懺悔のテープ

皆様、こんにちは。
暖かくなったと思ったら急に冷え込んだりと寒暖の揺さぶりがはじまりましたね。
秋が深まっていく今日この頃です。
体調管理には十分お気をつけくださいまし。

taichou-1.gif

はいっ隊長。(こういうつまらんギャグをいうてると猫にションベンかけられますな。気をつけなくちゃ。)



さて、本日はちと懐かし頃の話をいたしまする。(マジに恥かしい話になるかもしれない。でも今日はガチで行きます。)

tepeexpress-1.gif

先日、とある通販のメールマガジンを何気に読んでいたら、昔のテープをデジタルに変換できる再生専用の小さなテープレコーダーが売られていますた。
そういえば、亡くなった親父のハーモニカ演奏を録音したテープがあったけな・・・と思い出し、あれをデジタル音にして母親に聴かせてあげられるかもしれないと思ったのですが、買うかどうか迷って結局その日は買わずにそのままにしておきました。

ワタスの父親は生前どうしようもない人だったのですが、たった一つみんなから認められていたのが"ハーモニカ演奏”でありました。酒の席でみんなから煽てられて調子こいてやるものですから母親もあきれていつも悪態ついていたものです(笑)。しかし、ハーモニカの腕は悪くはなかったと記憶しています。

ある日、「すまないがオレの演奏をテープに録ってくれないか」とめずらしく頼んできて、どうにかこうにか1本の音楽テープにしたのですが、それも今は昔、そのまま時が経ってお蔵入りとなってしまいました。

そんな記憶もよみがえってきて、思い立ってあのテープレコーダーを買おうとサイトへ寄ってみたのですが、時既に遅し。完売となっておりました。

人間と言うのはないものねだりの強い動物のようで特にワタスのようなおバカさんは、買えないというと無性に気になってしょうがない。会社の帰り道、とある大型電気店にふら~りと吸い寄せられるように入ったワタスはそのまま2階のテープレコーダーを扱っている売り場へ。ふと気がつくとあの通販のと同じものを手にしておりますた。

やば、やっぱ買っちゃたよぉ。

こりもワタスの生命体のなせるワザなのかどうかはわかりませんが、こうして父親のハーモニカ演奏テープをデジタル化する決心は固まりました。

が。。。

今度は肝心なそのテープが無い。

あの世の父親が恥ずかしがってどこかへ隠してしまったのか、いろいろ探したのですが出てこず、代わりに出てきたのがワタスが高校時代に撮ってた自主制作映画の時に使った録音テープでした。

う~、な、なんで。。。
暑くもないのに額にあぶら汗が滲み出ました。



ワタスは高校時代8ミリ映画、16ミリ映画の自主制作をしていたことがありました。
高校2年の時、文化祭のクラスの出し物が映画と決まり、カメラを持っているワタスが監督に任命されてしまったのです。内容は、ドキュメンタリーかチャンバラ時代劇かホラーしかやんね~ぞ~と言っていたワタスの言うことなどは全くおかまいなく、その時に流行っていた学園モノのドラマに決まりますた。

えっ!え~。ムリムリ絶対ムリ。

学園ドラマは、部屋内で撮るため、ある程度決まったカメラワークの中で高い演技力が要求される難しいハードル。チャンバラやホラー映画なら絵コンテが描きやすく表現も動きもしやすいのでこちらのほうが絶対にいい。しかも天気のよい日にやれば照明も気にしなくていい。学園ドラマなんて高校生レベルでは絶対ムリ。

そんなワタスの思惑とは裏腹にどんどんと制作が進んでいきますた。あれよあれよという間に脚本までできちゃって。なんとこれ撮るのかいな。あまり気の進まないワタスをクラスの面々はもの珍しさも手伝って最初はいろいろ手伝ってくれたのですが、皆のやる気とは逆にワタスは厳しい現実が見えていました。

自主映画制作には現像代がハンパなくかかる。今なら小さいビデオカメラでデジタル録画できるから現像代なんか全くかからずにドラマの制作ができることでしょう。昔は現像代が大半を占めており学校から支給された制作費の約3~4倍はかかる計算だったのです。

しかし、教室シーンからクランク・イン。もう始まってしまったのでした。(汗)

乗りかかった船かぁ、最後までやるっきゃない。

高2の夏、正に青春ど真ん中の頃、映画撮影が進んでいきました。
上野公園へロケ、河川敷でロケそして学校で撮影。
毎回8~10人くらいのクラスメートが入れ替わり同行してくれたのですた。ただ最初は興味があって積極的に協力してくれた人達も撮影が進むにつれて徐々に減り始め、クランクアップの時はたったの5人くらいになりさすがに寂しく感じたのですた。

