音-Oto 528Hz(後編:528Hz)

遅ればせながら、2013年、皆様あけましておめでとうございます。

 2012年マヤ暦騒動も終わりましてあとは一体何が出てくるんだろうと不埒な期待に胸を膨らましておったのはワタスだけではなかったようで(笑)、年末、そんな既外さん達とバカ騒ぎしてバチが当たったのか大晦日に扁桃炎&風邪をこじらせて寝正月となりさらにインフルエンザに発展していまいました。悪い子には大したお年玉もつけてくれたようです(笑)。でもおかげさまでようやく回復できました。

 さて、2013年の最初は昨年からの続き"音"について今回は528Hzの周波数について書こうと思います。"528Hz"、この周波数については、少し前からいろいろ言われておりまして関係する本もだされております。
 本日は昨年話題になったレオナルド・G・ホロウィッツ著「ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz」を主に参考にしながら進めてみたいと思いまつ。

せば。


"A=440Hz"
すべてはこの基音からはじまる。


 A(ラの音)を440Hzにしようと初めて決められたのは1834年シュトゥットガルト会議からでありますが、その後、1859年のパリ会議、1885年のウィーン会議の時は440Hzではなく、A(ラの音)は435Hzでありました。1939年のロンドン会議で再び440Hzと決議されて現在に至るのであります。

rock-1.gif

 この背後にはロックフェラー財団が大きく関与しているとレオナルド・G・ホロウィッツ氏は指摘します。驚くことにロックフェラー財団の文献には、軍事/医学/石油化学/製薬カルテルが、戦争や大衆洗脳、群衆コントロールに有効な振動周波数を生み出す音やテクノロジーを求めて音響科学に注目し、財団がこれに関与したことがはっきりと記されているそうである。

つまり、この"A=440Hz"が制定されたことにより、大衆を先導する周波数音を流しやすい状態になったのでありましょうか。


ここで音楽コードのことがよくわからない方は何故A=ラなの?と疑問をお持ちになると思いますたのでアルファベットとドレミの関係を表してみますた。
こりです。

C :ド
C#:ド#
D :レ 
D#:レ#
E :ミ
F :ファ 
F#:ファ#
G :ソ
G#:ソ#
A :ラ
A#:ラ#
B :シ
C :ド
C#:ド#

このように決められているそうな(たぶんアルファベットは後付のような気がしますね)。

じゃなぜA=ラを440Hzと決めたの?といいますと
これはなんちゃって言い伝えによりますと赤ちゃんの鳴き声の音なのだそうです。

ええ~!

でも過去435Hzだった時もあるじゃないの、と突っ込みを入れられそうなのですが、そんなことは世界のロックフェラー財団さまが440Hzでええのっ!と一声かければああた、即決まりでやんしょう。

440Hzはねえ、赤ちゃんと同じ周波数なんだよ~とこういえば世の中もなんとなく納得するかもしれませんが、そもそも赤ちゃんの泣き声の周波数と基音と何の関係があるのか不明ですし、赤ちゃんの泣き声が本当に440Hzなのかよくわかっておりません。



"A=440Hz"
この周波数が人を狂わせるのか?それとも?


renon-1.gif

 ションレノンを殺したマーク・ディビット・チャップマンは、犯行当時ある種の催眠状態であったとジャーナリストのフェントン・ブレスラーがその著書で明らかにしている。チャップマンを洗脳し催眠状態にした背後背景についてはいまだ憶測の域を出ないが、ジョンレノンは狙われるだけの事を行なっていたとホロウィッツ氏は語る。

ジョンレノンは、昔からA=440Hzの危険性に気がついており、チューニングもA=440HzからA=444Hzに調律した音楽を演奏していたそうだ。A=444HzにするとC(ド)の音が528Hzに近い音になることからこの周波数音の素晴らしさを実感していたに違いないという。彼が目指していた「恍惚のリスニング」は、528Hzに達したときに共鳴しやすいということに気がついたのだろう。528Hzが人間を覚醒させる可能性をジョンレノンは既に知っていた。。528Hzを知られてはいけない勢力によって彼は殺された。。ホロウィッツ氏はそう主張する。


"A=440Hz"って音叉の音を聞いてみるとなんとなくせっつかれるような音に聞えます。(そういう意味では赤ちゃんの鳴き声の周波数という説はまんざらでもない気はしますが。。)

なんか"早く早く"とか"もっともっと"というように。せわしなく余裕がなくなるような感じの音。。
現代の人間はこの周波数にのせられて日々暮らしているのだなあと感じました。

ジョンレノンはその先には幸せはないと感じていたのではないでしょうか。
C(ド)=528Hzは、お寺の鐘の音のようなゆったりと体に響く音。この音は急がないし、ゆったりとして安心できる音に聞えます。この音が人間にとってもの凄い効力のある音になるそうなのですが。。



