牛教-前編

皆様、こんにちは。
台風来るぞぉ、皆様十分気をつけてくださいね。

ハッピーハロウィ~ン!

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA - HALLOWEEN PARTY
http://youtu.be/uzmpJCkqde8



もう一つ。


これがハロウィン (ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)
http://youtu.be/WwHAq2E7fkM



えっ、疲れたすか?
ハロウィンって結構ハイテンションだすよね。
ままま、休んで休んで。


さて、かぼちゃさんパーティーことハロウィンが近づいたので、本日はちと怖いもの系を扱ってみたいと思いまつ。
で、本日はオチはありませんのでご了承を。

えっー?!

そんなぁ~、おちおち眠れないぜぇぇぇ~?


やめて。。

そんな誘惑には、の、のらないのだぁ(くぅ~~オチつけたいよぉ~)。

まあまあ、落ち着こ。
つうか、本日の記事はワタスの頭の整理のためみたいなものなのでご存じの方はちーと我慢しておくんなさいまし。

せば、いってみませう。
という前にすいませんが"続きをクリック"のハニワくんを押して中へ入ってから本日はすすめたいと思いまつ。

なんでかって?

今日の記事はぐるぐるさんの検索にひっかかるとちとヤバイっすからねえ(笑)。


さささ、中へお入りくださいませ。
ハニワくんをクリック
↓↓↓
ようこそ、かぼちゃさんのパーティ会場へ。なーつて。


皆様、ハロウィンのもともとの意味はご存知ですか?

ハロウィンというのは、古代ケルトの宗教ドルイド教の儀式であったそうな。

釧路キリスト福音館の牧師さんのブログから参考になるものがありましたので載せてみます。

山形牧師の部屋ブログ『「ハロウィン」と「原発」』より転載
http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/?eid=1582541

--- 転載開始 ----------------------------

このドルイド教の大きな祭りが
ハロウィーンの起源と
されているのです。

オカルト関係者の間では
10月31日の
その祭りは
偶像神の名前を使って
「サムハイン」とも
呼ばれているようです。

かつて
ハロウィーンの日に,
ドルイド僧と信者たちは,
城から城,農奴から農奴へ

”トリック オア トリート”と
言いながら
渡り歩いたそうです。

ドルイド僧たちが城で要求する
”トリート”とは
その城の王妃か他の女性
の生贄だったそうです。

”トリート”が
ドルイド僧の気にいると,
彼らは,人間の脂肪で作った蝋燭が
灯されている
「ジャックオ ランターン」を置いて
行ったそうです。

それは悪霊に
捧げられた
いけにえに免じて
その城のその他の
内部の人間が
その夜殺されるのを
防ぐと見なされたようです。

ドルイド僧の要求が
彼らの気に入ったもので
答えられないと
どうなるかというと,
Hex(Hexagram)が
入り口のドアに書か
れたそうです。

これが”トリック”であって,
その夜,サタンと彼の悪霊たちが
その城の誰かを
恐怖の内に殺すと
信じられていたのです。

アメリカから帰国する日本人の方々は,
最近,ハロウィーンの日に
子供が多数殺されるので,
次第にやめられている報告を
しているようです。
(注:生贄儀式は
ハロウィーンの前日に行なわれるそうです。
通常は女性が生贄になるそうです。
悪魔崇拝者の中では
生贄になることは大変栄誉あることと
になされるそうで
本当に
とんでもないことです・・・。

ですから
Trick or Treatとは、
お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ。
といって
子どもたちが
ご褒美をもらうほほえましい習慣です・・・
という類の
話しは
表向きの宣伝で

真似事でも
しないようにしましょう!

hallowween-101.gif

欧米では
そのようにして
玄関先で
お菓子をもらった子どもたちの
お菓子の中に毒物や
鉛、覚醒剤などが
混入されてしまい
食した子どもたちが
大変な悲劇に
見舞われるということが
報告されているほどです。

かぼちゃを
くり貫いて
おっかない表情の
お面をかぶって
歩くというならわしも

「悪霊除け」の
儀式だというふうに
日本では
教えられる事が
あり

「魔よけ」なら
節分と
変らないからいいじゃないか
と楽天的に
微笑む方が
いらっしゃるかもしれませんが

とてつもなく危険です。

実際は
いけにえの
動物や
子どもや女性の
頭蓋骨を
用いてしまう例さえも
報告されているのです。

ハロウィン

収穫感謝祭だよ~
「悪霊除け」のお祭だよ~
(秋田のなまはげのように)
などとという宣伝をして
商業ベースで
ハロウィングッズを
売る方々が
おられますが

きっと
その裏に隠された
恐ろしい意味を知ったら
賢明な店長さんは

商品を取り除くに
違いありません。

ハロウインは

「悪霊」を除く祭ではなくて
「悪霊」を招きこんじゃう祭

なのですから
皆さん、本当に
気をつけましょう。
とてつもなく危険です。

--- 転載終了 ------------------------

生贄になることは、大変名誉なことなのだそうですが、儀式の後には食われてしまうそうな(人肉スープとして皆にふるまわられ、血のワインと一緒に食されるそうです)。

ひゃー!

