洞窟観音

皆様こんにちは。

夏だぁ~!

でももうすぐ7月も終り。なんか早くねえですかい。
こうみると夏ってひとときの夢みたいなものかもしれませんね。
なんか切ない。。
いやいやこれからロンドンオリンピックも始まることですし気合をいれて。。

ん?ロンドンですと?

ロンドンロンドン楽しいロンドン、愉快なロンドン♪

キャバレー ロンドン
http://youtu.be/6nnUM85dhNA


す、すいません。つい条件反射してしまいますた。

ちなみに昔のキャバレーシリーズでいいますと。

キャバレー ニューエンペラー
http://youtu.be/wIvWgWqIHps


タクシー代1000円までサービスってどういうこと??


さてお戯れをもっとしたいのだけれど殴られそうだからこの辺で。
本日はちと走り書き致しますのでまとまりがつかなくなったらごめんなさい。

昨年(2011年)8月のとある日。
東日本大震災から5ケ月後、まだ余震も頻発していて、いつまた巨大地震が起きるかどうか世の中も不安で一杯になっていたあのとき。
ある予言が示す地震危険日が話題になっていて、ワタスは群馬県高崎市へ避難訓練も兼ねてプチ旅行をしておったのでした。

高崎のバスはおんぼろ車~♪

ああ、夏の高崎はめちゃ暑い。
しかし、高崎の高校生はすこぶる元気だ(笑)。
市営のバスで大股広げて寝ていたかわいい女子高生。
降車時になぜかワタスにガン飛ばしてきた(笑)。
しかも眉なし。。

皆神山の松代の時もそうだったんだけど、眉なし兄ちゃんとか姉ちゃんとかがなぜかワタスにガン飛ばしてくる(笑)。
しかも皆結構かわいくて(*^_^*)、眉なし。。
なぜかねえ??

まあ、若者が元気なのがなによりの救いだ。
昨年は日本全体が得たいの知れない閉塞感に満ち溢れていた。そんな中でここ(高崎)の若者はとても元気だった。
ここ(高崎)のほうが東京よりも福島に近いはずいなのに。。

眉なしの女子高生が降りてしまったのでバスの乗客はワタス一人となってしまった。
こんな時歌でも歌ったら怒られるかなあ。
と思いつつ大きい声で歌ってみた。

歌ったのはこの歌。


おこれ男だ!(森田健作 青春に悔いはないか)
http://youtu.be/7SLcLylS1FY


悔いはないか~い、燃えたか~い。
そ~れを~自分に聞いてみよう~♪

ワタスは小学校の頃、夕方4時頃にやっていた森健の再放送ドラマが好きでよくみていたのでした。
森健の歌の中でもこの「青春に悔いはないか」は大のお気に入り。
この歌詞を考えた人(作詞:阿久悠)凄いなあと今でも思いまつ。

結構大声で歌って良い気分になっておったのですが、
そんな間もなくバスは洞窟観音に到着しますた。



洞窟観音とは、高崎の豪商山田徳蔵翁によって作られた手作りの霊園。
大正8年着工され、昭和39年、約50年間工事が進められ完成したそうです。


洞窟観音サイトより転載
http://www5.wind.ne.jp/yamatokuen/02.html
-- 転載はじめ -----------------------------------

当園は、高崎駅西方約3.2キロ、烏川を隔てた観音山丘陵の金沢山に所在します。
多くの人々が共に楽しめる霊場、楽天地を建設しようと決意した故山田徳蔵翁
によって大正8年着工され、昭和39年、翁が88才の生涯を閉じる迄の50年間たゆ
むことなく工事が進められ完成をみたものです。

動力や土木機械のない時代に、つるはしやスコップなど全て人力で山を抜き、
谷を埋め、池を掘り、石を運び、それはあたかも築城の大仕事にも似た壮大な
ドラマでした。

洞窟内の坑道は、長さ400メートルをこえ、幾多の巨石銘石を配した洞窟内の大
小空間は翁の構想により、彼岸の楽土をイメージし、深山幽谷を写し、大瀑
布、渓流になぞらえ、それぞれを背景に石彫の名工、楽山が生涯かけて彫刻し
た御影石の観音像39体が他の石彫群と共に安置され神秘的な法悦の世界を繰り
ひろげております。