"ソルフェジオ周波数"=ヘキサコード

seiyohane-1.gif

ソルフェジオ周波数ってご存知でしょうか。
最近にわかに注目されてきて知っている方も多いと思いますが、聖ヨハネへの賛美歌などに代表されるグレゴリア聖歌に見られる音階、それがソルフェジオ周波数といいます。

(グレゴリア聖歌とは主に9世紀から10世紀にかけて、西欧から中欧のフランク人の居住地域で発展し、後に改変を受けながら伝承した。教皇グレゴリウス1世が編纂したと広く信じられたが、現在ではカロリング朝にローマとガリアの聖歌を統合したものと考えられている。 Wikipedeaより

音階は十二音音階ではなく、ヘクサコルド(ヘキサコード)と呼ばれる六音音階が使用されています。この六音音階は世界各地の民族音楽で使われていることが多い音階なのだそうです。


「聖ヨハネ賛歌」の歌詞

Ut queant laxis  あなたの僕(しもべ)が
Resonare fibris  声をあげて
Mira gestorum   あなたの行いの奇跡を
Famuli tuorum   響かせることができるように
Solve polluti   私たちのけがれた唇から
Labii reatum    罪を拭い去ってください
Sancte Johannes  聖ヨハネ様

この歌詞の頭文字、Ut - Re - Mi - Fa - Sol - La が、そのまま音階となりそれぞれに意味を持っているのだそうです。

ド:Ut=396Hz (=9) (Ut quent laxis) 悲しみから喜びまで全ての劇的な感情
レ:Re=417Hz (=3) (Resonare fibris) 共鳴、大きな共振
ミ:Mi=528Hz (=6) (Mira gestorum) 既知の人間を超えた途方もない出来事、神聖な超自然的なもの。
ファ:Fa=639Hz (=9) (Famuli tuorum) 召使、従者
ソ:Sol=741Hz (=3) (Solve polluti) 謎やパズルを解く、解決策を導き出す
ラ:La=852Hz (=6) (Labii reatum) 逆向きの動きや傾向、唇に関連するもの、発音に唇の動きを伴う音

これに失われた3つの音階なる音が存在します。

  174 Hz (=3)
  285 Hz (=6)
シ:963 Hz (=9)(Sancte Johannes) すぐれた徳や慈悲を持つ人、一貫してメロディラインを繰り返していく楽曲
                  (後にこの音階だけ教会によって付け加えられました)

()の数字は何かといいますと。
周波数の音の数字を足してさらに足していった結果の数字です。
たとえば528Hzを例にしますと
5+2+8=15
1+5=6
こりはカバラの秘数術ですね。
こうしてみますとソルフェジオ周波数の音はすべて3か6か9のいずれかに相当します。

666ラーメン

この数字の並びは凄いですよ。
特に"6"は西洋では嫌われる数字ですが、どんでもハップン歩いて5フン。
"6"は調和や美、バランスを表す数字です。
ヨハネ黙示録の影響が強すぎて一般には不吉な数字だと思われていますが、666とは6が三つも並ぶのですからそりは一発大当たり!ジャンジャンバリバリ出しまっせ~ってなもんで。
実は666は奇跡な数字なのだそうです(笑)。そういえば駒沢の666ラーメンは旨いと評判のようだが。。(すいません関係ない話で)

もしこりが本当なら、じゃ本家「オーメン」のダミアンさんはどないなっちゅうの?
そりはああた、ダミアンさんはイルミさんの宣伝マンさんなのですよ。"6"を恐ろしくみさせて大衆の記憶に埋め込む役割があったのかも。
そ、そんな~オーメンもラーメンも実は同じちゅうことだったのか(う~わけがわからんて)。。

不思議な音と奇跡の数字の関係。世界各地の民族音楽で使われているのであればこれは明らかに我々への隠されたメッセージなのかもしれません。



"C=528Hz"
この周波数が人を覚醒させる可能性を持つ。


chakura-1.gif

人間の体の約60~70%は水である。
その水にある周波数を流すと水のクラスタは様々な結晶となる。

528Hzの周波数が古代からの数学&数値的、ピラミッドとΠ(パイ)との関係、宇宙的なデザインの結果と一致しているとホロウィッツ氏は語っております。(著書の内容は少々難解なのでここでは割愛させていただきます。)

その528Hzは、人間内部の水分と共振し6角環の結晶を作り出すといいます。
人々を癒し育む愛の聖音528Hz。人間の身体と精神を高い次元へと変容させるという周波数。
これが、ジョンレノンの目指していた「恍惚のリスニング」へと到る音。

