スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 異次元って本当にあるか?

皆様、こんにちは。
最近寒暖の差が激しくて身体がついていくにヒイヒイいっております。
こんな時は、玉蔵さんのごとく、「やらせはせんっ!やらせはせんっ!」
と気合を込めて体に活を入れております。
はたからみれば、最近変なブログなんか書きよってついにキチガイになったーと思われているかもしれません。
ふふふ..くほほ..くほほ..
(通訳しますと「雨にも負けず、風にも負けず~~いつも静かに笑っている。by 宮沢賢治」)

さて、前回はウンコ星人達の儀式について長々と書いてしまいますた。
ちょっと長かったですね。反省しております。
で、今回は、異次元の存在を知ることになった出来事をちょこっとだけ書いてみようと思います。
異次元って本当にあるって思えた瞬間のことです。


2003年の夏。
このビデオをあなたに貸してあげましょう。返すのはいつでもいいですよ。既にそのビデオは私には終わったものですから..」

ここは、とある下町の雑貨屋さん。
雨上がりの散歩にはとてもいいこの下町を目的もなくただぶらぶらするのが私は大好きなのでした。
一度ゆっくり入ってみたかったその雑貨屋さんは、小さな竹林に囲まれた下町風でかわいいお店です。
いろいろと物色していると店主らしき女性が奥から出てきていろいろと教えてくれました。
会話が弾み、気がつくと不思議系の事まで話が及んでおり、何気に出てきた言葉が
不思議研究所で有名な”森田 健”の名前。

「ああ、森田さんね。彼は実は私の患者さんだったの。私昔、鍼灸師だったのよ。」
へえ~、2002年に同じ会社の友人より不思議研究所の存在を知ることとなり、当時注目していた人物が何を隠そうあの森田健氏だったのです。世の中狭いというかなんというか..。

「フィリピンの心霊治療の話を教えたのは私なの。あのツアーには何度か行ってたから。」

皆さんは、フィリピンの心霊治療の話をご存知でしょうか?
フィリピンのある町でヒーラーと呼ばれる人達が、メスや麻酔もなしに素手だけで行う手術のことです。
不思議研究所の森田健氏が1997年より数回フィリピンを訪れ、自分の体に発信機を入れるなどしてその存在を証明しようとしました。
その様子は、不思議研究所サイトでのレポートや著書で紹介されております。

不思議研究所 フィリピン心霊治療
http://www.fushigikenkyujo.com/archives/Syuzaiki/phillippin.html

不思議研究所 フィリピン心霊治療第二次調査
http://www.fushigikenkyujo.com/archives/Syuzaiki/phillippin2.html

不思議研究所 フィリピン心霊治療第三次調査
http://www.fushigikenkyujo.com/archives/Syuzaiki/phillippin3.html


firipin.gif

雑貨屋の店主さんから借りて来たビデオは2つあり、1つはフィリピン心霊治療の様子とそのメカニズムについての解説が入っておりました。
もう一つが...。
実際にホームビデオカメラで撮影されたものでした。
たぶん、あの店主さんと関係する人達が撮影したものなのでしょう。
最初はフィリピンの心霊治療をする場所などが映っておりました。
さて、いよいよその様子が明らかになります。カメラは超接近撮影です。
と..。と?!..。
「おぇ~!」
あまりの衝撃に気持ちが悪くなります。
思いっきりグロ。半端ありません。
ドピャーと血しぶきが飛び散り、診察台に寝かされた患者のお腹からこの世のものとは思えないグロいものが次から次へと出てきます。
グロいものは、どす黒い塊のようなものであり、全くホラー映画を観ているようです。
それが取り出されている間、患者さんはというと、何気なく平然としているのです。
最も際どかったのは、患者さんの目玉を取り出し、洗面器の水で濯ぎ、また元に戻しました。
パゾリーニかっ!と思わず突っ込みを入れたくなります。

解説のビデオによれば、
心霊治療のメカニズムは、患者体内の悪い場所をヒーラーの能力で異次元(霊的な次元)に飛ばし、それをまたこの世に持ってくるというものだそうです。ということは、この物質次元から異次元へと変換し、それをまたこの物質次元へと変換することを瞬時に行っていることになります。
目の前のホームビデオに釘付けの私はこれはトリックなのかとも考えましたが、もしこれをやるとすると相当な腕利きマジシャンでしかありえず、そんなもんがこんなところでこんな事するのかとそもそも論になりました。しかし実際には、日本人を騙す輩はいるらしく、高額な金を巻き上げちんけなトリックをするといいます。

ですが、これはいくら目を皿のように見てもよくわかりません。結局、あの状態ではトリックは難しいとの結論に達しました。これは私にとってはとても衝撃的でした。"異次元は本当にあるかもしれない"ということと、それまで霊と異次元というものを別々だと思っていた自分がここから大きく変わってゆく入り口だったように思えます。

ちなみに、
フィリピン心霊治療で有名なジ○ン・○ボさんは、あまりに有名になりすぎて傲慢になり、能力が半減してしまったらしいです。
奥さんで同じく心霊治療師であった日本人ヨ○コさんは、ジ○ン・○ボと離婚し、その後日本で心霊治療を行いますが、公○に目を付けられることになり、詐欺の容疑で逮捕。
やむなく日本を離れ、外国で活動することになります。
やはり日本には居てもらっては困る存在だったようですね。

本日の記事、面白かったらポチッと押しておくんなまし。







スポンサーサイト

 コメント

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/10-dbab27c2