さて、現像代はどうしたのかというとワタスが春・夏バイトで稼いだお金がそのまんまそれに消えてゆきました。(トホホ)それでもその時にはもう映画制作にめり込んでいたのでお金を惜しんでいる余裕もなく、この映画をただ完成させたいその一心で動いていたのですた。

フィルムが出来、編集作業を終えてさあ音入れだという時、あてにしていた学校の映写機が使えないという事態に陥りました。

ど、どうしょう。これがないと音入れできない。

ワタスはレンタル機器の会社を片っ端から調べて遠くのほうまで足を運んだのですが、ワタス達が準備しているお金の範囲でレンタルの映写機が置いてあるところは残念ながら見つけられませんでした。

時間が迫り、今日中になんとかしないとアウトになるところまで追い詰められてしまったのでした。

くたくたになって帰宅したワタスは全身力が抜けてしまって、うつむいていたらポロポロと自然と涙がこぼれてきました。普段は全く泣き顔なんて人前では見せたことのなかったワタスは仕事から帰ってきた母親の前で恥ずかしい泣き顔をさらしていました。

・・・いろいろ手を打ったがもうダメだ。明日皆の前で謝ろう。と全てをあきらめきって腹をくくったその時、奇跡は起こりました。

ワタスを見かねた母親が家の前の知り合いに相談、その人がたまたま持っていた人を知っていて、なんと映写機をタダで借りることができたのでした。さすが下町。そのときほど人情の有難さを肌身に感じたことはありませんでした。下町に生まれてて本当に良かったと心から思いますた。


さて、ワタス達の映画は、文化祭まであと3日前というところで完成し、試写会を経てクラスの出し物として出展しました。毎回上々の入りで2回も観た人もいたそうなのですが、ここでワタスは心からクラスメートに懺悔をしなくてはいけません。

クラスの映画の前に自分で制作した短い球技大会のドキュメンタリーを入れたため、観る人によってはクラスの映画もワタスの制作映画と勘違いされてしまったようなのですた。制作した映画には映画の前にどこぞの映画という制作者ロゴマークを入れるのですが、クラスのロゴマークはきっちり入れてあるのですが、その前のドキュメンタリーの印象がとても強くてそのような捉え方をされてしまったようです。

なんだよ、自分ばっかかっこつけやがって。。手柄は全部お前かい。そんな風に思われていた方も多かったのではないでしょうか。

今さらながらなのですが、これもこの録音テープが出てきてくれた良い機会と捉えて、ここでワタスはどうしてもどうしても当時のクラスメートのみんなに謝っておきたいのです。

高2年の時のワタスのクラスの皆さんどうもすいませんでした。そしてあの時ご協力くださって本当にありがとうございました。

今、その時の録音テープを回し、棒読みのセリフに苦笑し寒いギャグに背筋を凍らせながら、この映画のテーマである「自分が信じる道をゆくこと」の意味について深く考えておりますた。

周りの状況や境遇がどんな(良かろうが悪かろうが)であろうと最終的には自分の心の声を聞きそれに従うことがその人にとって最善の道であろうとワタスは思います。このブログのタイトルが不思議とそれに近くなっていたのは実はあの時の記憶が無意識に甦っていたからではなかったかと今にして思うのです。



ワタスの映画制作は、その後ワタスが大学生の頃、父親がワタスの撮影機材を質屋にぶち込んでしまったところで終りを告げました。そういう意味では父親のハーモニカ演奏テープの代わりに自主映画制作の録音テープがひょっこり出てきたのは、父親がワタスに対して懺悔をしたかったのではなかったか。。そしてワタスもまたクラスのみんなに対して懺悔をしたかったのだと思います。

老いた母親には父親の懐かしい演奏を聴かせてあげることはできませんでしたが、あの時、うつむいて泣いていたワタスをみて心が動かされたと母親は言いました。
「自分を信じて行動している者には手を貸してやりたい。」

そう言ってくれた母親に深く感謝を捧げたいと思います。



ワタスらの映画のワンシーンで使われていた音楽と似ているイメージ画像

kirameki-1.gif

Billy Joel - She's Always A Woman |Lyrics|
http://youtu.be/gI-7lvnAlYw


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。



スポンサーサイト

 コメント

Re: あけましておめでとうございます from マティックス

611さん、あけましておめでとうございます。
ご心配をお掛けしてしまって申し訳ありません。

新しい記事をお待たせしてすまんこってす。
大晦日からの扁桃炎はなんとか治ったのですが、記事を書こうとした途端また具合が悪くなりまして、
38度台の熱でフラフラになりながらおいしゃさんへ行ったらA型のインフルエンザとのこと。オーマイガー!