音楽療法の先覚者であるマイケル・ウォルトン氏はチャクラと関連する純音と周波数を以下に示しております。

シ :B :(963) →サハスラーラ:紫
ラ :A :(852) →アージュナー・チャクラ:藍
(ソ# :G#:(417)) 
ソ :G :(396) →ヴィシュッダ・チャクラ:青
(ファ#:F#:(741)) 
ファ:F :(174) →アナーハタ・チャクラ:緑
ミ :E :(639) →マニプーラ・チャクラ:黄色
レ :D :(285) →スワーディシュターナ・チャクラ:オレンジ
ド :C :(528) →ムーラーダーラ・チャクラ:赤

瞑想や座禅中に各周波数音を流すのはとても効果的だそうです。


ホロウィッツ氏によりますとこの528Hzの振動は、
「フォノンと呼ばれる音の形で受け取り、これらの音をフォトンと呼ばれる光のエネルギー信号で伝達する。
これらのフォトンは増幅されたフォノンと同調してDNAの外へ伝達され、人体の組成も含めた有機物に影響を与える」となるようです。そして傷ついたDNAを修復するのだそうです。


ワタス達は自分の身体の中で起こっていること(本当にDNAを修復しているのかどうかは)はよくわからないですが、しかし、その音を聴いて気持ちよくなるとか心地いいとかいう音は、精神的にも身体的にも良い影響を与えてくれることはなんとなくわかるような感じがします。

ただ、この音を聴くと病気が治るとかアセンションできるとかはたまた放射線を取り除くとかいう類のものがあったらそれはほとんどニセモノであると思ったほうがいいでしょう。そのようなワーキングやスピリチュアルセッション的なものは年々増えていると思いますが、高額なお金を取るようなものには十分に気をつけてくださいまし。

お金をかけなくても聴いていて気分がよくなるもの、ほっとするもの、気分を高揚させてくれるものが精神や身体をほぐし健康に良い影響を与えてくれるのであれば、ワタス達の日常もちょっとだけ良い方向へ向っているそんなイメージを持つのもいいのかもしれません。

では528Hzって一体どんな音なのか実際に聴いてみましょう。




"528Hz"を聴いてみる。

YouTubeにはソルフェジオ周波数の各周波数音の動画がアップロードされております。
ただ、知人に聞くとこれらの周波数音はあまりよくないそうです。
またあるものにはその周波数ではない音もあるそうです。

でも確かめようもないのですよ。
顔の見えない世界の誰かが584Hzの周波数音だといってアップした動画ですから。
もし、もしですよ。
その動画がA=440Hzのままのものであったり、意図的に741Hzと586Hzを同時に鳴らすと起こる不協和音=デビルス・トーンと呼ばれる悪魔の音が混じっていたとしたら。。
癒しを得るどころか精神をやられてしまいます。

う~ん、確かめようがない? いや、ありました。

判断する方法が。

その動画や音楽・音を猫や犬などに聴かせて騒がないようでしたらOK、騒ぐようでしたらNO。
子供に聴いてもらうのも一つの手段かもしれません(子供をインコにするのかと叱られそうですが。。)。
子供のうちは感覚が鋭いのでその音が良いのか悪いのか本能的に判断がつくと思います。

でもまあ、まずはご自分の感覚に頼るのがいいのかもしれません。


下記はホロウィッツ氏らが運営しているホームページです。528Hzの音楽を聴くことができます。
自分の持っている音楽を528Hzに変換したり、ライブラリにあるアルバムをダウンロード(寄付がいります)したりもできるようです。
いずれも登録制です。
http://www.528records.com/

528Hzの音楽を流しているラジオ番組もやっています(こちらは登録なしで可)。
http://528records.com/radio/main_station



ワタスが推奨する528Hzの音楽を紹介してこの音の回を終りにしたいと思いまつ。

新潟在住の素敵な無名ピアニスト、いすぽんさんで「はじまり」。


はじまり A=444(C=528) (作曲・ピアノ:いすぽん)
http://youtu.be/7H2LU--jscg


いすぽんさんの曲はどれも情緒的で心の奥にずーんと響きます。


今宵はこの辺で。
皆様今年も良い年でありますように。


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。


clikc_bokin.png


おまけがあります。
ハニワくんをクリック
おまけ

いすぽんさんの曲をあと2曲ほど載せておきます。


ゆるすこと( C 528 = A 444 )
http://youtu.be/3MD6LR_moI8



私の恋 A=444Hz(C=528Hz)
http://youtu.be/_t_F7OaMwew



-- 追記2013年1月17日 ----------

このブログを訪れてくれたアーティスト エリス小田さんの作った528Hzの曲です。

528Hzってどうよ(爆)
http://youtu.be/FaFZb8KWuhw


エリス小田さんフェイスブックページ
https://www.facebook.com/erisu.ufufu

スポンサーサイト

 コメント

Re: ようこそ東京在住さん。 from マティックス

こんにちは。
ソルフェジオ周波数の組み合わせを教えて欲しいということですな。

たぶんですね、危険な周波数の741HzのF#だけ気をつければええのだと思います。
といってもワタスもそんなに音楽の詳細なことは自信をもっていえることではないので、
実際に曲作りをしている人に聞いたほうが正確に教えてくれると思いまつ。

