とんでも的アセンションのゆくえ-カルマ消滅?!編その2-

※ご注意

ワタス、マティックスはいかなる宗教にも属しておりません。
これからお話することは、ワタスが過去に体験したものであり、
登場する団体の布教や宣伝などを目的とするものでは一切ありません。
また、セミナー内やその後の不思議体験などを語っておりますが、
それらの体験を保証するものではありません。



皆様、こんにちは。
注意書きを入れるのは伝導瞑想の時以来かな。
でも、これを書いておかないと勘違いされると困るから書いておきますた。

さて、本日は「とんでも的アセンションのゆくえ-カルマ消滅?!編」の2回目。
いよいよ怪しいセミナーへと潜入することとなります。
どうなることやら。せば。。

---【本編 -その2】------------------------------------

kisaburoucard-1.gif


デケデン~♪

ここに取りいだしたる不思議なカード。
片面には「川口喜三郎」と書いてある。

このカードは二枚でワンセット。背中合わせにしてお財布の中にでも入れておくとぉ、うぉぁぁぁ~摩訶不思議っ!

神通力がそこに宿り、あなたに降りかかる大災難はことごとく小難となってあなたを守ってくれる。。かもねっ!

で、そのカードはどこでもらえるの?

「喜楽の会」と呼ばれるセミナーへ行くともらえるのです。

信じるか?信じないか?はあなた次第デース!

そりゃ信じないよっ!



2008年5月のある日、御茶ノ水の聖橋から徒歩5~6分のところにある会館で開かれた「喜楽の会」のセミナーには約200名ぐらいの人が集まっていた。そのほとんどがおじさんおばさんの中年層であったが、若いお姉ちゃんもまばらに来ていた。

「喜楽の会」とは、川口喜三郎氏が平成8年に主宰して今日に至る会の名前である。川口喜三郎氏は昭和46年頃からある俳優さんに間違えられることがしばしばあり、その俳優さんのサインを頼まれることがあって差し出されるTシャツやハンカチ、色紙他様々なものにサインを書いてあげたそうです。それを持ち帰った人達の間で不思議現象が起こると評判になり、そこから16年間、自分の事業をするかたわらごく一部の方々の要望に応えていたそうな。

平成8年に一般の人に向けて「喜楽の会」を発足し、悩める人々にどうすれば自分の運気を上げられるかを説いて全国を講演されているらしい。

会場には大勢の人が集まって異様な熱気が感じられた。

とそこへ川口喜三郎氏が登場した。


う~む、なんてことはないごく普通のおっさんである(笑)。

川口喜三郎氏は、この会の発足経緯と自分の体験を一通り説明すると、「この会が初めての方、前のほうまで来てください」と言った。

ワタスはもちろん初めてなので何がはじまるんだろうとワクワクしながら前のほうへ歩いて行く。

と、そこには一面絨毯のようなシートが敷かれてあり、ここにうつぶせに寝るように促された。

えっとぉ~マグロですかぁぁぁ?

いやいやそこのお姉さん下品ですぞ。なんてことを言うのですか。

マグロではありませんゴマちゃんです。。ってそんな可愛いものではありません。

gomachan-1.gif


さて、15名ぐらいの新参者の人達がうつぶせになってマグロのように寝かされている(その中にワタスもいる)。

川口喜三郎氏はこう語った。

「運を良くするには、上から来る氣を受信しやすくすることが肝心です。それには、骨格(背骨)の正常化が必須なんです。たとえばこの方ですが。。」

kokaku-2.gif

と近くに寝ている若い女性を指さして、

「この方は右足と左足が揃わないです。2~3センチのズレがありますね。だいたいの人が骨格(背骨)がゆがんでいるのです。これでは運気が逃げてしまう。これから私が波動の転写をして骨格を正常化させます。はいっ!」

と言うのと同時に即正常化されたのだそうだ。

「さて比べてみましょうか。どうでしょう。今度は右足と左足が綺麗に揃っているでしょう。」

揃わなかった足は確かに揃っている!!


な、なんだろう。。これ?


「これから残りの人達に順次波動の転写をしてゆきます。一度波動の転写を受ければ、二度と受ける必要はありません。これから皆さんは大事故は小難に、経済的には困ることなく、大きな病気はしてもすぐ直るようになっていきます。さあやりますよ、はいっ!」

川口氏は一人ずつ足先を触りながら声をかけていく。あっという間に全員の波動転写が終わった。

「今、皆さんに行った波動の転写はここに来てもらえるカードを片手に10枚以上ずつ持つと誰でもできるようになります。」

な、なんと川口喜三郎カードを10セット持てば波動転写が誰でもできるようになるというのか。

こりはその昔流行った仮面ライダースナックの魔人カードのようなものなのか??(ってわからないっすよねえ(笑))



さて、その後川口氏の講演となるのですが、長いので要点だけをまとめますと。

この世界の法則は単純で、自分があげたものが返されるというシンプルな法則である。これを川口氏は"タライの法則"と言っている。すなわちタライを押すと返し波が自分のところに戻ってくる。それを行動と祈りという行為を持ってタライを押すというのである。

どのようなことなのだろうか?