ガクガク、ブルブル・・


そんな恐ろしいお祭りがハロウィンの正体だったとは。

あながち映画「ハロウィン」はフィクションだけの話ではなかったのですな。

ちなみに生贄の儀式はハロウィンの前日に行われるらしい(前夜祭ということですな)。

生贄はほとんど女性か子供となるそうですが、最近まで実際に超エリートの世界で秘密裏に行われていたというのですからサタニストになる人達もマジに命がけなんですねえ(って感心している場合か)。


しかし、このサタニストのサタンという言葉。。

実をいうとこれは人によって作られた一つの概念であると思っています。

おおっと、先を急ぎすぎますた。
ゆっくりと参りましょう。せば。



usi-eiga-1.gif

先日、散歩ついでに近所のビデオ屋さんにぶらっと立ち寄ったのですが、1本のある作品に目が止まりました。
日本題名「ワールド・コード 陰謀の支配者たち」日本語題名センスなし、カバーのデザインも最悪です。
オリジナル題名は「The Conspiracy (2012)」オリジナルのままのほうが題名もカバーデザインも格段にセンスがいい。

で、この映画今流行のドキュメンタリー風フィクションの映画なのですが、なかなかどうしてカメラワークもシナリオもしっかりしていて面白い。

ストーリーは、あるドキュメンタリー映画製作をする2人のお兄さんがおりまして、ある日、町の中で「911は奴らの陰謀だ!」と叫んでいる太っちょのおじさんと出会います。

面白がってインタビューしてみると、うんこさんたちがらみの陰謀論を次々に語り、皆に知らせてくれと訴えかけます。それから数日後、そのおじさんは忽然と姿を消してしまいます。2人は、太っちょのおじさんのアパートへ行ってみますが、部屋はもぬけの殻状態でおじさんの姿はどこにもありません。ただ壁に貼ってあった切り抜いた新聞のスクラップ記事は床に散乱しておりました。

彼らはそれをすべて持ち帰り、おじさんがしていたように壁に貼り、そこからあるキーワードを探し出し、あるWebサイトの記事にたどり着きます。そしてその記事を書いた人物とコンタクトをとり秘密インタビューに成功するのですが。。

その人物とは異留味菜茶や自由なソーメンのような秘密組織にいる人物でありました。その人物から組織の集まりが近いうちにあるとの情報を聞き出し、2人は潜入することを決めたのでした。

あとは観てのお楽しみ。

THE CONSPIRACY Movie Trailer (Horror - 2013)
http://youtu.be/a9_Q05w_CG8


で、驚いたのは、えっ!いいの?ここまで情報出してということなのでした。
もちろんここでは映画の中だけで終わっていますが、映画に出てくる秘密組織が異留味菜茶やソーメンを連想させるには十分ですし、それがミトラ教と深い繋がりを持っているなんて昔であればかなりタブーであった事だと思うのですが、堂々と映画の中で情報公開しておるのです。


ミトラ教?!


全ての鍵はこの宗教が握っています。


Wekipediaより転載
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%A9%E6%95%99
--- 転載開始 ------------------------------------

mitorasu-1.gif

ミトラ教またはミスラス教(-きょう,英語:Mithraism)は、古代ローマで隆盛した、太陽神ミトラス(ミスラス)を主神とする密儀宗教である。

普通、ミトラス教は古代のインド・イランに共通するミスラ神(ミトラ)の信仰であったものが、ヘレニズムの文化交流によって地中海世界に入った後に形を変え、主にローマ帝国治下で紀元前1世紀より5世紀にかけて発展、大きな勢力を持つにいたったと考えられている。しかし、その起源や実体については不明な部分が多い。

近代になってフランツ・キュモン(en)が初めてミトラス教に関する総合的な研究を行い、ミトラス教の小アジア起源説を唱えたが、現在ではキュモンの学説は支持されていない。


ミトラス教は牡牛を屠るミトラス神を信仰する密儀宗教である。信者は下級層で、一部の例外を除けば主に男性で構成された。信者組織は7つの位階を持ち(大烏、花嫁、兵士、獅子、ペルシア人、太陽の使者、父)、入信には試練をともなう入信式があった。