この記事の時にコメントをくださった小田エリスさんのブログをご紹介したいと思いまつ。

小田エリスのブログ ~ケセラセラ~
ttp://oda-erisu.seesaa.net/

彼女は何がなんだか知らないまま741Hzの曲を作ってしまったというツワモノです(笑)。
ブログにコメント欄がありますので彼女に聞いてみてください。
きっと丁寧に教えてくれると思います。

回してしまってすいませんです。
よろしくお願いします。

マティックス

ソルフェジオの和音について from 東京在住

はじめまして、音楽にはほとんど素人です、質問ですが、ソルフェジオ周波数の和音を作るとき、ソルフェジオ周波数の組み合わせを教えてくれませんか、3和音の場合、どの周波数とどの周波数などを組み合わせれば良い組み合わせになるとか、4和音の場合はどれとどれを組み合わせるといいとか、また、174ヘルツと285ヘルツは和音に組み込んでいいのでしょうか、大変申し訳ありませんがよろしくお願いします。音楽関係の基本書を読んだんですけど、よくわかりませんでした、本当にすいませんが、お願いします。

Re: たまさん、ようこそ当ブログへ from マティックス

ソルフェジオ周波数について情報ありがとうございます。
この小論文のなかでは書かれた方がわからなかったのですが、URLのパスから追っていって
作曲家の坂口博樹さんという方が書かれていることがわかりました。

これだけソルフェジオ周波数が猫もしゃくしも騒がれておりますからね。ホントかよ?ってことになりますよね。
真実を暴きたい気持ちよ~くわかります。

ワタスも科学的な証明大賛成です。科学的に証明された真実の本を誰か是非書いて欲しいと思います。


教えていただいた坂口さんの論文では、その前提条件で既にホロヴィッツさんの意見と食い違いが生じております。

この論文では、
A=440HzでCの音が528Hzになっているのですが、ホロヴィッツさんの言うことには、
A=444HzではじめてCの音が528Hzになると言っております。
そこからまず両者の意見に差があります。

ワタスは音楽の専門家でないので両者の真偽を確かめることができません。
ただ、音に関しては聞いて自分で感じることができます。
自分の感覚こそ全てではないかと思っています。

これは直接的には関係ないかもしれませんが、あるギタリストさんのブログのコメントにあった話なのですが、
そのギタリストさんが自分のギターである実験をしたらしいです。
鳴りの悪いギターをA=444Hzでチューニングし、鳴りの良いギターをA=440Hzでチューニングします。
C(528Hz)の和音をアルペジオしてみるとなんと鳴りの悪いギターのほうがキラキラした音が鳴ったそうです。
とても不思議だとコメントされておりました。

音というのは自分自身で感じる感覚こそ真であると思います。
528Hzといっても本当に528Hzの音なのかどうかわかりませんものね。

まずは自分で聞いて心地いい音やメロディこそ良い周波数だと思っております。

まあソルフェジオ周波数というネーミングだけで世の中怪しい商売をされている方々も多々いらっしゃいますから(笑)
そういうものに惑わされず自分に良い周波数の音に触れたいなあと日々思っています。

from たま

はじめまして

私はソルフェジオ周波数については、個人的には、あまり良い印象がありません。意図的に人類の覚醒を妨げる周波数が含まれているのではないかないでしょうか。そのことについては以下の記事が参考になると思います。



ソルフェジオ周波数の真実

ソルフェジオ周波数は古代の音階ではない!だれかによって最近考えられたもの! 528Hz と 396Hz は 440Hz から作られている! ソルフェジオ周波数はカバラ数秘術で作られている!


http://www.maroon.dti.ne.jp/marutai/Truth_of_Solfeggio_Frequencies.pdf

Re: 前橋でもそんなワークがあったとは! from マティックス

おお~!
前橋でもそんなワークセッションがあったのですね。
やっぱりチャクラとソルフェジオ音階&シンギングボールは流行りなのですねえ。
もし夜のセッションだったら完全に爆睡してたかも(笑)。シンギングボールの音はとても気持ちええのだすよ。

>私が子供の頃、ピアノとお習字は女子の当たり前のたしなみとしてみんな習ってたのでした。
ワタスの姉も習っていますたが。。早々と終了してますたっけ。
なんか時代の流行りだったのかもしれませんね。
子供に習い事をさせるのは大変なことですよね。
ワタスにもし今、子供がいたらサバイバル術を教えてくれる塾に通わせたいなあ(とワタスも一緒に習いたい(笑))。

