想いの木・双子の木 ~春の旅から~ その3

皆様、こんにちは。
GWもあっとい間に終わってしまいますた。
なんか休んだようで休んでいないような。。う~ん、もう少し休みがほっすい~。

さて、本日も母親の実家へ行った時の話の続きです。どんぞ。

maria.gif

「その昔、この辺は隠れキリシタンの集落があった場所なんだべし。」

長老の一人であるAじいさんは、部屋の奥のから分厚い郷土史の本を持ち出してきて写真を指しながら熱く語るのでありました。

Aじいさんは、ワタスのおじいさんの弟さん。この方ともう一人のIじいさん(既に他界)とワタスのおじいさんこの三人もまた三つ子のように良く似ていたそうです。ワタスのおじいさん亡き後、この方と数人の長老達が母の実家のご意見番として良きにしろ悪しきにしろ様々な場面に登場してきたのです。

この日は、従兄弟のHiko(もちろん仮称)さんと一緒にご挨拶のためAじいさんの元を訪れていました。
Aじいさんによるとなんでもここらへん一帯は江戸時代初期、隠れキリシタンの里であり、当時の江戸幕府の政策により数万人の殉教者を出した場所なのだそうです。キリシタン達が処刑された首塚跡も所々に残っているそうな。いろいろと血塗られた歴史を持つ因縁の土地なのだということをAじいさんから聞かされました。

もしかしたら、ワタスのご先祖様は隠れキリシタンだったのかもしれません。
どうりで仏教や神道よりもキリスト教にどこか懐かしさを憶えるのはそのためでありましょうか。
ワタスと関わりのある友人や知人達にキリスト教関係者がいるのもなんとなく頷けるのですが。。(といってもワタスは無宗教、ん?強いていうなら"はっぱ教(隊)"ですかねえ(笑)。)

まあワタスをいつも導いてくださる精霊さんの中にその関係者がいるのではないかと勝手に思っています。

殉教者達のご冥福を祈って。。

Venite Spiritu et emitte caelitus
(精霊よ来たれ 天より御使いを)

Libera - Far away
http://youtu.be/TNgd-kue_Fc


(動画に登場する子供の中に行きの電車で出会ったあの目のクリクリした子とよく似た子供がいるのでびっくりしますた)


Aじいさん、語らせると長い長い。
特にこの地域の歴史を話はじめると昔取った杵柄(歴史の先生)、夢中になって語ります。

40分経過、そろそろじいさんの話も退屈になりかけてきた頃、

「コーヒー飲むべか?」と聞いてくるのでこちらも元気に「はい!」と返事をするとコーヒー(インスタント)を入れてくれるのはいいのですが。。

「砂糖入れるか?」と聞いてきたので「お願いします」と言ってしまったのが運のツキ。

料理で使う白砂糖を本人目の前にしてスプーン山盛り3杯素早く入れて出されますた。ワタスは目が点になり、唖然としていると目の前にそのコーヒーが。。

しょうがないのでイッキに飲みました。
思わず「甘いっ!」と叫びそうになるのをググっと耐えているのをHikoさんが横目で見て必死に笑いを堪えています。
gpft.gif
画像はイメージです。

すると今度は「グレープフルーツ食わねすか?」と聞いてきたので先程の口直しのつもりで「はい!」と返事をしてしまったのがまたまた運のツキ。

グループフルーツを半分に切った上にあの白砂糖をスプーン山盛り3杯盛られたのが出てきますた。(ま、まじすか。。)昔そうやってスプーンでほじりながら食べていた記憶がよみがえってきましたが、さすがに砂糖山盛り3杯もかけてはいません。

はて~こりはじいさん特有の何かのユーモアのつもりなのかと思ってましたが、じいさん本人、いや、そのばあさんや嫁さん達も皆グレープフルーツ半分に切った上に山盛りの砂糖がのっているのをみてここでは砂糖山盛りが当たり前なのだと悟りますた。