身体が元に戻るまでもう少し時間がかかりそうです。
まあ気長に待ってておくんなまし。

611さんってNYに住んでいらしたのですね。
うらやましいなあ。ワタスがNYに住んでいたらきっとJAZZざんまいしてると思いますよ(笑)。
ワタスもジョン・コルトレーンは大好きです。

新宿のDUG知ってますよ。といってもDUGごひいきの友人が教えてくれたんですけどね。
新宿PIT-INにもよく通いましたっけ。青春だなあ、あ~懐かしい。

>ちょっと私の解釈間違っているかもしれないけど(笑)、おちんさんが仰るところの「ここにあれ!」というマジック、住む世界だけでなく細かなシチュエーションにも有効な気がするんですよね?
>例えば、私も知らなかったんですけど!(笑) 例のバイトをしててビックリしたのは、国を代表するビッグ?スターたちには、挨拶や声をかけるのも禁止、という暗黙のルールがあったんです。もう、その場にいる私は、はっきりいって“庶民”扱い*\(^o^)/*
>転職したのだから、一からやるのは当たり前。でも、それに納得いかなかった私(^_-)-☆ 一点の曇りのない理想をその場で強く描き、真摯に与えられた仕事に取り組んでいたら、みんな向こうから挨拶してくれましたよ? そして、昔の仕事同様、スタッフ含めた全員を笑いの渦に巻き込み、終始、もたらされたのは至福☆

なんかそれわかるような気がします。
真摯に取り組む態度とある種の笑いがその場にいる人達から温かい協力を得てその状況が大きく変化することって本当にあります。
それができている時ってプロジェクトもほぼ成功しているでありましょう。
なんかこう611さんからあらためて聞くとそうかそうかそうなんだよなあと一人相槌を打ちながら読んでおります(笑)。

>そうそう!マティックスさんにお伝えしたい不思議なことがありました☆
おお、すっごい不思議な現象でありますね。
なんか早く引越しせよのサインだとワタスも思いましたのでご引越しされることをお勧めいたします。
しかし、お友人の夢に出てきた611さんはバリバリの霊能力者さんのようだったすね(笑)。

ワタスもお正月の不思議現象をちょっとだけ。
お正月の休みって朝の8時を過ぎてももうちょっと寝ていたいじゃないですか。
しかーし!朝8時になると。

キーン!

どこからともなく鳴り出す周波数音が聞えるのです。
それはどうもワタスの寝ている部屋だけに聞える音のようで、トイレへ行って戻りと鳴り止んでいる。
そしてまたうつらうつらしていると

キーン!

なんだろうとおもいますて。
で自分の過去記事を読んでいたら1年前の記事で「カレントサウンド」という記事ありまして、
どうもこれっぽいかなと。

そうかこのキーン!に周波数を合わせていると体脱がでけるのか。
と思って次の日の朝の8時ワクワクして待っていたんですけどぜーんぜん鳴りませんでした。トホホ。。まあそんなもんでしょー。

ということでまたキーン!が聞えたら報告しますね。


611さんにとって素晴らしい1年となりますように。
今年もどうぞヨロシクお願い致します。

マティックス

Happy New Year!!! from 611

扁桃腺だったとのこと。ご回復されましたか? 大晦日、マティックスさんのご回復をお祈りしておりました☆

高校生でそんなロマンティックな映像を撮るなんて、もう鬼才…♡
ロマンスと愛に命をかける、イタリアンやフランス人もビックリ!ですね。
“上野の忍ばずの池”、いつか帰国したら訪れたくなりました。

ハーレムでJAZZを聞くのはホント最高ですよね☆ その楽しさ、私もNYに住んでいたので、分かります。NYでJAZZを堪能しちゃうと、他のところでは聞けなくなるかもー?!ってぐらい☆
私はmiles davis,john coltrane,art blakey,charlie parkerなどが好き♡

もしかして新宿のジャズカフェ•バー、“DUG"とか、ご存知なのかしらー?

>ワタスも仲間に入れてくれるかなあ(笑)。

うんうん、マティックスさんの視点や感性は完全にアーティストさんだから♡マティックスさんが心から望めばいつでも、仲間になれると思いますよ♫

ちょっと私の解釈間違っているかもしれないけど(笑)、おちんさんが仰るところの「ここにあれ!」というマジック、住む世界だけでなく細かなシチュエーションにも有効な気がするんですよね?