>子ども達にあらためて528Hzきかせてみますた。
>気になる反応は?!ーーナッシング、、、
>うーん、うちの子どもら大丈夫だしょかーー。(新たな悩みが、、)
アハハハ。お腹痛いです~。
特に何もないということはOKなのではないでしょうか。
アンパンマンの歌をA=440Hz版とA=444Hz版とで比べて聴かせてみたいなあ。
なんかA=440Hzのほうがノリノリになりそな感じがしますよん(笑)。

from 幸

おぉー!
3/3にマティックスさんが怪しげ?!な会合にいくとのコメントを読んだとき
同じ日に前橋で528hzチューナー、ソルフェジオ音階チューナーとクリスタルによるチャクラワークを組み合わせたワークとかがあったみたいで、そこではクリスタルボールを使ったコンサートだったようで、
そう、んで、マティックスさんもそんなかんじのにいくんだなってピピピっっときてたのでした!あたらずしも遠からず、というかんじですねー!ずんどこファミリーやっぱ、つながってるぅ〜〜

私が子供の頃、ピアノとお習字は女子の当たり前のたしなみとしてみんな習ってたのでした。どっちも通知表が5だったくらいで他にはとくに良いこともなく、、今では譜面もろくに読めず、です〜〜はははは(乾いた笑い)。今自分が親になってみて、子供に習い事させるのすんごいお金かかるじゃん!ピアノなんて別にならわんでよろしっっ!となかば現実逃避してるかもしれません。。

子ども達にあらためて528Hzきかせてみますた。
気になる反応は?!ーーナッシング、、、
うーん、うちの子どもら大丈夫だしょかーー。(新たな悩みが、、)

Re: 528Hzざんまい from マティックス

3月4日ひな祭りおめでとございます。
雛祭りは本来巳の日に行なうものなのだそうですよ。
ということで今日3月4日が本当のひな祭り~おめでとーでござんす(こちらもおにぎりまん口調)。

幸さんはピアノ10年やってたんですか。
ワタスなんかより十分音楽家じゃあ~りませんか。
ワタス高校の時、姉のギター弾こうと思ってやってみたら痛くて絃を押さえられなくて断念しますた(あきらめるの早っ(笑))。
楽器や歌をやっていた人のほうが音に関してある種の勘が働くようです。

528Hzの音、最近またまた流行出しているようで、A=444Hzの音叉がよく売れているそうな(笑)。
エリスさんの528Hzの音は計測しながら作られた音なので品質バッチリですよ。
今度おちびちゃん達がテレビを観てない時に是非聞かせてみてください(どんな反応を示すのか興味あり)。


さて、昨日(3月3日)ワタスの知り合いが主催する怪しい人達の会合へ行ったのですが、
まさにその528Hzのシンギングボールの音をざんまいしてまいりますた。
チャクラに合わせた周波数のシンギングボールが用意されて上から順番に鳴らしていくのですが、
あらかじめOリングテストで自分のメインチャクラを調べておくとエネルギーがそこに入りやすくなるとのこと。

ちなみに528Hzのドの音は一番下の尾てい骨あたりのチャクラ。
ワタスのメインチャクラは額のアジュナセンター(A=852Hz,ラの音)ですた。


こりはとても気持ちが安らぎますな。
お薦めのヒーリングです。

やっときたぁぁーー!!! from 幸

あけましておめでとうございます〜〜
じゃないけど、まてっくすさんのこの528Hzの記事、
ようやく私のてんてんおつむにもどすっと入ってきてくれましたー!やりぃぃ〜〜!(おっそぉ〜〜〜!!!)
なんかで528Hzがでてきて、あぁれーマティックスさんとこでみたなーと思って読み返してみたら、やっと、なーーるほど〜〜〜と頭にしみいりやした。最初に見た時は、正月ぼけがひどかったのか、脳みそすどーりしていったかんじだったんですけど、私にゃー音楽のことわがんねっからってかんじだったのかしら。(ピアノ10年もならってたのによぅ〜)
聞いてみたい!と思ったら音源もばっちりあるし、
素敵過ぎ☆
エリスさんのおかげで528Hzの音もしっかり頭に入りました。
528Hz音楽いっぱいきけて頭スッキリざんす。
ありがとーでござんす。(おにぎりまん口調)
こどもたちにもきかせちゃろーっと思って、おっきな音で再生してやったら、テレビの音がきこえない!!って娘に怒られた。。母の心、子知らずザンス。。

Re: 載せていただきましてありがとうございます。 from マティックス

まとめ管理人さま

リンクに加えていただきましてありがとうございます。
とても嬉しいです(^_^)/。
このようなとんでもブログでも大丈夫でございますか(笑)。
今後ともよろしくお願い致します。

マティックス

NAVERまとめに追加させていただきました from まとめ管理人

よくまとまっているので、NAVERまとめ・ソルフェジオ周波数528Hz音楽 にリンクを追加しました!
ちょくちょく訪問者も来ると思いますのでご了承願います^^
http://matome.naver.jp/odai/2135248277040757901