ミトラス教はプルタルコスの「ポンペイウス伝」によって紀元前60年ごろにキリキアの海賊の宗教として存在したことが知られているが[1]、ローマ帝国で確認されるミトラス教遺跡はイランでは全く確認されていないため、2世紀頃までの発展史はほとんど明らかではない。いずれにせよ、ミトラス教は2世紀頃にローマ帝国内に現在知られているのとほぼ同じ姿で現れると、キリスト教の伸長にともなって衰退するまでの約300年間、その宗教形態をほとんど変化させることなく帝国の広範囲で信仰された。


--- 転載終了 -------------------------------------

この宗教はいろいろ謎が多いのです。

惑星や星の動きを読み取るホロスコープを持つ占星術。
牡牛や牡羊、そして人間の子供を焼くというおどろおどろしい生贄の儀式(これはアメリカ、ボヘミアングローブでのあの有名なルシュファー信仰儀式と似ています(つか同じなんだけど。。))。

キリスト教とよく似た部分が多く、もしかしたらこの宗教を模倣してキリスト教を創出したのかもしれないと考える人が多い。

いや、キリスト教というのは、その時代の宗教(ユダヤ教、ゾロアスター教など)を寄せ集めて、人間統治のために新しい価値観を作ろうとして出来たのではないか。。

ワタスはその説は正しいと思っています。


ミトラという人物は、宗教的な伝説や言い伝えをみていくとイエス=キリストと同じということになるらしい。つうことはミトラさんは神から使わされた救世主ということになるのでしょうか。

このミトラさんというのは、なにを隠そう天使の一人なのだそうです。天使名はアザゼル。ミトラ教には七大天使というものがおり、それぞれの天使が太陽系の惑星を表しているのだそうです。アザゼルさんは太陽。ミトラ教=太陽信仰というのはここから来ているようです。

実はこのアザゼルさん、ちと過去にやっちまったー問題を引き起こしておるのだそうです。


herumon-100.gif

それはむかしむかしのお話です。レバノンとシリアの国境にあるアンチレバノン山脈の最高峰、ヘルモン山(標高は2,814m)に約200名の天使達が降り立ち、そこの地元の女性たちを娶りやりたい放題やってしまったそうな。
で、子供まで作っちゃったそうで。。

い、いや~皆若かったんでつい手がでちまったんですぅ~(アザゼル談(ウソ))

その子供がなんと巨人。進撃の巨人!鎧の巨人!超大型巨人!エレン!なんとかしろ!
ってゆうてる場合じゃなかとっ。

その巨人たちは進撃の巨人よろしくこれまたやりたい放題でついには共食いまではじめおった。その模様は、天からみていた天使達によって逐次神様に報告されていました。そして、ついに神は怒りあの大洪水となるのであります。

その根本原因を作った約200名の天使のリーダーこそアザゼルさんでありました(本当はアザゼルさんは最後まで反対したのだそうです。しかし盟友シェミハザさんの事情を考えると引くに引けなくなってしまったそうで。。そういう意味ではアザゼルさんは人情派でいい天使さんなのかもしれませんね)。

で、アザゼルさんは堕天使の中の堕天使ということになってしまったそうです。

これらのお話は、旧約聖書外伝(異書とされています)であるエチオピア語版エノク書に書かれてあります(マジっす)。


さて、ここまでの話でなんとなく予想がついてきたのではないでしょうか。
つまり、アザゼルさんこそキリスト教でいうサタンの原型ではないかと。

ミトラ教では、この後アザゼルさんは孔雀王として大復活するのですが、復活するまでの堕天使の間、サタナエルと呼ばれるのです。

サタナエルという名前は、ヘブライ語で「敵対者」を意味する言葉ハ-サタンha-satanに由来しますが、この言葉は、悪として神に敵対するという意味ではなく、人間に試練を与えて試す者を意味しております。
これは、旧約聖書の世界でも同じような観点で描かれており、後の新約聖書の世界(キリスト教)でいう悪魔ではなかったのです。


と長くなりそうなのでここで一旦切りましょう。

ちなみにアザゼルさんはキリスト教ではサタンとは別の堕天使として描かれています。
これがアザゼルさん。

azazeru-1.gif


おお、やっぱり牛だっ!


後編へ続く



ハロウィン=悪魔さん祭りにちなんでこれはオマケ。

Fantasia, Night on Bald Mountain
http://youtu.be/gMmfaaiWMEs




ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金
スポンサーサイト

 コメント

Re:祝消火完了!いうてる場合じゃなかとぉ! from マティックス

> ♪~ジャカジャン~!(ティラティ~♪)ジャカジャン~(ティラティ~!ヒデキ登場)
みらさん、こんばんは。
オーストラリアの山火事ならぬ背中火事ですと、そりはかちかち山ではありませぬか。なんてゆーてる場合じゃなかとぉ。
大丈夫ですか。ワタスも昔、肺炎になったときは背中が痛かったっす。
無理せずお医者さんに行ってくださいましよ。

