空へ ~OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―より

夏の終わり。


ちょいと切ない感じがまたいい。
この時期に聴くこの曲がワタスは大好きです。


夏の終わりのハーモニー / 井上陽水・安全地帯
http://youtu.be/QfVRsTVPP6w




皆様こんにちは。
なななんと9月になってしまいますた。
早いですねえ。あと今年も4ケ月ですよ。
ちまたでは9月~10月に巨大地震説が飛び交っておりますが、またか。。なんて思わないでいつ何時何かがあってもいいような体制に備えておいてくださいまし。

備えあれば憂いなし。ですな。

2013年残り4ケ月皆様無事でありますように。



さて、本日はちといつもと違うテーマを扱ってみようと思いまつ。
先日、東京千代田区3331 Arts Chiyodaメインギャラリーで行われていた展示会へ行ってきました。

Open Sky3.0

これなんだと思いますか?

新しいパソコンOS?

違います。


ヒントはこれです。


[ Trailer(PV) ] NAUSICAA : Warriors of the Wind - Special preview -
http://youtu.be/rjWxj1uf3Lo



風の谷のナウシカ。
このナウシカが乗っていた小型飛行機。メーヴェといいます。


--- Wikiさんから転載 ----------------------

mowe-1.gif

メーヴェとはアニメーション映画および漫画『風の谷のナウシカ』に登場する架空の飛行用装置。
メーヴェ (Mowe) はドイツ語で「カモメ」を意味する。作品中ではナウシカの主な移動手段として活用された。

メーヴェはかつて存在した工業大国エフタルで用いられた一人または二人用の軽量飛行装置で、一般的に用いられていた移動手段である。ナウシカの時代においては、「風使い」の重要な乗り物となる。
エンジンを備えているが、風の流れなどを利用して滑空する方法が基本で、その推進力は上昇や高速飛行時のみに使われる。そのため、特性はモーターパラグライダーに近い。劇中では「凧」とも表現されており、ナウシカは「ガンシップは風を斬り裂くけど、メーヴェは風にのるのだもの」と述べている。


作品で確認できる限り大きさは全幅約5m、全長約1m、全高約1mほど。色は白。機体中央の上面に操縦者がつかまるための逆U字型の手すりが2つ付いており、漫画版では「操縦把」と呼ばれている。乗るときは操縦把を持っての立ち乗りか、操縦把の根元付近を握り、間に架かっているベルトを胸のあたりに当て、
体を水平に保つ。劇中では操縦把が折れた際、一時的にベルトで代用していたことがあるが、操縦に大きな影響はなかったようである。左右の翼後縁にはエルロン・フラップのような可動翼をそなえている。翼は折り畳み可能で、貨物艇バージの翼の中に収納することができる。
ロマンアルバム「風の谷のナウシカ」に掲載されているラフスケッチには重さ12kgと書かれており、人間の手で持ち上げることができる。劇中で、蟲達を静めるために光球(ひかりだま)という閃光弾の一種を散布する事ができライフルと「風使いの杖」を収納する場所がある。


機体中央部に噴気の反動で推力を発生するエンジンを積み、発進や加速、高速飛行時に使用する。飛行中の再点火、急加速も可能。 作中では、作動時に機体後方から噴出する青い炎を確認する事ができる。エンジンの製造技術は失われているので、残存する少数のエンジンが代々の風使いに受け継がれている。ナウシカの乗るメーヴェの点火スイッチは、胴体後部にある収納式のペダル。
劇中でトルメキアの大型船が風の谷に墜落し、現れた蟲を腐海に逃がすために発進する際には、急激な垂直離陸をしており、この時は、通常のメインエンジンに加えて機首下面からも青白い排気炎が生じている。

--- 転載終了----------------------------


これを参考にした飛行機を実際に作って飛ばそうというプロジェクト、それがOpenSkyプロジェクトです。


えっ?!え、えぇぇぇ!

マジすか?

そんなことできるすか?