エリスさん、ありがとうございます! from みら(E.Nミスランディア)

 詳しい解説嬉しいです!
お返事が遅くなりました。実は火曜日ライヴだったので立て込んでいました。
 私が528Hzの楽曲を作ってちょ~、とお願いしたゲーム音楽のコンポーサーさんは、グレゴリオ聖歌の理論的なこともご存知だったようで、”あれは複雑で難解なので、専門家に任せるのがいいでしょう←(要約=ごめん!無理)と言われてしまいましたが、このエリスさんの書き込みを読んで、先ほどまたわがままを言ってきましたww。←う~ん…しつこいヤツw。
 もしも作って下さったらお知らせしまっす(^^)ノシ。

Re: 感謝です~! from マティックス

エリスさん、詳しいご説明感謝いたします。
ありがとうございます。

>私の創り方は実はネットで無料のチューナーを
>ダウンロードして、パソコンとエレクトーンとつないで
>実際にチューナーの針が528Hzに振れるのを確認して
>創っています。

なるほど、これはまぎれもない528Hzの音ですね。
だから聴いていて不思議と心地いいなあと感じたのはこのC5音の528Hzが出ていたせいであったのですね。
なんかもう少し長く聴いてみたいなあと思ったりして(これで瞑想用の曲なんかあったらええなあ)。

ゲーム音楽で528Hzの曲があったらたぶん初ものになるかもしれませんね。
なんか凄い展開になってきた(笑)。

from エリス

みらさま!初めまして!
とても嬉しいコメント拝見いたしまして
とってもシアワセな気分でございます!
ありがとうございます♡

そして、マティックスさんがおっしゃるように
A=444でC5音(高い方のド)が直球528Hzです!

私の勘違いはA=444で高い方のミが直球528Hzと
あ~勘違いしてました(^_^;)

そして、最近気付いたことです。A=444
(C=528)で曲創りをされてる方は最近
少しずつ増えて来ていると思いますが、

もう少し厳密にいうと、A=444の調律で
曲創りの中で高い方のドを弾くと528Hzに
なりますが、ドだけの曲って?になりますよね?
なので、それにメロディをつけて曲を構成します。

そうすると、実際のところドが流れる時は
528Hzが流れるけど、、って言う話しなんです。

でも、ここでいうそれがヒーリング曲としての効果を
求めるのであればOKだと思います。

要は、イルミナティさんのA=440の陰謀から
目指せ!みんなで愛の528ハーモニーA=444
なので、それでOKだと思います。


そして、私の場合はヤマハのD-DECKという
エレクトーンなんですが、それで創っています。

エレクトーンの場合は上下鍵盤があって、それぞれ
違う音色で表現できます。聴いて頂いてわかったと
思いますが、ずっと鳴ってる音が実は高い方のド
つまり528Hzです。

私の創り方は実はネットで無料のチューナーを
ダウンロードして、パソコンとエレクトーンとつないで
実際にチューナーの針が528Hzに振れるのを確認して
創っています。

その目的は、身体にいい周波数音楽を創りたいからです。
ヒーリングよりもう少し踏み込んだところになると思います。

しかし、あくまでもリスニングであり治療という説明は
できません。

ゲーム音楽の世界も528で癒しの世界が広がれば
何だか夢のようですね!凄いですね!


スミマセン、マティックスさんコメント欄お借りしましたm(__)m


Re: 不思議な国からごんぬずば~ from マティックス

どもどもみらさん。

ホロウィッツ氏の本によりますと
Aの音を444Hzまたは443Hzに合わせるとCの音が528Hzになると書かれております。

エリスさんも最初そこのところを間違って作曲してしまったそうです(エリスさんのブログより)。
載せた曲はA=444HzでC音をベースにしていると思います。

エリスさんのブログ
URL:http://oda-erisu.seesaa.net/

ということでA=444Hzにチューニングしていくと良いと思います。

曲の作りかたは、エリスさんよろしくお願いします~♪(すいません勝手にふってしまいますて)

でも凄いなあ。528Hzがいろいろと広がりをみせておりますね。
(ワタスの友人の何人かも444Hzの音叉買いに行ったそうです(笑))

マティックスさん、エリスさん from みら(E.Nミスランディア)

 マティックスさんごんぬずぱ!エリスさん、初めまして。
528Hzの楽曲聴かせて頂きました。いや、とても頭がすっきりする感じで気に入りました!
 そこで一つ聞かせて下さい。この様に528Hzに規定して作曲する場合、A=528Hzに合わせるということでいいのでしょうか?というのも、動画を拝見した後、あるゲーム音楽の作曲者の方の音楽に非常に合いそうな気がして、その方に528Hzで作曲出来ないか、とお聞きしたのです。
 そうしましたら、”それはA=528Hzと規定すればいいということなの?”と質問されました(笑)。
 そういう訳で、528Hzの音楽を作成するにはどのような既定の仕方をすれば良いのか教えて頂けませんでしょうか?
 よろしくお願いしますm(__)m。

