音-Oto Baion (前編:倍音)

バナナマン - ドレミの歌ゲーム
http://youtu.be/-qEk3BcXk8g



♪ドはドーナツのド、ミ!
ミ~はみんなのミ~

あっ?間違えたぁ~。

皆様、こんにちは。
更新が開いてしまいますたね。気がつけばクリスマスはあっという間に過ぎ去り大晦日へ突入しそうです。
もう既にマヤ暦の終末などとっくに通り越してしまいましたね。
何もないにこしたことはありません。晴れやかに新しい年をお祝いしたい気分です。

さて、今年最後の記事は""、その中でも今回は"倍音"そして次回来年の初めはある周波数について書いてみようと思いまつ。

ワタス達が毎日何気に聞いている"音"。発している"音"。
この"音"に何らかの秘密があってワタス達の世界を構成している鍵が隠れている??
もしかしたらピアノ音の調律士がやっているように自分の意識無意識の音も自由に調律できるとしたら。。
ワタス達を取り巻く外の世界が少し変わっていくのかもしれない。少し前からなんとなくそう感じていたのですた。
"音"の世界の不思議をちょっとだけ覗いてみましょう。


さて、まず"音"の定義からみてまいりましょう。

"音"とは空気などの圧力変化が人間の耳などに伝わったとき、それが音として知覚されることをいいます。
簡単に言いますと"音"とは空気の振動。空気を伝わる振動のこと。
圧力の変化が振動になりますのでそれが周期を持った場合には、"高さ"として知覚されるそうです。
その周期的な振動の単位時間あたりの数を周波数と呼び、1秒間に何回振動したかによって表され「ヘルツHz」という単位で表されます。

音というのは、一つの音として聞える場合でも実は複数の音が含まれているのだそうです。
"倍音"とはそれらさまざまな音によって作られる音色を構成するもの。
本来の音(周波数の最も低い音)を基音と呼びその他の音を倍音といいます。

この"倍音"は大きく二つに分けることができるそうです。
一つは、"整数次倍音"。
これは少し前までこれのみを倍音と呼んでいたそうです。
基音の整数倍の振動数を持つ音。

もう一つは"非整数次倍音"。
これは整数倍以外の何かしらの不規則な振動により生起する倍音のことをいいます。

この二つの倍音は、とても興味深い。
人の声にも倍音を強く持つ方がおられます。
たとえば、"整数次倍音"を強く持つ方で代表的な歌手は、浜崎あゆみ、B'zの稲葉浩志、郷ひろみなど。
"整数次倍音"の特徴は、カリスマ性を感じる音。この領域の音は超高周波と呼ばれる高次音までの範囲が可能となります。
その領域の音を聞いておりますとα波や抗ストレス・ホルモン、免疫機能向上ホルモンを脳内で分泌することがわかっております。
気持ちが良くなり、癒されリラックスしてきますので当然その発音している対象に対し好意を持つ。
それがカリスマ性を感じさせることに繋がってくるようです。

一方"非整数次倍音"はと申しますと、自然を思い起こさせたり、
情緒性や親密性を感じさせたりするようなまた日本においては「重要である」という意味を伝えるような音です。
これは、自然の音が"非整数次倍音"で出来ていることに起因しているようです。
日本人は生活の中に四季折々の自然の要素を取り入れそれが情緒を育て独特な文化を生んできた民族であります。
この音を日本人が聞くとそれを自分の中に取り込もうという脳内の処理が働くようになっているそうです。
日本人の独特な脳の使い方がこの音を「重要である」と感じさせるようになっているようです。
"非整数次倍音"を強く持っている有名人には、歌手の森進一、宇多田ヒカル、政治家の小泉純一郎などがいます。
親近感がわき、これは重要だと思わせる音それが"非整数次倍音"の特徴です。

この"整数次倍音"と"非整数次倍音"ですが、両方うまく使いこなせている方が存在します。
そりは、愛燦々と~♪の美空ひばり、また政治家では田中角栄などの大物が実はその場その場にあった種類の倍音を使いこなせていたのです。

う~ん、驚いたっすねえ。
ワタス達はコロリと騙されていた・・ぴー!(あっ妨害音が・・(笑))。


日本人の脳の働きをもう少し解説いたしますと。

西欧人が言語やそれに似たものを聞いた時は左脳で反応しそれ以外は右脳で処理しているに対し日本人は西洋楽器音、機械音、雑音が右脳でそれ以外は全て左脳で処理しているそうです。つまり、日本人は言語・邦楽器音を含む自然界にある音は全て左脳で反応し人工的な音は右脳で反応している。

