お知らせ-20120614

ajisai-1.gif

雨の季節になりますたね。
皆様、こんにちは。

すいませ~ん、今週は更新のタイミングに間に合いませんでした。m(_ _)m

最近忙しゅうてね、皆様のブログ先にも顔を出さずじまいでまっことすまんこってす。

えっ?今日は何をみせてくれるの?ですと?

ハハハ、わかってらっしゃいますなあ。
まあ今日はこれでも観て行ってくださいまし。


むかしむかしの映画で「ミクロの決死圏」という映画があったのをご存知ですか?(インナースペースなら知ってるって)人間がミクロの大きさになって病気の人の体へ入り治療するという当時の常識を打ち破った画期的なSF映画でした。ワタスはこの映画大好きでテレビの再放送は欠かさず観てました。

もう驚嘆ですね。すごいなあ~とぽか~ん口開けてバカ観しているとよく母親に叱られたもんです。バカモノ!口とチャクだけは閉めとけ。。と(*^_^*)/。

映画の表現力が格段にアップした今日3Dアニメーションで体内をどう表現しているのか比べてみましょう。
まずは映画「ミクロの決死圏」から。

Fantastic voyage (邦題「ミクロの決死圏」1966年制作)
http://youtu.be/3o8vsU0Dw-4



そしてこちらがhybrid社制作の人体内部を細かく再現した3Dアニメーション動画です。ミクロの決死圏から45年経った映像表現はどんなもんかとくと御覧下さいまし。
※是非フルスクリーンモードにして御覧下さい。

人体の内部構造の不思議と美: 驚異の3Dアニメーション
http://youtu.be/hKlU1sQAfPc


hybrid社(スポンサーをみてちょと引いてしまったけど。。まっ、気にせんとこう(笑))
http://www.hybridmedicalanimation.com

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

スポンサーサイト

 コメント

Re: ミクロの決死圏よくご存知でしたね from マティックス

honeyさんいらっしゃいまし。

honeyさんも御覧になられておりましたか。
まさか人体の中に人間が入っていくなんてそういう発想が凄いと思いました。
ということはちっちゃくなった人間の体の中はどんだけ小さいのかというと、もお~よくわからなくなってしまいます。

そうだったのですね。ダリさんが美術を担当していたなんて。。
体の中の映像は観ていても記憶に残るような興味深いものでしたからねえ。
さすがダリさんいい仕事ぷっりでっす。
しかしhoneyさんよくご存知でしたね(感服しますた)。

マティックス

ミクロの決死圏 from honey

私も好きで子供の頃からよく見てましたよ。

後々になって分かりましたが、確か美術をシュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリが担当してたと記憶します。

それにしても驚異的な映画でしたね。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/132-221a95b2