Re: エリスさん、どんもどんもです~。 from マティックス

例の本読み直していらっしゃるのですね。
ワタスもあの本を読んだ後、映画「インセプション」をもう一度を観ますた。
528号室の意味がようやくわかりますたよ(笑)。

エリスさんのブログおじゃまさせていただきますね。

これからも素晴らしい音楽創りに頑張ってください。
応援してます。

マティックス

きゃあ☆ from エリス

スミマセン、お気遣いありがとうございますm(__)m
ご紹介頂き嬉しいです♡

私も自分なりに例の本を改めて読み直してます(^_^;)
自分なりの見解ですが、ソルフェジオ周波数を少しだけ
理解できたような気がしています。

seesaaブログですが良かったら遊びに来て下さい!

これからも元気になる音楽創っていきます!

ありがとうございました!

Re: エリスさんありがと~う! from マティックス

エリスさんのYouTube動画、追記記事に載せときました。
なかなかよかったですよ。ワタスもすっきりしたような感じがしますた。

ネットラジオ +Art Friend+ 528Hz 頑張ってくださいね。

マティックス

再び参上m(__)m from エリス

厚かましくもYouTubeのアドレスを貼らせて
頂きました。不都合あれば削除願いますm(__)m

http://www.youtube.com/watch?v=FaFZb8KWuhw&feature=share&list=UUhQ8RcYIGJrFJ9sMWRjItEw

Re: エリスさん、ありがとうございます。 from マティックス

エリスさん、はじめまして。
ようこそ当ブログへ。

ホロウィッツさんのあの本は難しいというか論理の展開がいささか強引な印象をワタスは受けました。
本としては、題名が良かっただけに少々残念な気がいたします。
でも彼の言わんとしている事については大筋ですが、わかった感じがします(詳細は非常に難解ですよね(笑))。


エリスさんは作曲をされる方なのですね。
結構皆さん音楽と関わりのある方が多いのですね(ちょっとびっくりしとります)。
エリスさんはどんな曲を創られるんでしょう。
もしYouTubeなどで発表されたら是非教えてくださいまし。

お気に入りに登録していただき感謝です。
今後ともよろしくお願い致します。

マティックス

感動的でした! from エリス

初めまして!私も同じ本を読んでいますが
難しくてわからないところを飛ばして読むと
まったく意味ワカメで、凄くよくわかりやすくて
感動的でした!

実は自分も周波数の音楽を創っており
曖昧ミーで曲は創れないと思い、この本を
読んでいるのですが、、、いやあ~
本当に素晴らしい読解力です!

ちょっと2-3まだ疑問が残るのですが
どうもこの頭の悪さというか、、、
曖昧ミーで創った曲を人さまにご提供
できないと思い、、四苦八苦でございます><


ブログのお気に入りさせて頂きました!
これからも楽しみにしています!

Re: リリーさん、いらっしゃい! from マティックス

リリーさんどうもこんばんは。
お体大丈夫ですか。
肩凝りはいろんな病気の兆候だという人もいますので大事にしてください。
というワタスも大の肩凝り名人だす(笑)。

そうソルフェジオ周波数の音はすべて369の弥勒(みろく)です。
数字の3・6・9そして8は、パワーを持つ数字だといわれています。
うんこさん達はその数字を一般大衆には使わせない策略をほどこしてきました。

ジョンレノンがその辺を知っていたかどうかはわかりませんが、
イエローサブマリンあたりから彼やビートルズの演奏が変化してきているそうです。
きっと何かに気がついたのかもしれません。

今年もとんでももの炸裂しますよ(笑)。
よろしくお願いします。

マティックス

興味深いですね~! from リリー

マティックスさん、こんばんは。
年末からお正月にかけて体調不良で大変でしたねv-356
私も年末から元旦にかけて、なぜかものすごい肩凝りからくる頭痛で
新年早々頭痛薬が欠かせませんでしたv-388

>こうしてみますとソルフェジオ周波数の音はすべて
>3か6か9のいずれかに相当します。

弥勒(みろく)ですな?v-391
面白い!

