スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大道芸人

皆様、こんにちは。
2月22日は何の日だったのでしょう?
猫の日(ニャンニャンニャン)とか。

おでんの日(フーフーフー)とか(笑)。
おでん食ってますか?(食ってねえよって声が聞こえてきそう(笑))

昔は駄菓子屋さんになぜかおでん鍋が置いてあったもんですが、今はコンビニに置いてありますね。

ワタスはちくわぶとはんぺんが好きなのですが、この二つって他の地域ではあまりみかけないそうで、大阪の友人に言わせると、ちくわぶって昔ちくわが食えないから似せて作ったのがちくわぶだから邪道もいいところだとわけがわからない自論を熱く語ります。

この友人に言わせると関東のおでんはまるでなっていないそうでつ(笑)。

う~ん、小さい頃からこれを食ってきたもんで今更なっていないと言われてもなあ。。

おでんはそれぞれ地域特有のものがあるので、違っているところが面白いし、それぞれ美味しいではありませんか。
まあなんやかんやゆうてもその友人ちくわぶ食ってるしー、のんべえなんで酔っぱらってからのおでんの味なんてよくわからないもんね。。っていうとまた熱く語りだしそうだからこの辺にしておこう。



さて、本日は思いつくまま気の向くままに書いていこうと思いまつ。まとまらなかったらゴメンナサイ。

先日、上野公園を歩いていたらたくさんの大道芸人さんがそれぞれの芸ワザを披露しておりました。
大道芸って面白いですよね。

その大道芸に混じって怪しい商品を売っているお兄さんとかもいらっしゃって(笑)。
懐かしいなあと思ったのはジョニー人形。

皆さん知ってますか?ジョニー人形。
こりです。

銀座のジョニー
http://youtu.be/joCPD0zv8ac



えっ?!はじめてみるとな。
買ってって買ってって、ジョニー君今が買い時。ってワタス売り子じゃなかった。

こりなんで動くのか?

そりはひ・み・つ。公にバラすと危険が危ないかも。。なーつて。
ですが、この動画をみればちょっとはわかるかも。

タネも仕掛もありますよ!
http://youtu.be/uHRc5-btHzQ


なーんだ糸でつってるだけじゃんかって。

ちょ、ちょっと待ったぁ。
こういうものはですね。あえてダマされてあげるのがエチケットなんざんすよ(フフフ)。


barbala-10.gif

大道芸人といえば、ワタスが一押しする芸人さんが一人おります。
名前をバーバラ村田(こと村田朋未)さんといいます。
イギリス仕込みのパントマイム芸はクオリティが高いと評判で海外にも仕事に出かけるほどの実力の持ち主です。

2004年の6月、仕事で一緒になった女性がある大道芸人グループのマネージャーをしておりまして、そのグループが渋谷で他の大道芸人さん達も集めてお祭りをするというので行ってみたのです。

バーバラさんもその時に出演されていて初めてバーバラさんのステージを観ました。
パントマイム芸をするバーバラさんの姿に昔のサーカスを観たときのようななんだか胸がキュンとなるような気持ちになりました。

なんだろうこの気持ちは。とてもコミカルで面白くて優しくてでもちょっぴり切なくて。。

michi-10.gif

思い出したのは、フェデリコ・フェリーニ監督の名作「」という映画でした。

-- Wikipediaより転載 ------------------------------------

michi-11.gif

旅芸人のザンパノは芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。

道化の格好で芸をするジェルソミーナ。新しい生活にささやかな幸福さえ感じていたのだが、ザンパノの態度に嫌気が差し、街へと逃げていく。そこで陽気な綱渡り芸人イル・マット(ただし映画の邦訳では名前が出てこない)に出会う。ジェルソミーナはザンパノに連れ戻されるが、イル・マットのいるサーカス団に合流することになる。イル・マットはザンパノと古くからの知り合いらしく、何かとからかってザンパノを逆上させる。ある日、限界を超えたザンパノはナイフを持って追いかけるのだが、その行いで逮捕されてしまう。

イル・マットはサーカス団から追放され、ジェルソミーナに助言を与え去って行く。翌日、ジェルソミーナは釈放されたザンパノを迎え、2人だけで芸をする日々をすごした。しかし後日、ザンパノは故障した自動車を直す綱渡り芸人を見かける。仕返しする機会を待っていたザンパノは綱渡り芸人を撲殺する。

なきがらのそばから離れようとしないジェルソミーナは、綱渡り芸人の死に放心状態となった。ザンパノは、大道芸のアシスタントとして役に立たなくなったジェルソミーナを見捨て、居眠りしている彼女を置き去りにして去ってゆく。

数年の時が流れ、見知らぬ海辺の町に立ち寄ったザンパノは、耳慣れた歌を耳にした。ザンパノがたずねると、ジェルソミーナと思われる女が、しばらくその海岸を放浪していたが、誰にも省みられることなく死んでいったという。それはジェルソミーナがよくラッパで吹いていた曲だった。海岸にやってきたザンパノは、絶望的な孤独感に打ちのめされ、ひとり嗚咽を漏らすのだった。

-- 転載終了 --------------------------------------

この映画のジェルソミーナを思い出していました。小さくて愛嬌のあるジェルソミーナ。。でもとっても切ない。
彼女はザンバノにとって一緒にいてあたりまえの空気のような存在でありました。気を使うこともなく、大切に思ったことなど一度もない。

しかし、いなくなって初めて自分にとってかけがえのない存在であったことにザンパノは気が付くのです。

これって長年連れ添った夫婦間のことと似ているように思えるのですが、それだけではなく、たとえば会社の中とか知人友人の中とか家族とかで表に出ずに裏で地道に自分を支えてくれている影の存在のことを言っているような気がします。
普段は全く気が付かないのですが、実は自分にとって柱となってくれている人たち。
この映画を観てはっとしたことを思い出します。