例えば、私も知らなかったんですけど!(笑) 例のバイトをしててビックリしたのは、国を代表するビッグ•スターたちには、挨拶や声をかけるのも禁止、という暗黙のルールがあったんです。もう、その場にいる私は、はっきりいって“庶民”扱い*\(^o^)/*

転職したのだから、一からやるのは当たり前。でも、それに納得いかなかった私(^_−)−☆ 一点の曇りのない理想をその場で強く描き、真摯に与えられた仕事に取り組んでいたら、みんな向こうから挨拶してくれましたよ♡ そして、昔の仕事同様、スタッフ含めた全員を笑いの渦に巻き込み、終始、もたらされたのは至福☆

よって、おちんさんの教えは細かなシチュエーションにも通用することは経験済みでしたが、まだそれが自分が選んだ世界にどう影響するのか?については、まだ把握できていないかも(^^;; あと、特に仕事では自分ではコントロールできないほど“エゴが肥大化”している時に限って、なぜか私のみならず周りも幸せになるような、良い結果を出すことができるんですよね(笑)。そんな私はまだどのエゴを収縮すれば良いのか、イマイチわかってないかも(^^;; うーん、これは課題やり直ししなきゃいけないってことでしょーね☆

そうそう!マティックスさんにお伝えしたい不思議なことがありました☆

ある日、私は突然NY在住の友達を思い出し、彼女に対して心の中で感謝したんです。すると、その数時間後に目覚めたという彼女から連絡あり。

「実は昨夜夢に611さんが出て来たんですけど、その内容が。。。。私の部屋に眼鏡をかけた小さな女の子がいて、その子が私のことを超間近でじーっと見ているので早く引っ越した方が良いって611さんに言われたんです。引っ越さないと悪いことが起こるよーって。なんですかね〜。。。怪談話的な夢は普段見ないのでなんか気になって連絡してみました。

夢で、天井に女の子の顔がシミみたいに浮き上がってくるんですけど、そんなのは無いです。」

などと、言われて私はビックリ!ちなみに、彼女は霊感が全くないそうで。彼女には、私にじゃっかん霊感があることは伝えたことがなかったし。ましてや、私が家に拘るタイプだということを、知らなかった人……!

しかも、私は、彼女の家を訪ねたことはなかった上に、気にしてもいなかったのに、、、。正に夢の中で私が彼女に語った内容は、自分が言ったようなセリフで驚愕……!

彼女、ホントに性格が良いからアセンションしちゃったのかな?と一瞬、思いました☆

マティックスさんも年末から霊感が強くなってきてるとのこと。今年は楽しみですね。素敵な一年になりますよーに♡

Re: 611さん、感謝です。 from マティックス

優しいなあ611さん。
ヘンリーさんのような「空想遊び」が好きな小さな自分を持っていることを自覚している人って、
611さんの言われるように社会と自分の生き方に悩む人が多いと思います。
でもそれを克服したときに大きな自分も一緒に発見するのでしょうね。

そうか世界のトップアーティスト達は変態さんが多いのですね。
なんか親近感が湧きますね。ワタスも仲間に入れてくれるかなあ(笑)。

彼らは音とか周波数に関することにたぶん無意識に潜在意識と繋がりやすいのかなって思います。
611さんが言われているようにライブなんかみるとよくわかりますよね。
ワタスJAZZが好きでよく昔ライブハウスへ通っていたことがあるんですが、
ニューヨークのハーレムへ行ったときに聞いたJAZZは演奏者と観客の垣根がほとんど無くて、
みんなノリノリでマジ顔で聞いている人は誰一人いなかったっす(笑)。
バカが移るというのでしょうか。ホントあれは倍音じゃないけど周波数が移る現象のようで凄く印象に残っています。
演奏者がそれを狙ってセッションをしているとしたら、これはもう確信犯的な演出ですよ。
はたからみれば、なんかいけない宗教集団のように見えるのかな。
でもノリノリの状態はドーパミンが出て非常に気持ちよかったのを憶えています(あ~もう一度行きたいっ!)。

創作活動かぁ~。
でも時期がきたら作品を作ってみたいですね。
それが映画・動画になるのか写真やイラストになるのかはたまた小説になるのかわからないけど。
なんか勇気が湧いてきますた。心の声がGO!といったら作ってみようと思います。
611さんありがとうございます。

「懺悔のテープ」が611さんのお役に立ってワタスも嬉しいです。
昔の記憶を呼び起こされたのですね。
ビリー・ジョエルのあの曲いい曲ですよね。ワタスの映画では、デートシーンで使いますた。
上野の忍ばずの池でロケをしまして。湖面のキラキラが主人公達のボートを包み込むような映像なんですが、
こちらが狙っている以上に美しい映像が撮れました(思い出しました。う~ん懐かしい)。

もう間もなくこちらでは除夜の鐘がなります。
来年はどんな年になるのかな。面白い年になるといいなあと思っています。
なんか今日大晦日に扁桃炎になってしまって体調がイマイチなのですが、611さんもお体に十分気をつけて。

来年もよろしくお願い致します。
どうぞ良い年をお迎えください。

マティックス

すごいのはマティックスさん!笑 from 611

わはは♡嬉しいっー*\(^o^)/*

何が嬉しいかって?こちらのブログに通うようになってから、私は「変態ファン•レター」みたいなコメントばかりしていましたからね(^_−)−☆
ネットやブログの礼節を知らぬ私。ゆえに、私、大丈夫? マティックスさんに脅威を与えているのでは?私のマティックスさんへのリスペクト、ちゃんと私は伝えられてるのかしら?と、少し不安だったんです(笑)。