これは例えば、西欧人の脳が音楽と感情は左右別々の脳で処理しているのに対し、日本人のそれが和歌や俳句、浪曲、義太夫に代表されるように音と感情が一体になって左脳で一緒に処理している。そんな独特な脳の使い方をしているのだそうです。それは日本が豊かな自然風土に恵まれ、そこで発展してきた独特な文化によって"非整数次倍音"を情緒的にとらえてきた日本人ならではの音に対する感覚なのでありましょう。

それではここで浪曲などお楽しみくださいまし。

【浪曲舞台】 国本武春 【忠臣蔵~赤垣源蔵①】
http://youtu.be/ycT-0PlGdaY



え?長かったですか?
ハハハ、まあたまには"非整数次倍音"などを聞いて情緒柔らかくするのもええもんだすよ。

さて、ここまで中村明一著「倍音 音・ことば・身体の文化誌」から参考にさせて頂きました。


ここからは、ワタスの倍音に対するとんでも的な考察をさせて頂きたいと思いまつ。

これはまだワタス自身データが少ないのでなんともいえない部分もあるのですが、こないだ終了したシドニーおちんさんの講義を受けていて思ったことです。

"思い"とか"共感"とか"感情"とか"協調"もある種の倍音を持っているのではなかろうかと。
それは音として聞えないのだけれど、人の心の周波数が聞えない音を確かに発していると感じるのです
(つまりこれは聞えない"非整数次倍音"なのかもしれません。)。
さらにそれが複数人集まるととてつもないエネルギーをワタス達に与えるのではないでしょうか。

おちんさんがコメントで最後にこう言ってくれますた。

「ネットってすごいんだな。

バーチャルがリアルを引っ張りだしてくる。

実相というのだろうか。

不思議な時空が、人の思いでネットの中に作られると、ちゃんとそれはリアライズされるんだね。

リアル世界にその時空が降りてくるような。

夜が降りて来るという言葉があるけど、まさに時空が降りて来る、そんな感じを味わうことがでけますた。

こんな不思議なこと、これまで経験したことがなかった。 」おちんさんコメントより。

ワタス達の一人一人の感動を伴う感情が繋がるときにとてつもない事が起こり出す可能性が高い。
つまり心の音が倍音となり、合わさりうねりだすとこの時空自体が変化するのではないでしょうか。

その時、ワタス達がみる世界は昨日みていた世界よりもずっとずっと明るくなっているかもしれません。
感動は一人もいいけれど多ければ多いほうがいい。来年はいろんな人といっぱ~い感動したいです(鬼が笑うかな、あは)。



今年も当ブログへお越し頂き本当にありがとうございます。

来年も皆様にとって良い年になりますようお祈りしております。

今年最後は倍音ヴォイスで有名な音妃さんで 「 旅人の唄 」 。

音妃 otohime 「 旅人の唄 」 pv(高画質)
http://youtu.be/oOKtQkAGxZw


遥かな道を行こう。


皆様良いお年を。

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金
スポンサーサイト

 コメント

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 来年もよろしくです。 from マティックス

みらさん、どうもどうも。
こちらこそお世話になりますた。

お茶会も預言カフェも不思議パワスポ巡りもとっても楽しかったです。
来年もお茶会是非やりましょうね。
ワガママは言えるうちは言ってもええのかもしれませんよ(笑)。

そうですねえ、おちん庵に行くのにはいろいろ準備がいりますね。
ワタスはまず体を鍛えることにしますたよ。
それとサバイバル術を身に着ける。
おちん庵は野営キャンプ場というイメージがワタスにはあるので
キャンプ場を経営しているマキオカさんのところでそのうち教えてもらおうかなあと思っています(笑)。

といっても旅費も貯めないとね。あは。

みらさん、良いお年を。
来年もヨロシクです。

マティックス

Re: ミュエルさんありがとう~! from マティックス

ミュエルさん、どんもどんも。

いや~12月21日は、何もなかったですねえ。
と思うておったらワタスの知り合いの間で霊感が強くなったという人続出しておりますて。
ミュエルさんはどうですか?
シンクロ現象はもしかしたら起こりやすくなってきたのかもしれませんよ。