「くっくぅ~、甘いぃぃぃぃ!」やばいっすよ。こんなん食ってたら絶対糖尿病になってしまいます。

じいさんの語りはまだまだ続いていたのですが、思わず「おおそうだ、餅っこ食ってけ!」というのでいやいやと首をふりながらマジで辞退しようとすると、そんなことええから食ってけと引きません。

しょうがないので食べることに。出されてきた皿には、なななんとあんころ餅が。。

あはは。。あま~い、あま~い!あんころもち~。
さすがにワタス壊れますた(あはは)。

むかしは砂糖は貴重品であったので、お客様が来ると甘いものでもてなすのがこの辺の礼儀となっていたようでした。しかし、現代においてもその習慣は何ら変わることなく続いているというのが田舎たるがゆえのことなのでしょう。

ということで約2時間半のAじいさんの授業、無事終了しますた。



その夜。

「食ってけ~!食ってけ~!」

obke.gif

ワタスの夢に砂糖てんこ盛りの巨大グレープフルーツのおばけが。。
猛烈にうなされたのは言うまでもありません。

やめて~。。


(その4へ続く)

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

スポンサーサイト

 コメント

Re: ただのひとさん、ありがとうだす~。 from マティックス

その通りだす。農家の産直売り場へGOGOGO!
というても産直売り場へいけれない人もいるだすね。

最近、スーパーで売られているトマトと普通の八百屋さんで売られているトマトを食べ比べてみますた。
ワタスのうちの近くの八百屋さんでは形の悪いトマトを沢山仕入れてくれる日があって、
安くて沢山トマトを買えれるんです。

で、食べ比べてみるとやはり八百屋さんのほうの形の悪いけれども新鮮さは負けねえというトマトのほうが肉厚で
甘かったです。スーパーのほうは形は皆そろっているんだけれど味が薄い。
市場にはこういうスーパーで買うようなトマトが主流で形の悪いんだけれど美味しいトマトはあまり流通していないのが現状なのだすね。
形が悪くても新鮮で美味しいものなら今の時代でも需要はあると思うのだけれど。。

どこか市場の原理がおかしいのでしょうね。(産直売り場行ってみますだ(笑))

from ただのひと

新鮮な野菜を食べるには、農家の産直売り場にいけば、いいのでは?

Re:トマト砂糖派!! from マティックス

リリーさんこんばんは。

おお、リリーさんもトマト砂糖派だったなんて(ワタスはうれしいゾ~)。
そうなんです。今東京で売られているトマトはほとんどまずいです。
というか悲しいことに味しないんですから。すでにトマトにしてトマトにあらずですね。
昔は普通にトマトの味がしていたのに。。なぜなんだろう。

ちなみに叔母(三女)の家の自家製トマトはものすごく美味しいです。
昔食べたトマトそのままの味がします。

美味しいトマトには砂糖をかける。。
暑い夏、冷たいトマトに白砂糖をかけて。。
う~ん、たまりませんなあ。。

そうか今年の夏はトマトの産地にでも出かけようかな(笑)。

トマトに砂糖! from リリー

マティックスさんこんばんは。

私もトマトにお砂糖「かけて」食べるのが好きです!
私の両親は北海道出身ですが、私が小さい頃そういう風に食べた記憶があり、
今でも時々美味しいトマトを見つけたときは(←ここ大事)
そのスタイルで食べたくなります。

それにしても、昔のトマトは美味しかったな~。
現在、東京のスーパーで売っているトマトは私はトマトと認めていませんv-391
地方で採れる(?)木で赤くなった状態で採れるトマトは本当に美味しいですよね。
その「トマトの味がする」トマトに普通の白砂糖を振り掛けて食べるのが好きです!!