できるかできないかやってみなければわからない。


夢を夢だけで終わらせない。

誰もがバカだと思うことを本気でやってみる大人がいますた。

東京藝術大学先端芸術表現科 准教授の八谷和彦氏は、
2003年から"メーヴェ"を参考にした小型飛行機の製作プロジェクトを立ち上げました。


hatiyakazuhiko-1.gif

八谷和彦(はちや・かずひこ)
メディア・アーティスト

1966年4月18日(発明の日)生まれの発明系アーティスト。
九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)卒業。コンサルティング会社勤務後(株)PetWORKs を設立。現在にいたる。
作品に《視聴覚交換マシン》や《ポストペット》などのコミュニケーション・ツールや、ジェットエンジン付きスケートボード《エアボード》やパーソナルフライトシステム《オープンスカイ》などがあり、作品は機能をもった装置であることが多い。また、311震災以後は「ガイガーカウンターミーティング」などサイエンス・コミュニケーション系の活動もちらほら。
2010年10月より東京藝術大学 先端芸術表現科 准教授。



東京藝大の先端芸術表現科って今年2月に記事にしたあの鬼こんか~い!のお姉さんがいたところですね。

う~む、ここは変な奴が多い。。もといっ!独創的な方々が多くいらっしゃるつうことかなあ(笑)。



この先生が10年前からメーヴェの機体デザインを参考にした小型飛行機を製作しようと試行錯誤を繰り返してようやく昨年ぐらいからジェットエンジンを積んだタイプの開発までこぎつけたそうです。

本当にここまでが長かった。


この型の1つ前のグライダータイプのデモ機を製作しても実際に飛ぶかどうか最初はドキドキもんだったのでしょうね。

2008年10月に金沢でグライダータイプの公開テストフライトをしたときの映像をどんぞ。

OpenSky kanazawa Test Flight 2008 10.4
http://youtu.be/Rg9lQR-XsrE




どうですか?
なんかワクワクしませんか?

ワタス、なんかわからないけどニヤっとなってしまいます。
そうそう、あの森の木琴の動画をみたときと同じ感覚です。

森の木琴


なんつーか、無意識に応援したくなってしまうこの気持ちはどうしてなんだろう。



opensky-010.gif


八谷和彦 個展「OpenSky 3.0 ―欲しかった飛行機、作ってみた―」
http://hachiya.3331.jp/

日程:2013年7月13日(土)~ 9月16日(月・祝)
休場:日毎週火曜日、夏期休暇(8月13日~16日)
時間:12:00~19:00(最終入場18:30)
会場:3331 Arts Chiyodaメインギャラリー
入場料:大人500円、大学生・高校生300円、中学生以下無料
主催:3331 Arts Chiyoda
協賛:ArcheAge
後援:千代田区
特別協力:大人の科学マガジン
協力:株式会社ペットワークス、無人島プロダクション、なつのロケット団、SNS株式会社、インターステラテクノロジズ株式会社、株式会社植松電機、株式会社セキグチ、有限会社オリンポス、金沢21世紀美術館

同時開催:「すすめ!なつのロケット団」


大きな地図で見る


opensky-020.gif


で、行ってまいりました3331 Arts Chiyodaへ。


opensky-100.gif

どどーんとM-02J(ジェットエンジン搭載型)、M-02(グライダー型)が展示されていますた。

opensky-101.gif

opensky-102.gif


そもそも現在の日本では、ジェット飛行機なるものは小型機といえども国産されていないらしい。

映画「風立ちぬ」の中で出てきた第二次世界大戦時世界最強であった零式戦闘機を創った国としてはなんともお恥ずかしい限りであります。まあ敗戦国の宿命というのでしょうか。やはりいろんなところでアメリカさんの圧力がかかってきたのだすね。でもそろそろそれも終わりにしたいですね。これは飛行機に限らず、すべてにおいて。

M-02Jは、本物のジェットエンジン付きです。驚くなかれ、このジェットエンジンも独自開発なのです。なんと八谷氏は、世界征服をたくらむ謎の組織"なつのロケット団"の団員でもあります。

なんとおまえはショッカーかっ!

