とんでも的アセンションのゆくえ -○ゴンの次元上昇編その2-

コーンっ!

な、何っ?!
なんか後ろで飛び跳ねているっ?

後ろで二度三度ジャンプしている音が聞こえてきた。
しかし振り向けない。振り向くと脳が破壊されるというのだ・・・



2008年冬の終わりに差し掛かったある日の夜。
東京のとある会館にてその会は行われた。

昭和の香りがするその会館の和室が本日の会場ということらしい。
こんなところで一体何をしようというのか。
ざわめく心を落ち着かせながら、和室に足を踏み入れると。。

な・ん・じゃ・こ・りゃ~と小声で叫んだ。

上から吊るさっている骨組みだけのピラミッドや
何気に目に付くペンタグラム(五芒星)の張り紙。
どうやらここに結界を張り巡らしているらしい。

marugon-3.gif

奥にスキンヘッドのおっさんがあぐらをかいて偉そうに座っていた。
ZX帝國の伯壬旭軍帥を少し若くしたような感じ。
このおっさんが○ゴンか。まったく怪しいのこの上ないなあ(笑)。
でも不思議に女性にはもてるようだ。(参加者のうち2人の女性は○ゴンファン)
ちょいワルおやじ?この時少し流行っていたのかも。。

"アセンション幼稚園"と称した怪しいワークセッションには、
男3人に女3人、ワタスも含め6人程の参加者があった。
皆SNSを通じて申し込みをしている人達で、○ゴンに関する情報は一通り解っているようである。
(この6人の運命はあの怪しいおっさんが握っているというのか。。)


ワークを始める前に○ゴンからアセンションに関するレクチャーがあった。
上から目線で全く簡単に説明した内容はこうである。。

遡る事約半年前の2007年夏、北海道のある場所で"アセンション大学"というセミナーが開かれたのだそうだ。○ゴンはそのセミナーに参加し、驚くべきアセンションに関する情報を得たらしい。

年が明けた2008年正月、何かの拍子にふとアセンションする技術が解った感覚があったのだそうだ。そして○ゴンの脳裏に直接ささやく声が聞こえてきた。その声は銀河連邦と名乗り、"アセンション大学"で受けた授業の入門編を広く世間に普及させよ!と命令を送ってきたのだ。○ゴンはその声に従い、ある協力者と一緒にこの"アセンション幼稚園"を開くことを決意したのであった。(その協力者も結構くせものなのだが。。)

marugon-1.gif

アセンションワークは、いきなり準備から始まった。
まず、皆で長いおぜんと座布団を片付ける。
そして、紙ふうせんを手分けして膨らませた。
紙ふうせん?
そう、昔、富山の薬屋さん(昔住んでいた下町には結構来ていた)がおまけにくれたような小さなカラフル紙ふうせんであった。
よくこんなのまだあったもんだと感心しながらひたすら膨らませ、ようやく準備は完了した。

会場中央に小学校の玉入れ合戦を思わせるカゴが頭上にあった。
これってそこに入れるの??

その通り。と思っているところへ合図が鳴った。

よーい、スタート!

○ゴンの号令によって沢山ある紙ふうせんを皆でカゴの中に入れる。
しかし、そのカゴには所々に隙間が開いていて入れた紙ふうせんは外へ漏れるようになっている。

わっせ!わっせ!
皆最初は必死で紙ふうせんをカゴに入れる。


2分ぐらい経った頃

「ハーイ!止め!
みんな、横向きに左腕が上になるように手をあげたままの姿勢で寝てくださーいっ!」

結構しんどい姿勢だ。
ハアハアと呼吸が荒い。
そこに○ゴンが一人一人の口にあるものを入れて歩く。

そのあるものとは??


赤とうがらし。。(ガーン∑(゚д゚;))


な、なんじゃこりゃ~!

「食べちゃダメですよ~ゆっくり口の中で舐めててくださーいっ!」

ワタスはなるべく、赤とうがらしの中の激辛成分が外に漏れないように慎重に舐めていた。
とそこへ○ゴンはさらにあるものを持ってみんなの鼻に近づけて匂いを嗅がせていた。

そのあるものとは??