さて、マティックスさんのブログ、既地外だとは思いませんよ。だって、マティックスさんも名前ぐらいはご存知だろう、あの人もこの人も、みーーんな10代の頃、ひとりで「空想遊び」をしていた変態ばかり。メディアに出るまでは、タダの「オタク」だったんですよね。

で、おそらく彼らにも多かれ少なかれ霊感があるから、作品を作っている際に「インスピレーションが降りてきた」という作品は、確実にヒットする。一方、「自分らしさ」や「リアル」など、無駄に作者が熟考および追求した作品は、聴き手にどんなメッセージを伝えたかったのかが不透明。で、それはマティックスさんの仰るところの「倍音」にも通じるのかもしれないけれど、いずれにせよリスナーがその波動をキャッチしているように思えます。

そういう意味では、ライブって一目瞭然。アーティスト本人が楽しんでいれば、盛り上げようとしなくたって、たとえオーディエンスが知らない歌を歌おうが、会場は自ずとヒート•アップしますからネ(^_−)−☆

で、そんな世界の変態たちからも出会い頭に「変態の最高峰」と命名され、みんなが不思議と心を開いてくれるかなぁ。高校生まで一般社会に適応できなかった私だけど(笑)、変態を貫いてきて良かったなって☆ そして、マティックスさんもそうであって欲しいなって願うばかりです(^_−)−☆ 私を筆頭に「空想遊び」がお好きな方って、その出口をみつけられるまで、上手に社会に適応できない自分について、あるいは自分の生き方に自信を持てず、悩みがちだから。

で、マティックスさんの特筆すべき点は、さすが(元?)ムービー•ディレクター、作品を客観視できるところ♡

物をつくれない私がいうのも何ですが(笑)。

それこそが、作家には最も重要なファクター、かと。自分の作品を客観視できるアーティストは、それを芸術レベルまで引き上げる、クォリティーの高い作品を産み出す可能性大!

だから、マティックスさん。別に今、映画に興味がなかったら、映画じゃなくても良いんですよ。いつか、心の声が囁いたとき、何かに強く心を動かされたとき、'何らかの創作活動'に着手してみるのも悪くはないんじゃないかなって(^_−)−☆ 人生、まだまだ長いから♡

そうそう、「懺悔のテープ」を読むたびに、すっかり忘却していた自分のカルマ清算の対象が見つかって楽しいー*\(^o^)/* 非常に助かっております。あと、あのビリー•ジョエルの曲も気に入りました☆

日本はもうすぐ一足先にカウントダウンですね。どうか楽しい新年をお迎えくださいね☆ そして、来年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします♡

Re: 611さんすんげー! from マティックス

もう、すんげーと叫びまくって白目向いちゃいますたよ。
いや~世界で活躍する方がこんな既地外ブログに来てくださるなんて。
ええんですかい、なんかおバカなブログで申し訳ないような気がしてきますた(笑)。
いやもう夢のようです。2012年なんといい年なんだー。

いやいやすごいなあ611さん。なんかとてつもなく凄い波動を感じますよ。
凛として美しくそれでいて優しくて強い。

見えない存在達にかなり強力に守られているようですね。
しかも潜在意識と繋がることができる方のようですし。ワタスの頭上の妖気アンテナかなりきてます(笑)。
611さんのずば抜けた能力の高さもさることながら霊感の強さはさらに凄いと感じます。

611さんとのバックグランドが似ているというお言葉。
「空想遊び」の記事をそのように感じてもらってなんだかとても嬉しいです。
「不思議便所の穴」と「懺悔のテープ」は今へと続く基音になっているかもしれませんね。

>実は、今こそ、もう一度、カメラやメガホンを持つ時期だったりして?!(笑)。
>あるいは、高校時代の自分と、その後の自分を、点と点で結び、新たな作品を創作するタイミングなのかもしれませんね(^_-)-☆

昔に比べると映像制作に関する費用は機材があれば安く制作できる。。そんな時代になったのでしょうね。
毎年2月頃に美術大学の卒業制作展へ行くのですが、これが驚きますよ。
プロ顔負けの作品がもう既に大学時代に出来ている(@_@)/。
ただちょっと物足りないのは発想が現実を超えていかないという点です。みんな頭良すぎなんですよね。
発想はバカに限る。みんなもうちょっとバカになろうよって毎回思うのですが(笑)。
え?新たな作品ですか?
なんかおやじ達で映画制作サークルなんかあれば入ってみたいもんですね(笑)。
っていうか自分で作ったらええのかな。あは。

