2013年、年末のごあいさつ

皆様、こんにちは。
2013年もあとわずかですね。

2009年12月から始まったこのブログも丸4年が経ってしまいました。
最初はこんなに長く続くとは思っていませんでした。もともと玉蔵さんのブログ記事が読みたくてブロともになるために始めたのがきっかけだったのですが、ここに来て読んでくださる皆さんに背中を押されてここまで来れたようなものです。本当にありがとうございます。

記事の更新のタイミングが最近少々アバウトで開いてしまう時があるかもしれませんが、できる限りこれからも更新していこうと思っております。
が、しかし、ワタスも人間、いついかなる時にポックリ逝ってしまうかもしれませんし、はたまた宇宙人に拉致られて別の惑星へGO!な~んてことに遭遇するかもしれません(ないと思うけど)。

そんな時はある"しるし"を残していこうと思っています(そんな時間あるのかなあ)。
宇宙人に連れられてしまう時にはかに座のマーク"69"を記事のどこかに入れておきます。また異世界へちょいと行くようなときには"VALON"という文字を、勝手に旅に出てしまう時には"水戸黄門"という文字を何処かに入れておきましょう。

え?何故"水戸黄門"なの?って?
ハハハ、じ~んせい楽ばかり~♪じゃなかった、旅といえば水戸黄門。
よくわかりません。いつも旅行へ行くときは水戸黄門のテーマを鼻歌で歌ってるからかな(笑)。


昨年の今頃はマヤの予言で盛り上がってましたね。
2012年12月22日を過ぎた頃から2013年の終わりには世の中無事ではないんではないかな、と実はマジに思ってますた。
それは過去記事に書いたと思いますが、3日続きの悪夢をみたあの終末世界が訪れるのではないかという恐怖がワタスの心のどこかにあったのではないかと思います。

2010年3月7日記事「恐怖をも包み込む力」
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-15.html

でも本当のところ自分の内面世界が欲したこと。。こんな狂った世界、最初からやり直した方がいいというワタスの深いところにある闇の部分の望みなのかもしれないのですが。。
反面、普通に平和を望む心ももちろんあるのですが、どっちの自分をこの世界は選択するのだろうかと非常に興味深く見守ってきました。


そんな中で迎えた2013年。

でも何も起こらなかった。ロシアの隕石は大事に至らず、史上最大という太陽フレアの影響もほとんどなく、地球規模のクライシスはなんとか避けられた。もちろん地域的な台風、洪水、竜巻などの被害は甚大ではありましたが。。

ワタス達は無事な方向へ舵を切ったのでしょうか。
まだわからない。

今、中国や韓国との問題が拗れてこのまま行くと戦争へと流れて行きそうな道ができつつあります。
たぶん戦争を仕組む人々が大勢いてそのレールに乗っかっていくと第二次世界大戦の二の舞となるかもしれません。
内政の不満を外部へと転換し、戦争へと突入していくことは歴史的にみて人類は何度も経験してきたことなのにいっこうに学べないことなのかもしれない。


で、今年の最後に2つの動画を載せて締めたいと思います。

一つは終末世界を描いた"Valon"。
もう一つは、栗コーダカルテットの"シーベックシーモア"。


2014年はどんな世界になっていくのか。

馬刺しでも食べながらお正月考えてみるか(笑)。。



salyu feat ilmari - valon
http://youtu.be/WZVMhmKNGb0


世界は疑いの海から抜け出せていないと思わないで、はじめから歌いだせたら、その深さを測るメロディ♪

このフレーズが心に沁みます。



栗コーダカルテット シーベックシーモア
http://youtu.be/cbQiSIbP868


2014年の夏休みはこんな感じになるといいな。



今年もご精読頂きましてありがとうございました。
来年もまたどうぞよろしくお願い致します。

よいお年を。


ポチっとよろしくたのんます。

イーココロ!クリック募金


スポンサーサイト

 コメント

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/175-d9c2b43e