洞窟内及び庭園に散在する石仏、石像、石塔の類は実に100を超す多数にのぼ
り、異色の景観を呈し、信仰の森とも云うべきたたずまいを見せております。
翁の傾注し燃焼させたエネルギーは、今、深く静かに沈潜し、昇華して、訪
れる人に無言のうちに生きることのすばらしさを語りかけているのです。

-- 転載おわり -----------------------------------

この山田徳蔵さんという人は米どころからやってくる米殻商だったのですが、
いつしか高崎に定住するようになり、ここで高級呉服屋として商いをはじめるようになります。
それがとんとん拍子に成功し、群馬県内はもとより東京や新潟さらに中国の青島にも進出するようになります。
豪商として名を馳せることになりますが、この方信仰心のとても厚い人で、
手に入れた財をほとんどこの洞窟観音につぎ込んだというのですから全く驚きであります。

仏の心に接してもらうことで人々の悩みを救うことができるのではないかと考えたのでありましょう。
私心の無いまっすぐなお心の持ちの方であったと思いまつ。
こんな人、今では天然記念物ものですなあ。
でも、その人の人生、さぞ痛快な人生ではなかったでしょうか。
自分の信念に従って生きることってちょー気持ちいいでしょうね。

まさに「我が人生に悔いなし」。森健風にいうと「これが青春だ!」ですな。

doukutukannon-2.gif

さて、洞窟観音、ワタスも入ってみますた。
外の気温約35度、洞窟観音内の気温25度。
まさに天然クーラーが入っているようです(あれ、人工でしたね(笑))。
ヒンヤリと気持ちいい。

ここで写真をいくつか撮ったのですがほとんどダメでした。
で、マシなものがあったのですが。。なんかちょっと怖すぎる。
これですが。。

doukutukannon-1.gif


(>_<)/う~ん怖い~かな。。




写真はちょっと怖いかもしれませんが実際はそんなに怖くはありませんでした。
ただ、ここは頭上の妖気アンテナが立ちっぱなしでありました。
凄いですよ。ここの氣は。
ワタス一押しのパワースポットです。



洞窟観音・徳明園
http://youtu.be/avuJ3OzPkz0


近くに温泉があるのでついでに訪れるといいと思います。

暑い夏の日ここで涼むのも夏の思い出になりましょう。
ワタスお勧めのパワースポットです。

う~今日はまとまっていない。。


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金
スポンサーサイト

 コメント

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お化け屋敷は勘弁 from マティックス

UFOさん、こんばんは。

なるほど手のオブジェの記憶ないですか。う~ん、残念。
それよりもお化け屋敷の記憶のほうが怖さ倍増でありましたか。
自然な怖さ。。やっぱりそこに本物がいたのかもしれませんね(笑)。
廃墟になる前から既に心霊スポットだったのかも。

心霊スポット的な怖さはワタスもいかんです。(>_<)/。

from UFO

こんばんは
手のオブジェの記憶はありません。
それよりも遊園地にあった「お化け屋敷」は、今まで経験したお化け屋敷の中でNO1でした。
自然の竹やぶの中に、いくつかの小屋があり、その小屋と小屋をつなぐ小道は湿っていて昼間なのに竹やぶなので薄暗く、人工的な怖さよりも自然の不気味さでそれはそれは恐ろしく腰が抜けて歩けなくなりました。これは本当の事です。
 

Re: 高崎生まれとは驚きますた from マティックス

すーさん、こんにちは。
ブログ復帰おめでとうございます。

なんとすーさんが高崎生まれだったなんて驚きました。
こりは御父様の小説を是非読まねば。。

高崎っていいところですね。ワタスは好きな町です。
夏は暑いけど、少し車で走れば気持ちの良い緑に出会えます。
名所も盛りだくさんで興味深い場所が多いです。
達磨さんのお寺、昨年、時間がなくて行けなかったのですが、次回は必ず寄ってみようと思っています。