誰かに支えられてまた自分も誰かを支えて、それで一人前の「」になっていくのかもしれません。

2004年は父親が闘病の末期でいろいろと大変だったのですが、様々な人達のお世話になりなんとか乗り切っていたこととダブッてバーバラさんのステージを観て自然と涙が出てしまいました。

あれから10年経とうとしています。
さてワタス少しは「人」になれたのかな(笑)。

バーバラさんの芸はさらに磨きがかかって今もなお現役の大道芸人です。

ちょっと長いけど動画載せておきます。


バーバラ村田さんの不思議な世界お楽しみください。

第36回 大須大道町人祭「バーバラ村田」キャバレーショー&ロミオとジュリエット
http://youtu.be/6umtDT-7h68




ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金



おまけ

ハニワくんをクリック
↓↓↓
------- ここからおまけ ----------------------



この兄ちゃんの大道芸とても面白いです。
お勧めです。


笑いと感動のジャグリング、大道芸人RYU #1☆スカイツリーソラマチ
http://youtu.be/l-lvVx-ksa0



笑いと感動のジャグリング、大道芸人RYU #2☆スカイツリーソラマチ
http://youtu.be/6eKRtTe2jKU



笑いと感動のジャグリング、大道芸人RYU #3☆Bon Jovi 「Someday
http://youtu.be/UJCgE23qajo




ありがとうございました。

スポンサーサイト

 コメント

Re: ありがとうございます! from マティックス

鍵コメの方に感謝。
コメントありがとうございます。

いつでも気軽に遊びに来てくださいまし。

記事のほうもう少し待っててくださいね。

マティックス

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:こんばんにゃ~! from マティックス

みらさん、こんばんにゃ~(猫の日は過ぎましたが(笑))。

そうすか、バーバラさんいいともに出演されていたんですね。
凄いっす。10年前のあの大道芸人集団でいいともに出たのは彼女だけかもしれないなあ。
そういえば、この方は大の努力家で毎日かかさず朝から晩まできっちり稽古しているそうな。
何かの舞台で胸が丸見えしてしまったことがあったそうなのですが、
全く気にせずそのまま演技を続けていたという肝が据わった芸人魂も持っています。
でも、素の彼女はごくごく普通の人で舞台へ上がっている時とのギャップがまた面白いです。

「道」はいい映画でしたね。
ワタスも何度も観ていますが、観るたびに新しい何かを気づかせてくれる。
そういえば、大道芸人とか旅芸人とかサーカスとかを題材とする映画って名作が多いですね。
そこに人生の縮図というものがあるからかもしれません。

普段気にしていないけど自分を支えてくれている人々全てにに感謝したいですね。
プラスして守護霊さんや指導霊さんや尊き精霊さんとかみえないけども自分に付き添ってくれている存在たちのこともたまには気にかけてあげると何かで不思議と助けられる場面が多くなるみたいです(ワタスの場合ですが)。


>あ、そうそう!マティックスさんもですよ!マティックスさんとお話していると、心が軽くなります。マジですよ!(^^)。

ありがとうございます。心の整体師まてぃっくすガンバリまーす!心のコリをコリコリっとね。


>あ、今年のValentineはあげられませんでしたね!来年は何とかしますw。

最近ですね、バレンタインにチョコではなくてせんべいとかお茶とかをもらうのですが、いつからジジイの部類に入ってしまったのかぁ~と面白がっています(笑)。

ちなみにイチゴ大福とかがあるとうれしいな。。ってジジイ系のリクエストしとくかのう(笑)。

ジェ~ルソミナ~♪ジェ~ルソミナ~♪ from みら

 マティックスさんこんばんにゃ!

 このバーバラさんて方、何年か前にいいともにも出演されてましたね!人形を使った芸で、凄いなぁと思ったのを覚えてますw。

 「道」私も何度か観ています。確かに主人公のジェルソミーナとバーバラさん、似ているかも知れませんね。
 あれは、何とも切ない映画でしたね。恐らく知恵遅れと思われる(けれど純粋で優しい)ジェルソミーナ。彼女をぞんざいに扱った上、妻の務めまでさせていたザンパノ。けれどジェルソミーナは、そんな彼を愛し、助けようとする。ザンパノは、粗野で不親切だけども、本当は愛に飢えている孤独な男。
 自分の愛する人が、自分の恩人を殺してしまうという恐ろしい光景を見てしまったジェルソミーナは心が壊れてしまう。そしてザンパノは罪悪感からそんな彼女を置き去りにしてしまう。
 数年後、とある町でジェルソミーナの死を知ったザンパノ。ここに至って彼は自分が彼女を愛していたことを自覚し、海辺で独り咽び泣く・・・。

 なんとも美しく、悲しい映画でしたよね。主演のジュリエッタ・マッシーナがとても上手くて、忘れられない映画です。
 大道芸人って、日本ではあまり観られませんが、凄い人達だなぁと思ってます。

 普段気にも留めていないけど、自分を支えてくれている人々・・・。私の場合、まず姉がそうですねw。それから妹と甥っ子達。母も父も元気でいてくれと思う。もうね、何もしなくていいから(笑)。

あと、今私の支えになってくれているあの人ね。

私も心からありがとうと言いたいです。

 あ、そうそう!マティックスさんもですよ!マティックスさんとお話していると、心が軽くなります。マジですよ!(^^)。
 あ、今年のValentineはあげられませんでしたね!来年は何とかしますw。

 今日も素敵な記事をありがとうです(^^)。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/180-9883dfeb