あぁ~、「トマトにお砂糖」で熱く語ってしまいました!v-411

Re: 東北人のおもてなし from マティックス

たまゆらさん、どんもです。
ずんだ餅は嫌いではないのですが、量はあかんのです。
ずんだ餅一つか二つに渋茶があれば大満足なのですが、皿一杯でてくるんですよ(笑)。

トマトに砂糖、是非お勧めです。完熟のものを冷たく冷やして均等に切ったものと砂糖を少々皿の横に置いておく。
つけながら召し上がりください。ずっこく美味しいですよ。

シソ巻き美味しそうですね。今度物産展で見つけたら試してみます。叔母(三女)にも聞いてみますね。

東北の人はとにかくサービス精神旺盛なので食べきれないほど料理を出してくれます。
夏に叔母(長女)の家に行くとホヤ貝と夏ガツオをてんこ盛りで出してくれました。
食べきれないのでホヤ貝を氷と一緒にリュックに詰めて東京まで背負ってきたことがあります。
いい思い出です。といってたらホヤ貝食べたくなってきますた。。

Re: 安心しますた(笑) from マティックス

みらさんは低血糖だったのですな。
なかなか特有の体質がありますよね。そうか穀物で太るタイプだったのですな。
日本人はそのタイプが結構多いのだと昔テレビでやっていたような気がします。

でもいいなあ。甘いもので太らないなんて。。

ちなみにワタスは甘いものを戴くときには必ずブラックの珈琲を飲まずにはいられません。
「甘いものには適度な苦味が必要なのじゃ」というワケのわからない哲学を持っていて今日も自分で淹れた珈琲を自画自賛ですすっております。(いつか珈琲屋さんになって預言カフェと張り合おうかな(笑))

東北っ子でした from たまゆら

マティックスさんはずんだ餅はいまいちでしたか~(笑)
トマトに塩は聞いたことありますが、トマトに砂糖は食べたことないです~。砂糖かけるとおいしいんですね。
それと、私にとって東北のおいしい一品といえば、シソ巻き(甘辛味噌とくるみやピーナッッツをシソでくるんで揚げたもの)。作る人によって、甘めだったり、ピリ辛だったりして手作りならではの味が味わえるのもいいです。なつかしくて、物産展で見つけるとつい買っちゃいます。

東北の人はたくさんのご馳走でもてなしてくれる印象がありますね。

大丈夫っす(笑) from みら(E.Nミスランディア)

 ご心配おかけしとりますww。
砂糖5杯と申しますが、でかいマグカップに小さじ5杯です。しかも、コーヒーは一日にこれ一杯だけ。他にジュースも飲みませんし、以前は甘いものは殆ど摂っていませんでした。
 んで、医者で検査受けたら低血糖とな!(笑)。お腹が空きすぎると動けなくなるタチでごわすw。
 今はダイエットのためにある程度甘いものを摂取してますw。お腹を空かさないためです。




変でしょう?(笑)。

 でも甘い物を殆ど摂らなかった頃はマツコ・デラックスタイプの超デブで、20㎏近く痩せた今は毎日の様にスイーツを頂いてます。
 どうやら私は穀物で太るタイプのようです。甘いものでは太りましぇんww。

Re: たまゆらさん、ありがとうございます。 from マティックス

たまゆらさん、どうもです~。

おお、たまゆらさんもグレープフルーツ半分に切って砂糖かけて食べるのをご存知でしたか。
なんとずんだ餅も知っていたのですね。ずんだ餅は昔仙台の従姉とデートするといつもずんだ餅屋に連れて行かれてたような気がします(笑)。
ワタスは甘くない枝豆そのものが食べたいのに~と思っていたのですが、従姉としてはたまに来るんだから名物を食わせなくちゃと東北人特有の旺盛なサービス精神が今思い出してみるととても懐かしく思っています。

唯一砂糖をかけて美味しいなあと思ったものは、トマト。
冷やしたトマトに砂糖をかけるのは東北だけでしょうねえ(笑)。

隠れキリシタンは、長崎が有名ですが、当時の江戸幕府の力がまだ及ばない東北にも多く散らばっていたようです。
しかし、幕府の勢力が大きくなるともはや抵抗できなくなり、弾圧で数万人もの殉教者を生んだと言われています。
でもしたたかな隠れキリシタン達は仏教や神道と融合する道を選んだようです。
それはもはやキリスト教とは呼べない形で。。しかも後の子孫達もわからない形で。。