それは、全ての物事を他人様優先に念い(おもい)行うこと(他人様とは家族、身内、親戚以外の方々のこと、また「行う」とは幸福(経済、精神、肉体、家庭、社会、自然環境面全てが満たされること)のために行動を起こすこと。)。そうすれば、あえて見返りを期待しなくてもタライの水の原理のごとく自然に自分へ返ってくる。これを川口氏は他自実現と呼んでいる。

具体的にどのように"念い(おもい)"をすればいいのかは、念じ方の例が喜楽の会のサイトに書いてあるので参考までにどんぞ。

喜楽の会
http://kiraku68.net/top.html


この宗教チックな団体の収入源は何なのかというと、塩と砂糖の販売である。塩-なにかのご塩(縁)、砂糖-ありが糖、ってかなりのダジャレ好き。それと摩訶不思議なカードの束と不思議グッツの販売である。

ワタスはカードの束売りが出てきた段階でちと胡散臭いなと思ってしまった(カードの束を持っていると通常の何百倍ものパワーを持つことができ、いち早く他自実現が可能となるらしい。。まさか(笑)。。)。

川口氏の話は、結構いいことを言っていると思ったのだけれど、やはりお金がからむと途端にこの団体のやっていることに疑問が出てくる。


不治の病が治ったとか、大事故に遭ったんだけど助かった等、会の中で体験談の報告がなされるのですが、なんだかなあと思ってしまった。

この会に来る人はおおよそ体を治したい人半分、経済的な困窮から脱したい人半分となってようだ。だから零細企業の社長さんや厚化粧のケバイおばちゃんのほとんどが自分の健康とお金の問題を解決したいがためにこのセミナーへ出席しているのだ。

そんな人たちがカードの束をもってブツブツと自分の願望を実現せんとバリバリに見返りを期待しながら他人様の幸せを念仏のように唱えている光景をみてなんだかアホらしくなってしまった。いや自分だってこのセミナーに参加したということはあの社長さんやおばちゃんとまったく同じなのだということにその時、はっと気がついたのであった。

川口氏の説いている内容と参加者がやっている内容とは明らかに何かが違うのだ。それをあえてやらせているということはこれは一種の確信犯ではないかと感じた。


なんだかちょっぴり残念な気持ちになってワタスは会場を後にしたのであった。





その2週間後の日曜日。それは起こった。。

次回に続く。


--【解説 -その2】------------------------------------

当時を思い出して今頃感じたのですが、川口氏が骨格を正常化するときの波動の転写ってあの不思議たこ焼き屋"パワーブレンド"のおっさんの味転写とよく似ているなあと思いました。

2010年8月28日記事「不思議たこ焼き「パワーブレンド」」
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-43.html

川口氏とパワーブレンドのおっさんは何か共通するものがあるのかもしれません。

一瞬で転写するのって波動も味も変わらないのかな。としたらパワーブレンドのおっさんも川口氏とおなじことができるのかも。今度行ったら聞いてみよう(笑)。


さて、この"喜楽の会"セミナーの話、川口氏の説く"他人様の幸せを祈る"という行為自体は大変素晴らしいものと思いましたが、ここに来ている人達のほとんどが自分への見返りを期待しながらそれを行っていることに非常に疑問が残りました。

いくら"タライを押す"といっても何も見返りを求めなくて押すのと返り波を期待して押すのとでは、味噌と糞ほどの違いがある。

見返りというのは、たとえば、現在の状態が辛いからそうでない状態への移行を望むとするならば、なぜそうなったかの原因を認識することもなく、それを実現させていいのかとワタスは思う。

それがその人が持っているカルマ(魂の垢のようなもの)であったとすれば、そこにこそその人が解決すべき課題があるのではないだろうか。この世だけでの問題ではなく、前世からの宿題もあるならその問題を認識し、遥か昔、自分が行ってきたであろう行為について深く考え反省することでその課題は初めてクリアされるのではないかと今は思うのです。