森健の番組はワタスが中学の頃まで剣道をやっていたせいかよく見ていました。
でも今みると腹抱えて大笑いしそうですが、当時としては、
バカバカしいのだけれどそれが何か熱いエネルギーを持っていてみんなに元気を与えていたのだと思いました。
ワタスも無邪気なバカでありたい。。なーつて。

これからもすーさんのブログにちょくちょく寄らせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

Re:行きたかったのカッパピア from マティックス

UFOさんこんばんは。

高崎観音周辺はその昔、一大レジャーランド化していた時期があったそうですね。
高度成長期の遺物、カッパピア。
ワタス、あの不思議な手のオブジェすっごく見たかったです。くぅ~残念。
UFOさんはもちろん御覧になられましたか?
え?憶えていない?
いや見たんだけどトラウマになりかけてしまうのが怖かったので忘れることにした。。ですと。
そ、そうでつか。そんなに怖かったんですね。

その後、カッパピアは廃墟として有名になってしまい、どこかの写真集に載ったそうです(ここ4~5年前の話だそうな)。
現在はそれも取り壊されて整地となったのだそうです。

30年前の洞窟観音ってどんな感じだったのでしょうね。
でもあそこは昔も今も変わることなく静かに祈りの時が流れていることでありましょう。
洞窟観音近くの温泉旅館で日帰り入浴をやっていて別段良くも悪くもないのですが何故か落ち着ける場所でした。
機会があったらまた行ってみたいです。

観音さま from すーさん

マティックスさん、こんにちは^^

ロンドンは今オリンピック。ロンドン、ロンドン、懐かしいですね。
青春の謳歌は、僕も好きです。森田健作さんの歌は知りませんでした。
熱血漢ですね。

高崎生まれなのに、洞窟観音に入ったことがありません。
5歳までしかいなかったからでしょうか。父の小説に出て
来ました。貧しい農家としてなんですが。
高崎人は、観音さまや達磨さんが好きなようです。
観音力、ここへ行ったら何か感じられそうです。

マティックスさんのユーモアのある記事を楽しみにしております。
これからも、よろしくお願いいたします^^

from UFO

こんばんは
30年ぐらい前に洞窟観音に行った事があります。
その頃は観音山周辺は一大観光地でカッパピア、遊園地、観音様、ヘルスセンターなど。
子供を連れてよく行ったものです。
今はどうなってんでしょうね。

Re: みらさん、どんもどんも。 from マティックス

"ばけたん2"のあのおばけ音が好評なのかどうかわからないのですが、"ばけたんRE:"よりも人気が高いそうでつ。
ばけたんは雷の時ににスイッチを押していなくても紫系が点灯するときがあります。神秘的デス。

ユータンレーダーも結構面白いですよ。
病院のMRI室の前でやったらフィーバーしました(笑)。あわてて隠しましたけどね。あは。

いつかシドニーに行ったときにおかまの宇宙人さんにユータンレーダーとばけたんを持っててもらってスイッチ押したらどうなるか、実験したいでっす(笑)。
それと妖気アンテナがみえるかどうか聞いてみたいでっす。いまから楽しみだぁ~。

ありがとうございます~! from みら(E.Nミスランディア)

 心霊ガイガーカウンター(笑)ばけたん情報ありがとうございます(^^)。
 いや、面白そうですね!でも売り切れww。増産はしないのかしら?(笑)。

 それにしても、マティックスさんが宇宙人だったなんて!
でも、もしかしたら妖気アンテナを授かった時点でマティックスさん宇宙人の仲間入りをしてしまったのかも!
 妖気アンテナが立った状態でユータンレーダーをフィーバーさせれば、たちまち上空にUFOがw!