マティックス

Re: どんだけ~!(笑) from マティックス

砂糖3杯ごときでなにぬかしてんのよ~。

う~そんな声が聞えそうでっす(>_<)/。

3杯では甘い?甘すぎる~。
だから甘いって言ってますがな。いやいやその甘いじゃなくて。。
ええい、もうわけわからなくなりますた。
コーヒーに山盛り5杯の砂糖ですがな。すごいを通り越してマジ危険でっせ。
糖尿病にホント気をつけておくんなさい。
(ワタス、父親を糖尿病からの病気で亡くしているのでその怖さは身にしみているのです)

丁度このお話の頃、バイトで知り合った友人がいまして、その人の家に泊まりに行き翌日プロテスタントの教会のミサに出たことがあります。
素朴だけど凛々しい雰囲気の中、流れてくる賛美歌に心地よさを感じていました。
その時からなんとなくパイプオルガンが好きになって年に一回今でもICU(国際基督教大学)へ聴きに行きます。

クラシックと賛美歌、ワタスもたまに無性に聴きたくなるのは何かの記憶がそうさせるのかもしれません。

しかし、不思議ですねえ。みらさんのおじいさんからクリスチャン繋がりでみらさんに到るまで何かの導きがあったのですね。
クリスチャンの繋がりはとても強そうでっす(笑)。

うちの先祖の話に戻ってすいませんが、隠れキリシタンであったと親族のほとんどが思っているようなのですがその物的証拠が全く残っていませんでした。
江戸時代の弾圧を逃れるため、隠れキリシタンは仏教や神道と融合するようになったので本当はキリスト教と大手をふって言いたいのだけれど
表向きキリスト教とは違うものになっていったように思います。

しかし、この話の後半部分でその証拠かもしれない話が出てきますのでお楽しみに。

マティックス

懐かしい気持ちになりました。 from たまゆら

私も小さい頃、グレープフルーツに砂糖かけて食べていました(今考えると糖分すごいですよね…)。ハエとり紙も台所にあったような気が…(見た目がとても美しくないですよね…)。
マティックスさんのお話を読んでいたら、忘れていた小さい頃の記憶が甦ってきました(☆o☆)。夏休みの記憶だと思います。
あんころ餅は甘いけど好きです。あと、東北といえば、ずんだ餅。これが一番好きかも。。

東北にも隠れキリシタンがいたこと、聞いたことがあります。
数万人もの殉教者の歴史があったとは…痛ましい過去ですね(>_<)

甘いものは…(笑) from みら(E.Nミスランディア)

 甘いものが苦手な人は、そんな山盛り3杯も入れられたらたまったもんじゃありませんよね~(笑)。
 私も甘いものはそんなに好きじゃないので、ケーキを頂く時は必ずストレートティーですね。食べ過ぎると嫌になっちゃう。お菓子もしょっぱいもんが好きですね。おせんべいとか、ポテチとか。

 やや!びっくりですね!マティックスさんのご先祖サマは隠れキリシタンでっか!ワタスの家も一族揃ってクリスチャンでんがな!
 もちろん以前は違っていたのです。けれど、なんと母方のじいちゃんが幼い頃教会に通っていて、人生いまわの時にクリスチャンに戻ってしまったのです。
 んで、ばあちゃんが改宗しちゃって、母も入信しちゃって、そこの教会のお見合いでうちのおやづ(親父)と結婚したってこってすww。
 そういう訳で、ワタスはクラシックと讃美歌で育ちました。
 動画、良かったです。落ち着きます。ワタスの故郷みたいなもんです。

 そうそう、ワタスは朝起きぬけにマグカッップにコーヒー一杯とバナナを頂きますが…

砂糖を山盛り五杯入れますwww。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/127-6bfe4bc6