さて、ハロウィンあかんよの記事ですな。

実はこの牧師さんの語り口に注目して欲しかったんで載せました。
どこに注目して欲しかったのか。それは他教への攻撃と悪魔という存在への恐怖心を無意識にあおっている点です。
この牧師さんにも本当はわからないことなのかもしれないのですが、結果的にそれがキリスト教が今日まで歩んできた歴史的な特徴となってしまっている点ではないかと思うのです。

牧師さんはある意味洗脳された人ですからね。ニュートラルな見方は難しいのかもしれません。
それが歴史的に何年も続いてある勢力によって意図的な方向で使われているとしたら。。

おおっと、後編で書くことがなくなってしまいますわい(笑)。

死者の日いいですね。カボチャのケーキ分けて欲しい~。
ケーキ食べて温泉入ってゆっくりしたいっす~。
ローマ人も日本人も温泉好きだからね(映画テルマエロマネ面白かったっす)。


後編かみんぐすーん。待っててくださいまし。

体調不良だお(´;ω;`) from みら(E.Nミスランディア)

♪~ジャカジャン~!(ティラティ~♪)ジャカジャン~(ティラティ~!ヒデキ登場)

 ローr…(わし乱入「ローマ!」ww)

 
 マティックスさん、こんばんにゃ!今、塩谷七生さんのベストセラー「ローマ人の物語」ハマってしまい、頭ン中がローマ一色のみらですw。
 いやもう、カエサルすげぇ!彫像買ってきて、ウチの守り神にしようっと!(笑)。

 え~、先週の金曜日、背中で山火事(原因不明)が起こりまして、ちょとやそっとの消火活動では収まらなかったので背中に大量の保冷剤を投入w。まさに満身創痍(泣)。これを何度か繰り返し、やっと今朝方鎮火しました・・・。辛かったよう!
 毎年寒い時期になると、この手の火事(背中の筋肉の炎症)は2,3度くらいは起きるんですが、今回のは範囲も広く、厄介でしたよもう…。
 んで、やっと楽になったと思ったら、今度は胃が気持ち悪いです・・・原因不明です…。

 さてと、今回の記事、またまた続きが気になるの巻きぢゃないですか~!(笑)。みとらが太陽崇拝だというのはウチの大沼せんせーも話しておられましたが、ハロウィンの起源については・・・ねぇ…?ww。
 なんか、罰観ステマみたいな記事ですね(注・マティックスさんの記事のことではない。私は元々ガッチガチのユダヤ系キリスト教で育ったので、奴らの悪口を言ってもいいのだ!w)。元々イタリア辺りには死者の日というのがあったらしく、死者のために家々を回ってケーキを分けてもらう風習があったらしいです。勿論、ドルイドの儀式として燔祭を捧げる(牛や山羊)というのはあったそうですし、ガリヤ人(ケルト人の一部)は好戦的で野蛮な面もあったのですが…。

 キリスト教サイドとして、”ハロウィンは異教のお祭りなので参加するな”キャンペーンをしている宗派はありますし、許すにしてもあくまで遊びと認識しているそうです。
 なので!この記事を書いた牧師さんは、ハロウィンのネガティヴキャンペーンをしてるんですな、きっと(笑)。

 続き、楽しみにしてますぞww(^^)。

Re: 幸さん、いらっしゃい~!後編ガンバリまっす! from マティックス

ハッピーハロウィン、みんなのハロウィン♪
Trick or Treat
お菓子くれ~(笑)。

お子さん達とピューロランドへいかれたんですね。
キティちゃんもデビル姿になってたかな。

そういえば、猫って悪魔よりも妖怪や神様のほうに近い位置づけなんですよね。
それこそ魔よけなのかもしれません。ええところへ行ってきたじゃないですか(笑)。

進撃の巨人、テレビアニメのほうは終わってしまいましたね。
えっ?気持ち悪いけど続きはよせえですな(笑)。
ワタスも早く続きみたいデス。
漫画の進み具合が遅いので続編は来年の後半ぐらいかもしれません
(あのマンガをあそこまでのアニメにするのは至難の業だと思いますが)。

ワタスの記事のほうの後編はかみんぐすーん!

後編はやいとよっっいなぁ〜 from 幸

ハッピーハロウィン♪♪
先日、娘達とピューロランドへ。
ハッピーハロウィン、いぇい〜〜と楽しんできやした。。
仮装にお菓子で子ども達はウッキー♪な楽しいお祭りが。。
そしてそして進撃の巨人まででてくるとはっっ!
あれ、なんか気持ち悪いけど続き気になりますよね。
アニメへんなとこでおわっちゃったし。
作者さんはなんかいろいろ考えて書いてそうですよね。

進撃の巨人もまてっくすぶろぐも続きが気になるぞぅっっ!

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/170-2ae04fe1