どうもマジにそうらしい(笑)。

"なつのロケット団"とは自分たちの手でしかも格安で宇宙へ行こうを合言葉に日夜技術を磨き手作りのロケット開発をしている団体です。なもんでロケットエンジンの開発も手作りで進められています。会場ではロケットエンジンのテストで炎上する光景を撮ったビデオも流れております。

その試行錯誤で得られた高い技術力がM-02Jのジェットエンジンにも使われているのです。

opensky-103.gif

会場では飛行シュミレーションが体験できます(ただし体重制限あり。ふん!乗れなかったよぉ~!)。

opensky-104.gif

人形くんがご挨拶。

どんもどんも。






八谷氏の言葉。

「ニコニコ技術部やMakerムーブメントのように”大人げない大人が本気を出して作ったもの”がおもしろい」

そのチャレンジを見守るワタス達もおもしろいなあと感じます。

無邪気な好奇心が躍るこの気持ちの先に意外と明るい未来があるんじゃなかろうか。。そうワタスは感じております。

本心というか純心というかそこが喜ぶととても気持ちがいい。単純でシンプルなんですがとても深いことのような気がしております。


行ってみたいな。。空へ


OpenSky2.0
http://youtu.be/ITjsttPGCx8



OpenSky3.0 trailer
http://youtu.be/KC6oYYSxqio








おおっと!ワタス、高所恐怖症だったぁぁぁ!






ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金




スポンサーサイト

 コメント

Re:みらさん、こんにちは。 from マティックス

どもども。記事の更新が遅れております。
そういえば、こないだFC2さんから記事の更新は1週間ぐらいを目安に!なんていうメールがきますた。
えっ?!FC2さんワタスのメール読んでるの?
と自動メールにおバカな妄想を重ねております。

さて、紹介してくれた動画みますたよ。凄いですねえ!
鷲に小型カメラを装着して撮った映像。
あんな感じで自由自在に空を飛べたらいいなあ。

ちょっとOpen Skyのメーヴェ型飛行機ではジェットエンジンが重すぎて課題がありそうです。
鷲の域までは達するにはまだまだ全然ですけどね。
でも首振りならすぐできるかも(あっ、可愛くないか(笑))。

>マティックスさん、こないだ震災時の被害想定ランクが発表されましたが、足立区がかなりヤバイっす!逃げてぇ~~~~~~!

そそそ、足立区ってもともと沼とか海だったんで地盤がかなり悪いそうな。
でも地下を掘るとしょっぱい温泉が出て体にもすんごいええのんです。ちなみに北綾瀬から少し行ったところに"明神の湯"という温泉施設があってよく通ってます。
って住んでるとこバレバレじゃないですかぁ~(笑)。

最近引っ越しを考えてるんです。
ちょっと隣の県へ行くと2Kのアパートでなななんと4万円ですと。
凄いなあ。これで自営で生計がたてられるのであればマジに考えるなあ。

>あ、そうそう。今日大宮八幡宮に行って来たんですよ(^^)。今日もとってもいい感じでした。
>私はあの手水場が一番好き~?。あそこを自分んちの一部にした~い(笑)。

大宮八幡宮は、とてもいい氣が流れていますよね。
鳥が多いのもそのためでしょうか。
鳥と小人。。う~む関係があるのかないのか。鳥に乗っている小人がもしいたら教えてくれた動画のような感じなんでしょうね(乗ってみたいが高所恐怖症だぞい)。

こんばんわ~!(^^)ノ from みら(E.Nミスランディア)

 マティックスさんどうも。その後いかがお過ごしですか?(笑)
 メーヴェってカモメという意味だったんですね!でもよく見ると、あまり飛行には向かないスタイルかもしれませんねぇ。そう言えばこんな画像がFBで回って来ました。

http://www.edisproduction.de/2013/09/18/marvelous-flying-eagle-point-of-view/

猛禽…かわいい…(♡▽♡)。

飛びながら方向を確かめる様に、首を動かす鷲が可愛いですw。

 マティックスさん、こないだ震災時の被害想定ランクが発表されましたが、足立区がかなりヤバイっす!逃げてぇ~~~~~~!

 ほんとにヤヴァイそうなので対策を考えて下さいな。お願いしますよぉ~。

 あ、そうそう。今日大宮八幡宮に行って来たんですよ(^^)。今日もとってもいい感じでした。
 私はあの手水場が一番好き~♡。あそこを自分んちの一部にした~い(笑)。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/167-9e747e0e