もう止まらない!笑。 from 611

あはは♡ 鍵コメしたばかりなのに、いま発見したマティックスさんのコメントがあまりにも嬉しかったので、またコメントを♪

良かった良かった♡当たってて。

こちらこそ、元・インタビュアー冥利に尽きます*\(^o^)/* インタビュアーって30分〜1時間の中でアーティストのバック・グラウンドから現在に至る心境を理解しなければならない職業。そこは霊感にいつも助けられていたかな。その人の作品から今回のコンセプトとなった本や映画が、会う前に見えていたから。

あと、演技など教わったことのない私が、なんとかキャリアを積めているわけは、監督さんがその瞬間、私に対して求めているエが、裏方の視点で見えるんですよね(^_−)−☆
で、そのエを踏襲しながら想像を上回る演技を目指せば、監督さんやカメラマンから必ずわ感極まって「Yes」というお言葉とガッツ・ポーズがもらえる点が、このバイトの面白さ☆

けど、霊感うんぬん抜きにしても、「空想遊び」の記事を読んだときから、マティックスさんと私のバック・グラウンドが酷似しているのが分かっていたよー♡ だから、マティックスさんのブログの虜になったんですもの(^_−)−☆

はい。音楽収集やダンスは今もしてます。仕事でトップ・ダンサーの役が多いんですよね。もう、おばちゃんでダンスの切れが悪いのに(笑)。

さて、こんなお話を私としているマティックスさん。実は、今こそ、もう一度、カメラやメガホンを持つ時期だったりして?!(笑)。あるいは、高校時代の自分と、その後の自分を、点と点で結び、新たな作品を創作するタイミングなのかもしれませんね(^_−)−☆

私のコメントに返信していたら、いつまでも新しい記事を書けないだろうから、レスポンスは気にしないでくださいね(笑)。私も、黙ってマティックスさんの過去の記事を読みます*\(^o^)/*

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: からくりばれたぁ~(笑) from マティックス

くぅ~、ば、ばれてしまったぁ~。
611さんにワタスのブログのからくりを見抜かれてしったぁ~(笑)。
ちゃらら~ん!鼻から牛乳~♪

いや~611さんは鋭い洞察力をお持ちですな。
しっかりワタスの背景を把握されていらっしゃる。
しかも短期間にワタスの源泉に到達したぁ。
いやいやおみそれしました(マジに凄い方だなあ(笑))。

611さんは音楽収集やダンスをされていたんですね。
今もされているのでしょうか。
ワタス、ダンスの映画撮りたかったんですよ。
女性がダンスしている時ってとても美しいじゃないですか。
なんか胸キュンしちゃいますよ。

そうか初夢はダンスの夢をみてみるか(笑)。
ちなみに今日は予行演習~。

ということで、ではおやすみなさいまし。

マティックス

素晴らしいディレクターさんへ from 611

あはは♡マティックスさんのブログは道理でアーティストやクリエイターの視点なわけですね!(笑)

いやはやマティックスさん、そんな若いころから自主映画の制作に励んでいただけのことはありますね。

(しかし、高校時代、マティックスさんのように夢や自分のやりたいかとが明確な方、周りになかなかいなかったのでは?その情熱、もしかしたら校内では飛び抜けていたかもしれませんね。私も、マティックスさんと同じく高校時代は情熱的に、音楽収集やダンスに励んでいたタイプなので(^_−)−☆)

だから、マティックスさんは映画監督のごとく物事を俯瞰することができるんだなって(^_−)−☆ この記事によって明確になりました。 だって、マティックスさんの視点はムビー•ディレクターそのものだから♡

と、書いてるうちに、マティックスさんのハートウォーミングなレスポンスが*\(^o^)/* またしても大変ご丁寧な返信をありがとうございます。
マティックスさんの解説は本当に分かりやすくって、マティックスさんのような思いやりに長けた人を目指して、私も今日から試してみます。

心の先生、ありがとう、ありがとう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Re: 学習塾だったのですな from マティックス

リリーさん、こんばんは~!

なんと塾は塾でも学習塾だったんですな。
ワタスも小学校の5年生ぐらいから行ってたかな。

そろばんも教えてくれるとは結構オーダーメイドが利く良い塾だったのではありませんか。
その「キーっ!」になる前までは(笑)。
そろばんってイメージ上のトレーニングだから最初はすんごく大変だと思いますよ。
ワタスも結局そろばんより電卓たたくほうが早かったみたいデス。(あっ今はダンバリンね。(嘘デス))

その先生、区議会議員になるくらいですからなかなかのやり手だったのですね。
でももう少しわからない人の気持ちも考えてあげられていたらえかったのにねえ。
なぜわからないのかの思考プロセスを冷静に分析できれば来期は当選確実でしょうって、あれ、なんで占い師みたいなことやってるんやろ。