べんとらべんとら!(笑)

Re: 場違いだなんてとんでもないです。 from マティックス

まなさん、こんばんは。

ブログというのは書き手も読み手も自由であると思いまつ。
読んでいただけるだけで有難いのにコメントをくださるのですからワタスはいつも心の中では手を合わせて土下座をしておるのです。
これからも感じたまま自由にコメントしてくださるとうれしいです。

今回の記事は、若い時に事業に成功し、その大半を洞窟観音の完成に人生を費やした山田徳蔵翁を取り上げました。
彼をそこまで突き動かしたエネルギーは、当時の苦しさにあえぐ人々の姿をみてということもあったのでしょうが、
それ以上にそれを感じた時期がまだ若かったからということもあるかと思います。
現在の若い世代をみてみますと社会と自分の垣根が大きく、また自分が何をやってもムダという諦めが先に立ってしまってなんだかとても悲しいと思っていました。
しかし最近少しではありますが、その感覚が変わりはじめているのかなと思ったのです。

1年前あの状況の中で高崎の高校生達の姿に少し希望がみてとれたのは、1年後の今へのプロローグだったのかもしれない。。
そんなワタスだけの感覚かもしれませんが1年前の出来事を走り書きしてみました。

洞窟観音へ行くと山田徳蔵翁の執念というか信念のエネルギーを感じることができます。
それはもはや自分を越えた空(ゼロ)のエネルギー。
そこに確かに救いの光はあったと感じました。

ここでは毎年9月の終り頃、夜、二胡の演奏をバックに舞を演ずる催し物が開かれます。
今年は行こうかなあ(笑)。

何度もすみません from まな

山田徳蔵さんの興された偉業と
博愛の精神に尊崇の想いを抱いて記事にされたのですね。

場違いな 軽率なコメントを書き込んで
本当に 申し訳御座いませんでした。

そうした得心を観ずるのですから
恐らく ブログでは公にしない
細かな配慮や 受け容れの優しさが
きっと 誰かを抱き留めたり
精神的な橋渡しを 手伝っているのだと思います。

優しさに終わらず
マティックスさんご自身の手放しの幸福感へと発展していきます様に。(笑)

合掌

Re: キャバレーの動画を貼るなら。。これかな(笑)! from マティックス

みらさん、こんにちは。

ライザ・ミネリの「キャバレー」!
う~ん懐かしい。。
これですな。
Liza Minnelli Performing Mein Herr with Chair
http://youtu.be/lxmz3RcNNBE

さて、先週はパワすぽ巡りお疲れ様でした。
ワタスも近いうちに少し記事にしようかと思っています。(せっしーさんのあの活躍は記事にせねば(笑)。)
大宮八幡宮で大雨に降られましたが、本堂でのひとときの雨宿り、とても良い思い出となりましたよ。

TERUさんのブログのタイトルはですね「そうだよね。」です。どうぞごひいきにしてやってくださいまし。

そうだよね
http://blog.livedoor.jp/soudayone_soul/

>この間マティックスさんがお持ち下さった心霊ガイガーカウンターの名前も教えてちょ(忘れちゃった汗)。みけーらが欲しいと言い出しまして…w
ええとぉ、こないだ持っていったのは「ばけたん2」です。
なんかこの「ばけたん2」なぜか人気が出てしまったらしく(ほんとかぁ~)今は売り切れ状態のようです。
姉妹商品の「ばけたん RE:」というのがあるようなのでURLを載せておきましょう。
ちなみにUFO探知機「ユータンレーダー」というものもありますのであわせてどんぞ(笑)。
(ユータンレーダーを最初にやったところフィーバー回転してしまったのでたぶんワタスは宇宙人のようだす(笑))

ばけたん2
http://www.strapya.com/products/27049.html

ばけたん RE:
http://www.strapya.com/products/155218.html

ユータンレーダー
http://www.strapya.com/products/17384.html


洞窟官能もといっ洞窟観音怖かったっすか。
確かにみらさんの言うとおりお経の周波数のせいでまなさんの松果体も反応してしまったのかも。
ワタスはここ2~3年ぐらいからあのお経の音が心地よく聞えるようになってきますた。
観音系なのかなあ(笑)。