アンモニア。。(ガ、ガーン∑(゚д゚;))



鼻がつーん!と思わず顔をしかめた。
「絶対に動かないでくださいっ!動くと危険ですっ!脳が破壊されますから!」
これで動くなっていうのかい。まったくの拷問である。


2分くらい経った頃、○ゴンはまた号令をかけた。
「ハーイ!休憩終り、また玉入れはじめてくださーい!」
休憩だぁ?これが休憩かよっ!って心の中で突っ込みを入れながらしょうがないのでまた玉入れに加わる。

わっせ!わっせ!
皆は一生懸命紙ふうせんをカゴに入れる。
(なんでこんなことやらんといけんのやろと思いながら。。)

「ハーイ!休憩入ります。さっきと同じ姿勢でじっとしていてください。」

ハアハアと呼吸が上がる。スッゲーしんどい。ヤバ、バッカじゃないのこれ?と心の中は疑問疑問疑問の高速回転。

と一人の女性が外に出たいと○ゴンに申し出た。
するとすかさず、協力者らしきお兄さんがやってきた。
さっきまでにこやかだったお兄さんの目が異様につり上がっていた。そしてその女性へ向けてこう言い放った。

「ダメですっ!ここはもう元の世界とは違う隔絶した次元世界なんですよっ!今出て行けばあなたは完全に脳が破壊されて死にますっ!」



ヤバイ、コイツらいっちゃってるかも。。


次回へ続く


--【解説②】-----------------------------------

皆様、こんにちは。
続き書こうとすると途端に用事が入ってしまい、結局いつものペースになってしまってすんまそ。

○ゴンさんについて少し説明しておきましょう。
彼は海外の音楽学校を卒業されたそうで、音楽関係の仕事もしていたようです。
会場では終わった後に自主制作のCDを参加者に買わせていました。(結局商売したかったのでは)
○ゴンさんは音楽を用いて人の意識を神の領域へ到達させるにはということを独自で研究していたようです。インドへ出向き有名な行者と対談したり、古いスピリチュアルな書籍を片っ端から読破し、特殊な瞑想法や呼吸法を通してその突破口を見出したかったのでしょう。ブッダやイエスのような神の領域になんとしても近づきたかったのかもしれません。

彼がこのようなとんでも的な方法へと行き着くベースになった理論は次回ご説明しますが、"愛にあふれた世界"を望みながら、それは思考だけの世界であって、彼に会い彼の口からそして彼自身から発せられる波動は、命令的でとても""とは程遠いものだったという記憶があります。それが孤独で悲しい波長と混じって彼が今まで生きてきた人生が辛く悲しいものだったのではと感じざるおえませんでした。

いくら外の世界を探求しても結局メビウスの輪になってしまう。。当時彼を反面教師にしながら学んだことを思い出しました。


次回へ続く


--【追記②】-----------------------------------

○ゴンに贈りたい曲。(迷いのメビウスではなくこっちは愛のメビウス)

Mr.Children 風と星とメビウスの輪(LIVE)
http://youtu.be/khSsw47yCU0



ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金


※ブログランキングと拍手ボタンをしばらく休止することに致しました。
その代わりというわけではありませんがクリック募金のバナーをつけさせていただきました。
皆様ご協力の程よろしくお願い致します。


スポンサーサイト

 コメント

Re: みらさん、おばんです~。 from マティックス

たんすにゴン!座布団一枚っ!
なつかす~い、あのCM大好きでしたよ。
みんなで入れよう○の文字ですな(笑)。

iPhoneからごんぬずぱ from みら

おちんさんのコメントを読んでいて、○ゴンさんに何を入れようか、というところで、おちんさんは金を入れたそうですが、私は\\\"たんすに\\\"にしときます(笑)。

Re: リリーさん、どうもです。 from マティックス

リリーさん、こんばんは。
いや~今だから笑い話ですが、当時のあの会場の異様な雰囲気はちょっとヤバかったっすねえ(笑)。
たぶん普通の精神状態ではいられないかもしれません。

○ゴンさんの女性ファンは大変多いのです。ホント摩訶不思議。
単なるツルっぱげのおっさんなんですが、何故か女性にモテモテです。(ワタスにはわからねっす~)
ということは絶倫野郎ということですかいな。(すんませんお下劣で。)
さてはこのおやじ、週刊誌の後ろなんかにあるあの怪しいブレスレット買ったんでねえのかいと思ってしまいますた。

世の中わからんことだらけっすねえ(笑)。

Re:みらさん、どんもどんも。 from マティックス

まあ一つ救いなのは、彼らが宗教団体ではなかったということでしょうか。

ワタスも学生時代、とある方々に何度もある団体に入会を勧められ困ったことがありますた。
その時の信者の目があのときの○ゴンの協力者と同じ目をしておったのですよん。笑っちゃうくらい怖いことでっす。だから仲間由紀恵主演のドラマ「トリック」で毎回怪しい宗教団体が出てくる度に学生時代のことを思い出して噴いてしまうのですた(笑)。

ワタス達の時はまだ良かったほうなのですが、この後にやった人達(○ゴンはこのようなワークセッションを約半年間続けたのです。)は、我慢できずに会場で吐いてしまったり泣き叫んだりともう地獄をみたと語ってます。
それでも○ゴン達は、具合が悪くなった人達を外に出さなくしたようです。(まあこの後○ゴンはバチが回ってくるのですが。。)

