあります。
2つの中から選択することになっています。

utunomiya-28.gif

一つは、エロ彫刻で壁面が埋め尽くされた寺、カンダーリヤ・マハーデーヴァ寺院のドキュメント映画。
もう一つは、超超~エロとんでも映画。


ワタス達はとんでも映画にしようとしていたのですが、後からやってきた大学生さん達と一緒に映画をみることになり、彼らが選択したのは真面目なドキュメント映画だったのですた。

ちなみにとんでも映画のほうですが、観た人の感想を聞いてみるとあれは観ないほうがよかった、夢でうなされそう。。と話しておりますた(マジっすか)。

やっぱ正解だったのかのう(でも観たい。。今度もう一度行った時に是非)。


カジュラーホーの寺院群を紹介した動画がYoutubeにあったのでどんぞ。

Khajuraho - The Temple of Love - Ancient India - Documentary - Erotic Sculptures of Madhya Pradesh

https://youtu.be/1QXGLwoPk8Q




タントライズムと日本の性器信仰とは少々目的が違っていたのではないかとワタスは思うのですが。。

性交を通じて悟りに至ることを説いたのがタントライズムだとすると日本の性器信仰というのは新しいものを創造するために必要なエネルギーを説いたのではないかと思うのです。

男根と女性器というのは相対するものの象徴を表していてそれが一つに調和しうる時、新しい創造物が生まれる。。それを示しているのではないかとここに来て思いました。

まあワタスのとんでも見解ですから気になさらんでください(笑)。



ある人によると、性エネルギーの放出は単に性交行為や自慰行為によってではなく、そのエネルギーを下から上にあげ頭から外に放出することができると言っている人がいます。

その時に一瞬頭に浮かぶのがタントライズムであるようなアクロバティックな性交の形であるそうです。そして解脱する体験ができるのだとか。。

しかし、しばらくすると元の自分に戻るのでこれで自分を偉くなったように思ってしまうとどこぞの教祖さまのように魔境に陥ることになってしまうのだそうです。

"悟り"を得ても謙虚でいられるかどうか。。ここで自分が自分に試されることになるのでしょうね。



さて、帰りがけお土産コーナーで珍しいものが。。

utunomiya-31.gif

金玉(きんぎょく)という群馬の地酒です(玉蔵さんが喜びそう(笑))。

注文はここ
販売店
伊藤謙(いとけん)商店
 担当:伊藤 樹(たつる)
〒018-310
秋田県能代市二ツ井町荷上場104
電話:0185-73-2103
FAX:0185-73-6541

製造元
土田酒造株式会社
〒378-0102
群馬県利根郡川場村川場湯原2691
電話:0278-52-3511
FAX:0278-52-3513



ここの館長さんと奥さん(前半は館長さん、後半は奥さんが説明してくれました)本当にニコニコしていて楽しそうでした。
好きなことをやっているとこんなにイキイキできるのだなあとあらためて思い知らされた一日でした。

館長さんと奥さんに感謝。

機会があればもう一度訪れてみたいと思います。


ということで1日目のミッションは終わり、バスで宇都宮の繁華街へ移動。

utunomiya-33.gif

居酒屋でカンパーイ!

とんでも旅の夜は更けて。。


取材場所
性神の館(せいしんのやかた)
住所:栃木県宇都宮市徳次郎1478
電話:028-665-3206
料金:1000円
時間:10:00~18:00
休み:毎週火曜日
e-mail:info@seishinnoyakata.co.jp 
http://www.seishinnoyakata.co.jp/index.html


次回へ続く。


本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png