さて、バナナマンのドレミの歌ゲーム。
よかったす~、楽しんでもらって。
ワタスはこれできないのですよ。
みんな上げ基調になってしまう(笑)。

大晦日はいろいろ予定があったのですが、
こんなときにタイミング悪くワタスの持病の扁桃炎になってしまいますた。
う~体重い、喉痛い~と最悪。
でお医者さんに行ったら来年7日までお休みですと。

こらー!医者休み過ぎじゃ~ボケ~!というてもしょうもないので、
休日専用の医療センターがあるというので行ってみますた。

(@_@)/
びっくらこいたっす!もの凄い人の数。
野戦病院のようになっていた光景に少し怒りがこみ上げてきますた。
寒い時期に病気になる人が多くてこんだけ人が来るんだからなんか医療体制ももうちょっと考えて欲しいなあとお母さんに抱えられた小さな女の子をみながら思いますた。
たぶんあの女の子も2~3時間くらい待たねば診察されないでしょう。なんかやりきれない。

いろいろ考えさせられた2012年の大晦日でした。

来年は周波数のお話が最初になると思います。
お楽しみに。ピーヒャラララ(笑)。

ミュエルさん、良いお年を。
来年もよろしくお願いします。

マティックス

年末のご挨拶 from みら(E.Nミスランディア)

 マティックスさんども~!
今年はお世話になりましたm(__)m。なんかマティックスさんには、ワタスのワガママを相当聞いて頂いた気が…(汗)。
 預言カフェに始まって、不思議パワースポット巡りやなんか、付き合って下さって感謝です。
 来年は…ワガママ言わないようにします(笑)。
 来年は…パスポート作ります!(高いけどw)おちん庵にいつでも行ける様に…。




それより旅費を貯めないと!ww。

とにかく、来年もよろしくい願いします(笑)。

音おもしろいな~。 from ミュエル

マティックスさん、2012もたくさんのおもしろい、興味深いことをおせーてくだすってありがとうございますた。いつも知らないことばかりなので、へぇ~そうなの~って感心してます。
12月21日も何かを期待していたのか過ぎ去ってみて微妙な平穏を感じるだけで、終わっちゃったな~ってちょっとだけがっくりきて疲れてます。
でももう次へと始まっているんですよね。
そんな時にバナナマンのドレミの歌ゲームを見て笑えました~。
たくさん笑って楽しく過ごせるのが一番っすよね。
マティックスさん、楽しーお年をお迎えください。
来年の周波数のお話も楽しみにしてま~す。

Re: 611さんありがとうです! from マティックス

どもども611さん、ありがとうございます。
そうなんですよ。
これはちょっと前におちんさんにも言われたんですが、
書いた記事と読んだ方の状況とがなぜかシンクロしてきているそうな。。
最近お互いに各自の音を拾いやすくなっているのかもしれませんね。
凄く不思議です。

611さんは海外にお住まいなんですね。
いや~ごめんなさい。日本国内の情報をお知らせしてしまいますた。
どうもすんませんでした。
でも何気にボム・サムが611さんのご実家のすぐ横でお茶会やっていたなんて、思わずお茶吹いてしまいますた(笑)。
とても素朴な方のようですよ。ワタスの友人の友人が昔アラスカでボム・サムとお会いしたそうです。
ワタスも一度お会いしてクリンギット族の踊りを一緒に踊ってみたいなあ(笑)。

「心、技、体」は中村天風の師匠であるチベットの聖者カリアッパ師が修行時に天風に教えた事のようです。
ただカリアッパ師がオリジナルではないかもしれないですね。
昔から求道者の間で言われていることなのかもしれません。
"中村天風"は凄く面白いですよ。書かれている本がチャキチャキの江戸弁なんで読んでいると笑ってしまいます。
お薦めです。元鬼上司さんもたぶん読んでいたのかな(笑)。

>ところで、気になったのは「多種多様な心の波動に触れて学ぶ 」ということ。
>それに対してマティックスさんは実生活の中で、どのような工夫をなされているのかしら?