ジョン・レノンが殺害されたとのニュースを聞いたあの日は本当にショックでした。
なぜか、「ああぁ、やられた!?」と感じました。

私はビートルズもジョン・レノン自身も特にそんなに好きというほどでは
なかったのですが、「イマジン」あたりの曲が好きでした。
息子さんのショーン君の子育てをしていたあたりに作った曲(?)は
本当に心がほんわかする音律でしたよね。

やはり「音」=「波動」で意味があるんですよね。。。

今年もいろいろな「不思議話」を聞かせて下さいね。
今年もよろしく~♪

Re: 遅ればせながらあけましておめでとうございます。 from マティックス

みらさん、今年もよろしくです。おかげさまで回復いたしました。
みらさんライブなのですね。頑張ってますね。

なんとみらさんは既に音叉ヒーリングをしておるのですね。
聖音オームの周波数音136.00Hzは、C=528HZの132.00Hzよりも若干高い周波数です。
このオームの周波数音は赤ちゃんがお母さんのお腹の中で聴く最初の音らしいですね。

コードがマイナーになったりメジャーになったりするのはその時の見えない導きなのかなあ。
今日はメジャーでいきなよとか今日はマイナーにしたほうがええよとかいうように(笑)。
今度のお茶会で是非持ってきてくださいまし。

一本13,000円かぁ。というと6本で7万5千円はまあまあなのかなあ(笑)。
なかなかチューナーって高いもんだすね。

マティックス

Re: ギャラリーオーナーさんありがとうございます。 from マティックス

ギャラリーオーナーさん、どうもです。

そうかギャラリーオーナーさんのところにはピアノが置いてあるんでしたね。

今日シンガーソングライターの村上ゆきさんのラジオ番組を聴いておりましたら、
今年は自分でピアノの調律をやってみたいとゆきさんが話しておったので演奏家の間でも
自分で調律したい人が増えているのかなと思いますた。

おおグルジェフやシュタイナーの本にも音について書かれてあったのですね。
やはり先人達もそこに着眼していたわけですね。

マティックス

あけましておめでとうございます。(^▽^) from みら(E.Nミスランディア)

 遅ればせながらですが(笑)。すんません、忙しくしてました。またライヴの予定なので。マティックスさん、体調は大丈夫ですか?ともあれ、今年もよろしくお願いしますです。
 ろっくふぇら~共が(色々とえしろん対策w)音を使って云々は、私も聞いたことがあります。何処まで本当かどうかはわかりませんが、確かに音(周波数)は全てのものに影響を与えていますので、あり得ないとも言えないでしょう。
 ところで、聖音AUM(アーメン、オウム)の周波数136,10Hzを瞑想の時に唱えると地球と同期出来るので、私も最近毎日やっていおりますが、その時自分にその周波数がなじむ様に対応している歌をハミングしています(ゼルダの伝説~時のオカリナより、「時の神殿」=私の場合)。
 んが!最近気づいたんですが、その時の体調や気分によって、その音に合わせたコードがメジャーになったり、マイナーになったりするんです!
 こりゃ、びっくりでしたわ!どうしてもマイナー!どうやってもマイナー!っていう時があるんですよ!
 やる時は音叉をハートに当てて行います。まずハート。それからかくチャクラに当てて行き、最後にもう一度ハートに当てて終わります。
 音叉136,10Hz。聖音AUM。Earth Year。どの音叉を使ってよいか分からない時はこれから始めるといいですよ(^^)。
 ちなみにイシスで扱っているのはドイツ製で、一本¥13,000だすw。

from ギャラリーオーナー

面白い記事をありがとうございます。グルジェフやシュタイナーの本に音の事が書いてありずっと気になっていたのですっきりしました。調律を他人任せにできないなあと思っております。

Re: でめちんさんようこそ。 from マティックス

でめちんさん、あけましておめでとうございます。
どうもありがとです~。

ソルフェジオ音階のチューナーってあの6本入りのものですすよねえ。
結構いいお値段ですなあ。
別のどこかのサイトでみたんですが、9本入りでその半分ぐらいの値段のものがありましたよ。
こちらはインド製のようでした。
やっぱ国産だと高いみたいです。本当はご自分が聞いてみて納得できるのを購入できればいいのですけどね。

はじめまして from でめちん

明けますて、おめでとうござります。
このソルフェジオ音階、ず〜っと気になっていて、一時期色々なブログに書かれていたのを読んでいたのですが、イマイチわかんなくて、でも、今回のマティックスさんので、しっくりきました、ありがとうござんす。
占星術で有名なおじさまが、この528Hzの記事を書いていて、チューナーを作って、しまいにはソルフェジオ音階のチューナーまで作り、欲しいなと思っていたのですが、どんなもんでしょうね。結構なお値段なんで。。。

Re: おお、UFOさんあけましておめでとうございます。 from マティックス

UFOさんどうもありがとうござます。
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。

UFOさんにとって良い年となりますように。

from UFO

マティックスさん。
遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

Re: ASAGINさんいらっぺしゃい! from マティックス

ASAGINさん、どうもありがとうございます。
ちょっと長かったけど勘弁してチョ~ね(笑)。
これからもヨロシクです。

マティックス

from ASAGIN

すげーおもしろかったです<(_ _*)>

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/150-6e992ddc