Just the way you are の訳
う~やっぱワタスの訳おかしい(笑)。
これならレギュラー確実でっすねえ。
(ちなみにレギュラーとは当時のワタスの学校では、授業で必ず指される人のことをいいますた)

そうか「素顔のままで」は「スッピンのままで」と勘違いされてしまうかもしれないのですな。
ということはトモホルンリンクル無料お試しセットを使わないとバレてしまうってことになるのか。。
いやいやスッピンの寝顔がみれるってことは男冥利につきることだすよ、ってう~何考えてるんだーワタスは。
(ダメだ眠くなってくるとワケがワカメだ。。)

「追憶」ってネスカフェCMのバックに流れていたやつですよね。
本編まだみてないので必ず見てみまする。
しかしリリーさんよくご存知でいらっしゃいますね。
リリーさんが英語の先生に思えてきたっす。

リリー先生、「おやすみなさい」はナチュラルにどういえばいいのでしょうか。
「Sleep well.」でいいのかな。では。

Sleep well.

塾は塾でも from リリー

マティックスさん、こんばんは!

私が行っていたのは「そろばん塾」ではなく普通の「学習塾」なんですよ。
近所の早稲田大学だったかを卒業した女性が個人的に開いていた
小さな小さな学習塾でした。(なんと今や区議会議員さん!
今期は落選しましたがv-356

で、学校でどうしても出来ないそろばんを教えてもらおうとしたのですが、
ど~しても私の覚えが悪くて「キーッ!」となったらしくv-388
叱られた記憶があるんですよ。悲しかったな~。
しかし、小学生相手に「キーッ!」てなっちゃダメですよねぇ~?
しかも学習塾の先生が、大人気ないなぁ~v-390

Just the way you are の訳ですか~、そうですねぇ~。
訳A:「そのままの君で」
訳B:「君のままで」
訳C:「君、そのままで」

とかなんとか。。。。

パッとしませんかね?

「素顔のままで」と聞くと、女性としては「スッピンのままで」
と言われている気がして(私だけ?)な~んか、ねぇ~。。。

話飛びますが、私の大好きな映画でロバート・レッドフォードと
バーバラ・ストライサンドの「追憶」というものっすごい古い映画があります。
その原題が「The way we were」ちょい似てます。「Just the way you are」
英語題名ってオシャレですよね~。

「追憶」という邦題は、まあOKでしょう。(偉そうにv-391

Re: リリーさん、ありがとうございます。 from マティックス

リリーさん、どうもです。

その頃の下町は「三丁目の夕日」の世界をそのままリアルにしたような感じでした。
ちびまるこちゃんの世界もかなり混じっていたかも(笑)。

そうそう、そろばん塾こちらのほうでもありましたよ。
姉が入っていたのですが、なにやら難しそうでよくできるもんだと関心しておりました。
そろばん塾と習字の塾は盛況だったかな。
リリーさんのそろばん塾の思い出めちゃめちゃ当時の姉の姿とダブリました(笑)。
そういえばそうやって泣いてバタバタしていたら反対に母親に逆ギレ食らっていたような。
それをワタスが遠めに見ながら。。飛雄馬頑張るのよ。。ってワタスは姉の明子さんですかっ。

ハーモニカ演奏テープこんなに皆様から御所望頂くとは。
親父め、一人でもっていきよったなとちょっとジェラシー感じてまっす。

Billy Joelはホントよく聴いてましたね。
でも当時は英語の意味もわからず聴いていたもんで。
ワタスが訳すと意味が全く別のものになるから高校の英語の先生は、キミは予習をよくやっておくように、
忘れるとレギュラーにするよっ!と脅しておったのですた(滝汗)。

「Just the way you are」ってどう訳します?
訳A:「キミのままでいい」
訳B:「キミがいるならそれでいい」
訳C:「キミのやり方でOK!」

やっぱレギュラーか。。。

ほろっと。。。 from リリー

マティックスさん、こんにちは。

なんだか、ほろっとしました。
お母さんや近所の方々の思いやりに。。v-409
映画「三丁目の夕日」に出てきそうなシーンだぁ。。。。

私もめったに親に泣きついたことはないのですが、
小学校のとき珍しく母に泣きついた時の事を思い出しました。
昔、昔、小学校でなぜかそろばんを習い、ど~しても出来ず
塾の先生にも叱られ、家に帰り、わぁ~わぁ~泣いてv-406
「なんで今時、誰もそろばんなんて使ってないのに
こんな無駄なことをやんなくちゃいけないんだよぉ~v-406」と。。。

そのときの母の対応は忘れましたがv-356
母でさえ、一般主婦でしたので、そろばんなんてそんなに使えず
困った顔をしていたのはうっすらと覚えています。
しかし、なんでそろばんだったのか!?
たしか電卓だってあった時代なのに。。。昭和ですが!