工夫といいましょうかなんといいましょうか、おちんさんの未来の変え方で出てきた過去の自分を救出とちょこっと似ているのですが、
こんなことをやっております。

日常にある小さな出来事でもその会話から人の感情の動きがわかると思いますが、
会話を直接的に受け取りがちになることを少し抑えてその人が話す会話やその感情の背景を少し考えてみることがレイヤー1
さらにそれを感じて自分がどう思ったかをもうちょっと考えてみることがレイヤー2
(もしこの時点で自分が傷ついてしまっていたなら自分を十分に癒してあげてください)
最後にそのことは過去の自分のどの記憶から来ているのかをちと考えてみることがレイヤー3

必ずしもレイヤー3まで考える必要はなく、自分の状況に応じてやれれば良いと思います。
各レイヤーの最後にこう心の中で言ってみます。「○○○を認識した」とか「○○○がわかった」というように。
一番最後に「ありがとう」で結びます。

ってなことをワタス今年の秋ぐらいからやってますた。
何が起こったかといいますと以前より嫌だと思う人に会う確率が減りました。
さらに自分の心が穏やかに思えるようになりますた。
同じ時期におちんさんの講義が始まったので過去の自分救出の課題ではとても興味深かったです。
やはりシンクロしていたのかな。

ということで参考にならなかったらごめんなさいね。

611さんお体に気をつけて。
良いお年を。

マティックス

霊感の高いサンタさんへ♡ from 611

年末年始でご多忙の最中、またしてもたいへん丁寧なレスポンスをありがとうございます♡(感涙)

「"思い"とか"共感"とか"感情"とか"協調"もある種の倍音を持っているのではなかろうかと。
それは音として聞えないのだけれど、人の心の周波数が聞えない音を確かに発していると感じるのです」

という、マティックスさんならではの思慮深い考察には圧巻……!

私もおちんさんの課題をやりながら、ずっと不思議に思っていたんです。あとで時間があるときに書こうと思っていたコメントが、数時間後には必ず何方かによって書かれていたから!(◎_◎;)

マティックスさん自身も課題を手掛けていたはずなのに、どうしたらそんなに物事を俯瞰できるのかしら…?!さすが、私のサンタさん♡ やはり空から鳥瞰できるのですね☆(キラーン)

今年最後を締めくくるにふさわしい、プロデューサー、あるいはジャーナリストとしての才覚すら感じさせる、充実の内容だと思いました(^_−)−☆

時に、私の場合は大抵、女の子のお友達に疑念を抱かれたとき、不協和音のようなものを確かにキャッチするんです。それを今までは、怨念とか生霊などと、呼んでおりましたが(笑)。音楽が大好きな私♡ マティックスさんのように音や不協和音として捉えたら、なんだか気持ちがスッとした☆ 物事って視点の置き場所でこんなにも変わるものなのですね。

またしても、マティックスさんに救われちゃった♡ありがとう、ありがとう*\(^o^)/*

そして、マティックスさんオススメの本や解説にURLまで、ご丁寧にありがとうございましたヽ(;▽;)ノうぅ…その慈愛の深さには毎度、敬服。お礼の言葉に窮する次第。

ボブ・サム氏、ネットで調べてみたら、なんとうちの実家のすぐ横で過去、お茶会を行っているじゃありませんか……!

過去、エコロジー関連のお仕事にも少し携わっていた私。故星野道夫氏や「地球交響曲(ガイヤシンフォニー)」について最近、よく耳にしていたんです。やはり、人の何気ない会話には意味があるものですね…。

とはいえ、敬愛するマティックスさんのオススメ☆ということで、いま初めて興味が湧いたのだから仕方がないよね(笑)。海外在住なので帰国の際は必ず、「地球交響曲(ガイヤシンフォニー)第三番」を観に行こうと思います♡

そして、私が度肝を抜かれたフレーズは、「心、技、体」((((;゚Д゚)))))))

近頃、星一徹のごとき鬼、いいえ、元上司から何度もいただいた格言が、どうしても思い出せず、私はもんもんとしていたのです。そんな折、うちの母がその元上司をTVで観た、というから余計にもんもん。しかし、マティックスさんのレスポンスによって、それだ!と。「心、技、体」だとクリアーに思い出すことができたのです……!