新興宗教といえば、Kの科学ではないのですが、大学時代、社会学の授業で新宗教を取材してレポートにせよというなんとも危険な授業があったのですが、Kの科学の源流であるG○A教団へ行って取材してきますたよ。

元々その教団を創めた高○信○という方は不思議現象を起こす超有名な人であの天才科学者政木和三博士とも深い繋がりがあるのですた。

まあ、そこら辺はおちんさんがよく知っていると思いますが、あまりここで書くとややこしくなりますんで詳しくは「もつ焼き会議」で聞いておくんなまし。

Re: おちんさん、いらっしゃーい! from マティックス

噴きますたか(笑)。
そうなのです、アセンションは整理整頓からなのです。(ホントか)

えっ?なんとレッドチリくわえたっすか。(辛そ~)
やめなさいって。脳ミソ爆裂ガールになってしまいまっせ。(昨年わけわからん映画に爆裂ガールというのがあったが。。)

○ゴンのやったことはですね、以前、おちんさんがスプーン曲げのことを話してくれた中に「五感を一つに絞り込む」というのがあったけど、その逆を○ゴンはやったのです。すなわち、絞り込むのではなく全てを開放しようとした。もうゆるゆるのズブズブに。
ハイになって五感を全て開放している状態、そうシャーマン達がクサ吸って意識が朦朧としているのと似たような状態に。その状態から脳意識が再起動すると考えたのでしょう。

まあ今から考えるとこの方も脳波のシータ波を目指していたのかもと思ってしまいます。

一円募金のリンク貼りですね。言ってくれれば即効で教えたっすよ。でも無事貼れてよかったです。


"カネゴンウルトラおちんQ"。。最高っす、腹抱えますたよ(笑)。

え~~っ! from リリー

マティックスさん、こんばんは。

つ、つづくですか。。。v-356

あっはは~っ~!v-411なんだそりゃ~?とか思いながら
読んでいましたが、当時その集会場に居た人々は
???????の状態だったでしょうね~。

それでも○ゴンさんファンの女性がいたんですね?
昔「イエスの箱舟」(でしたっけ?)とかいう団体がありましたが、
あの教祖よろしく、信仰する女性ファンがいたんですね?

摩訶不思議v-394

あ、あやしい~っ! from みら

絵に描いた怪しい図じゃあないですか~!ww。誰が見たってアセンションじゃないですよ~!外へ出たいと申し出た女性は、無事だったのでしょうか?貧血とか起こしますよこれ(笑)。
ここからマティックスさんがどんな風に生還してくるのか興味津々です。

私も幾つか不思議系の集まりに参加経験がありますが、ここまであからさまに”変”なのは無かったですねw。
そういえばKの科学の集まりに誘われたことがありますが、一度も行きませんでした。その頃はKの科学はまだ出来たてで、その後すぐ例の事件を引き起こしたんですね。

怖いのは...最近知ったのですがこのKの科学、今はS学会を抜いて日本第二位の宗教団体に成り上がったことです(ちなみに第一位は日本神道)。

彼ら、さすがエリート集団だけあって、人のエゴをくすぐるの上手いんです。

◯ゴン いかしてるぜ from シドニーおちん

もうね、いっきなし噴いたね。

>アセンションワークは、いきなり準備から始まった。
まず、皆で長いおぜんと座布団を片付ける。<

かっけーど。

こういうの、ワタスも参加したいね。
で、今、冷凍庫から昨夏収穫したお庭のレッドチリ(生・冷凍してるけど)を一個取り出して、お口に入れてみたでっしょー。
アンモニアもね、あるんだよ、我が家には。
海でクラゲに刺された時用のアンモニア。
すこーしずつ、やってみよう、と思ったが、アンモニアはかがないことにした。
脳ミソ爆裂はやだからな。

ってことで、レッドチリだけね。
むかぁし、チリの中のカプサイシンが海馬にいい作用を与えると聞いたことをおもいだしたからだわよ。

では、続き早めにね。チリの中の辛いのがでっちゃー前に。
種、辛いよね。

ところで、今ね、あれこれ試行錯誤しながらようやくマティックスブログの一円募金をワタスのブログにもくっつけることに成功したざます。
貼り付けるのは想像してたよりも簡単だったのに、まぁ、そこに至るまでの道ったら、やったら時間がかかったこと。こないだっからやってて、ようやく今日よ。
この数日、また歳を一ヶ重ねっちゃったらどーしよ、と不安にかられてたんだわよ。
あーよかった。

ところで◯ゴン。「ド」を入れようか、「ケ」を入れようか迷って「ム」をやめて「金」にしたよ。。では、次、よろしく。

by カネゴンウルトラおちんQ

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/105-1b537e39