ホント、お父さんのハーモニカ演奏、見つかったら聞かせて下さい!

Billy Joelいいですよね~。
彼の英語はハッキリくっきり聞こえるのでよく歌詞を覚えたものです。
Just the way you are(素顔のままで)を覚えましたねぇ~(遠い目)
でも邦題の「素顔のままで」って、な~んか違うと思うんですよね~。



Re: 夕日に向かってボート漕ぎますた! from マティックス

おちんさん、いつもありがとうございます。

おちんさんのコメントをみてたら胸が熱くなったです。
歳とると涙もろくなりますね。やっぱおやじになったって証拠かな(笑)。

見守ることってとても難しいことなんだなって今だから思います。
手を貸しすぎることもそして貸さないでつっぱすことも良い加減が必要になってくる。
忍耐とさじ加減、見守る側に立ってはじめてわかる感覚です。

見守ってくれていたのは母親はもちろんですが、相談をうけた下町の人々もまたそこに住む子供たちを見守ってくれていたのだと思います。

当時ワタスのいた下町は皆で子供を育てていこうという気質みたいなものがあり、
自分の子も他人の子も関係なく叱られたり褒められたりしておりました。

母親から相談された知り合いも事情を聞くやお安い御用とばかり掛け合ってくれて、
たぶん下町だからこそできた"助け=奇跡"であったと思います。

昔はよかったんですけどね。


ええと父親のハーモニカのテープは捜索中どえす。でも見つからないかも。

えっ!映画ですかぁ~。フィルムが行方不明なんですよー(ちょっと安心、ってかあれを上映されたら失神して白目むき出しますがな(笑))

ではまた。

マティックス

Re: みらさん、ありがとうございます。 from マティックス

いやいやとてもお恥ずかしい話を披露してしまいまして。(汗)
あのテープが出てきてこの話を書かねば自分の心が何か晴れないような気になり思い切って書いてしまいました。
優しいコメント頂いてとても救われた気分です。ありがとうございます。

小さい頃、隣町に教会があっていつもシスターさん達が出入りするところを興味深くみていますた。
きっと憧れのようなものがあったのかもしれません。
実はワタスの母親の実家近くはその昔隠れキリシタンの里であったらしいのです。
もしかしたらワタスにもその血が入っているのかもしれません。でも戒律は、温めの燗がいい~♪

ワタスはツイッターはまだやっていないのです。(フォローしてくださるとのこと、やってないけど感謝です)
スマホもまだ持っていないので明日幕張でスマホ関係の大きなイベントをやっているらしいのでちょっくら見てきまっす~。

クリスタル殿がやってくる年末スペシャルですな。
くすお?ってどこ?おすしのことかなあ。
回る寿司ならたらふく食わせてあげよう。でも素巻きにされるのは勘弁してチョーよ(笑)。

ではまた。

マティックス

う~んっ、胸がきゅぅ~んっとしたぁ~ from シドニーおちん

夕日に向かって走ったかい?

なんだか胸がきゅぅ~んっ……。

赤ん坊が坊やになって、坊やが少年になって、少年がが青年になって、どんどんお母さんから離れていくんだなぁと、寂しいような嬉しいような、そんなある日、おヒゲなんかもうっすら生えたその息子が涙を見せる。お母さん、どーにもならないよぉ~って。

マティックスくんっ!ワタスは未だひとでなしだが、マティックスくんのお母さんの当時の気持がわかりすぎるほどわかって、瞬間母性大爆発!思わず人に戻ってまったよ。一瞬だけだが。

優しいなぁ。マティックスくんも、お母さんもお父さんも。それに下町の人たちも、優しいんだなぁ。
優しい人が奇跡を起こすんだなぁ。かっけーよ!

素敵なお話ありがとう。ワタスも一瞬人に戻れたし。

では、次はその映画をここで見せておくんなさい。それと、お父さんのハーモニカも探してここで流しておくんなさい。聴きたい。ものっすごく聴きたい。頼んだよ。     おちん

凄いですね。 from みら

まだ高校生だというのにその責任感!
普通ならまだお子ちゃまで、早々に両親などに泣きついたりしそうなとこなのに、素晴らしいです。
お母様も素晴らしいですね。我が子の努力をそっと見守り、彼の試練を邪魔しない。出来ることじゃないですよ、お母さんは心配だから。
うちの両親は邪魔するの!(笑)。しかも強烈にネガティヴにww。けなして邪魔して嫌味言って。特に父親が酷かったw。
母は教会以外のことに私達が夢中になるのを嫌がったもんですww。

ところでマティックスさんはツイッターやってます?もしやってらっしゃるようなら、フォローしたいです。

それから、年末来ちゃいますね、水晶さん(笑)。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/100-d9088a7d