マティックスさんの霊感って特筆ものでは…?!もしかして私の倍音が聞こえたのかしら?(笑)

お陰さまで謎が解けてスッキリ♡
そして、「心、技、体」のオリジナルは中村天風氏なんですね!なんだかその方についても調べたくなってきました♡ 本当にありがとうございます。

ところで、気になったのは「多種多様な心の波動に触れて学ぶ 」ということ。それに対してマティックスさんは実生活の中で、どのような工夫をなされているのかしら?お手すきのときで結構ですので、ご教授いただけたら幸いです。

では、素敵な年末年始をお過ごしくださいませ☆

Re: リリーさんいらっしゃい! from マティックス

リリーさん、ありがとうございます。
2012年12月21日は無事過ぎましたねえ。
何にもないにこしたことはないのですが、一方でな~んだ何もねえでないかいなんて声が聞えてきそうですね(笑)。
まあ平和が一番、電話は二番、3時のおやつはワシが食う(食うな~)。

さて、その日を過ぎて変わったこと。。
もしかしたらワタス、霊感が強くなってきているかもしれません。
今日友人達とカラオケに行ったのですが、
ワタスが歌うときだけ画面が途中で切れぎみになる不思議現象が頻発しておりますた。
昔いた会社の社長も霊感が強い人で電気製品がバッツンバッツン切れるのです。
当人はケロっとしているのであまり気にはしなかったのですが、今思えば、ななんか似ている。。

一体どどうなるんだー(そんもん知らんがなって言われそ)。
来年へ続く。。なーんつて。


来年もどうぞよろしくお願い致します。

リリーさん良いお年を。

実に興味深い! from リリー

マティックスさん、こんばんは!

「整数次倍音」「非整数次倍音」って言葉、初めて聞きました。
「音」=「振動」って興味深いですよね。
「エネルギー」=「振動」というのもとても腑に落ちます。

2012年12月21日も無事に(?)過ぎ、
その日から実はエネルギーが(?)変わったという
実しやかな声もありますが。。。。
どうなのでしょうか????
私は特に何も感じていないのですが。。v-356

今年もあと4日を残すのみとなりました(早っ!v-356
来年はもっともっと時が早く過ぎるんだろうなぁ~v-388

来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎え下さいv-531v-457

Re: なななんと! from マティックス

おお、そうです。音といえばみらさん!

そうか音叉って医療器具だったのですね。
そういえば似たような器具をお医者さんが使っているのをみたことがありまっす。
その音叉。

なななんと!
聖音オーム136,10Hz

その音って。。

赤ちゃんがお母さんのお腹にいるときに聞く初めての音。
お寺の鐘の音。
宇宙飛行士が宇宙で聞いた音。
素潜りで有名なジャック・マイヨールが水深100mの海の底で聞えた音。
アーメンの元になっている音。
ラーメンは夜食うと時空のおっさんがやってくるってこと?(んなワケない)

その音に合わせて瞑想すると凄くいいかもしれませんね。
次回やってみたいです。
お茶会とても楽しみです。

そうそうばけたん2最近出していなかったので捜しておきますね(笑)
最近一時帰国した友人がおみやげにばけたんシリーズを買っていって向こうで結構受けたらしいですぞ。(^_^)/

音と言えば…! from みら(E.Nミスランディア)

 ワタス!ワタスに決まってるでしょ!



 などと叫んでおります、空気の読めないミスランディアでございますm(__)m。いやいや、冗談冗談ww。
 いいとこ来ましたね!音とはなんぞや?面白いことを知っとりまっせ!アポロンと言えば何のカミサマ?

 実は彼はヘリオスと2身合体して太陽神になる以前は音楽、予言、狩猟、医療の神様でした。
 実はこれらの分野には、ある共通点があるのです。まず音楽(竪琴)、狩猟(弓)。この二つは弦を振動させて使います。そしてこれが医療にも関係してきます。振動です。音叉です。
 今でこそ音叉は楽器の調律に使うものとされていますが、元々は医療の道具でした。そう、音叉とは本来人の身体を調整するためのものだったのです。
 今年の3月に私はO先生のところで音叉の授業を受けて来ました。そして、人が地球の聖音オームに同期するための音叉を手に入れて来ました。

Earth Year 136,10Hz

 地球の一年というものです。地球の一年の周波数を出す音叉です。いいッスよぉこれw。
 今度のお茶会の時に持って行きますね!地球の振動を体験しませう!他にも太陽や冥王星、プラトン年などの周波数を振動させる音叉もあるんですよ、私まだ持ってないけど。

だ~か~ら

マティックスさんはばけたん2を持って来てね♡

続き楽しみにしてまっすw(^^)ノシ。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/149-f1edf755