先日のパワすぽ巡りでは妖気アンテナ全然反応してませんでした。
が、しかし、なぜか帰りの電車の中で凄い反応がありました。久しぶりに帽子かぶってても痛くなるくらいの強さで。
大宮八幡からのお礼だったのかもしれませんね(笑)。

キャバレーの動画を貼るなら from みら(E.Nミスランディア)

 最後にライザ・ミネリのキャバレーも載せないとww。

 こんにちはマティックスさん(^^)ノ。こないだはお疲れ様でした。
 なかなか興味深い映像ですね。でも確かにちょっと怖いかも(笑)。合う人にとっては落ち着きのあるいい場所だと思いますが、合わないと具合が悪くなるかも~。とりあえず、観音筋の方は大丈夫でしょう。
 って、こんな強烈な場所に比べたら、こないだのパワスポ巡りなぞ、ただの散歩に見えます…(泣)。マティックスさんの妖気アンテナも沈黙しっぱなしでしたしぃ~(´・ω・`)。

 まなさん、お元気でしたか?

 徳明園の動画、松果体が反応したのは、お経の周波数の影響もあったかも知れませんね。あの音は聞いているうちにトリップ出来そうな音ですね。

 今この間のパワスポ巡りの話を少しずつ書き進めてます。他にもやることがいっぱいで、なかなか進みませんが、気長に待っててちょう。
 あと、こちらのブログに私のブログのリンクが貼ってあるのをついこの間知りましたw。ありがとうございます(あ、遅いって?w)。
 この間のパワスポ巡りに同行してくださったTERUさんのブログのタイトルを教えて下さいなw。見ようと思ったのに、タイトルが分からなくて飛べない(笑)。後、この間マティックスさんがお持ち下さった心霊ガイガーカウンターの名前も教えてちょ(忘れちゃった汗)。みけーらが欲しいと言い出しまして…w。
 最後に。マティックスさんもこの間のパワスポ巡りの記事書いてくださいよ~(笑)。

Re: 翁自身の救いへの願い from マティックス

まなさん、こんばんは。
ちょっと怖かったかな。でもとても興味深い場所でしたよ。
この隣にのらくろの作者、田河水泡さんの展示物がある記念館があります。
春は桜、秋は紅葉が綺麗なとてもいい場所です。

明治大正昭和へ駆け抜けた山田徳蔵翁。
日本の近代化と共に事業を成功させたその裏で苦しさにあえぐ人々の姿に山田徳蔵翁の心は動かされたのだと思います。
仏像のそれぞれが苦しさや苦悩から人々を解放し、邪気を払い、仏の救いに委ねるその純粋なる願いがこの洞窟に込められていると感じました。
しかし、それは山田徳蔵翁自身の不安や恐れに対してでもあり、作った本人が実は最も救われたがっていたのかもしれません。

山田徳蔵翁が自分自身の影の部分を抱きとめることができたのかどうかはわからないけれど、
出口付近にある観音様の笑顔に地獄からの極楽への救いの光がみえました。合掌

強烈なアンカリング! from まな

徳明園の映像、松果体がきゅうっと握り潰される感じがして
半分も見られませんでした。

内部の観音像の顔立ちは皆とても綺麗。
でも、感情体が切り取られたかのよう。
そして 意識を解放せず、ここに凝集させる。
シヴァのエネルギーってこんな感じ?

同じダークサイドの磁場でも
新宿の「稲荷鬼王神社」は
底まで スコンと抜けててOPEN!

トロイアを掘る(彫る繋がりかいっ?!)
シュリーマンが好きだったけど
経済レベルは違っても 人的豊饒があるように思います。

山田徳蔵翁は 果たして
地上の生命の最後に ご自身は
地獄の底蓋を打ち破られたのでしょうかね。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/137-f4e7be5d