で、それもなしに自分の願望だけを実現させようというのも選択は可能なのでしょうが、課題はクリアされないから次の転生へ持越しとなるのではないでしょうか。


見返りを一切期待しないでタライを押している人。たとえば、マザーテレサとかガンジーとかがいると思いますが、もっと身近にはたしてそんな人がいるのかいなと思っていたらなんとみつけちゃいました(笑)。

だ、誰ですかといいますと。。

それは、ブロとものシドニーおちんさんです。

彼女のブログの最後の記事の中で「自分の真の望みは、自分がいつも世界中の全てのものの中で最低である世の中にしたい」と語っていました。おちんさんは、世界中を旅しながら様々な厳しい環境にある国々で子供たちのための生活援助活動や地下水をくみ上げる井戸堀り等を続けているそうです。

子供たちを取り巻く厳しさに目を向けながらいつか自分が最低な世の中が来るのであれば、この子達は1日1日生きることに必死にならなくても普通に生きていられるはずと考えていらっしゃる。

いつも自分より他者を優先させる心を持っている彼女の言動は、川口氏が語る"全ての物事を他人様優先に念い(おもい)行うこと"と似ています。

おちんさんはきっと知っているのです、この"タライの法則"を。

見返りを求めない他者のために行う"タライの法則"こそ潜在意識の共通意識層に届きやすい行動なのではないだろうかとワタスは思っております。




さて、次回はちと大変な事が起こってしまったのですた。


次回へ続く。お楽しみに。


ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金

スポンサーサイト

 コメント

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし from マティックス

> 賢いやつやの~。

そりは斉木先生のことですか?
まあ人は騙せても自分は騙せないでしょうね。

南無阿弥陀仏 拝

from 名無しのちょこべ

賢いやつやの~。

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はくとさん、はじめまして。 from マティックス

こんにちは、ほくとさん。
コメントありがとうございます。

ほくとさんは名古屋で喜楽の会に参加されたのですね。

"なにかのご塩"は、なかなかいいお塩と評判がいいみたいですね。
あの時試してみればよかったかな(笑)。

喜楽の会は、ワタスとしては良いも悪いもなく、個人個人の受け取り方と思っています。

ただ、次回でお話する事が起こってちょっとした不思議現象にワタス自身が巻き込まれやすくなったということが実感できたようです。
しかしだからといって川口氏に対してはそれ以上の興味はなぜか起こりませんでした。
というか当時いろいろてんこ盛りだったので振り返っている間もなく次の問題へと渡り歩いていたようです。

おちんさん情報ですか?
神出鬼没ですからねえ。寅さんと同じなんですよ(笑)。


次回もお楽しみに。

Re: 怪しいセミナーたくさ~ん! from マティックス

ありましたねえ~。

リリーはあの斉木先生と語っていますたか(笑)。

ワタスは知人から斉木先生の話を聞いてヤバイと思って行くのやめますた。
でも行っておけば結構面白かったかも(記事ネタになったのにぃ~)。

あの団体は実は全くの詐欺で、
30万円払えば"アセンションリーダー"というものになれる、なれば30万円くらい楽に戻ってくるということでお金を集めていたそうです。
斉木先生って集めたお金を自分で株式等で運用していたそうな。利益が出ていたころは還元していたそうですが、利益がでなくなってドロン。

ひどいよね。こりゃまた斉木先生の魂は垢まみれっす~。

それに比べれば川口さんはかわいいのかもしれないけど。。
やっぱお金がらみのスピリチュアルは良いものはないと思いまつ。
というかそもそのこの二つは相反するものだとワタスは思っています。

喜楽の会に参加した後のワタスですか?

丁度その頃に○ゴンさんに影響を及ぼした人の本を読んでおって喜楽の会のインパクトよりもそちらのほうが強かったかも。
でも精神的に非常に迷ってぐるぐる廻っていた時期だったと思います。

私も行きましたよ、喜三郎おじさん from ほくと

コメお初です、おちんさんの時からの読者です。
私は2009年、何かのご塩に出会ってからコチラの世界が加速しました。
名古屋にて喜楽の会に参加。カードで念じたりはしてませんがお塩は愛用してます。車もNo6868にしました。特に信者ではないですが批判はしないでいようと思っています。その氣になった方がミラクルが起きやすいように思います。
どうも個人レベルでなく世の中全体が不思議次元に巻き込まれ
たことは間違いありませんね。
もちろん3次元どっぷりの方々も居られますがね。
おちんさん情報もよろしくね。
ありがとう、ぽのぽの。

つい、追伸(笑) from リリー

マティックスさん、こんばんは!

そういえば、2008年頃って「アセンション」という言葉を初めて聞き、
「それってなんぞや?」といろいろ、あちこちと捜索し始めた頃だったかな~?

>めちゃめちゃ怪しい斉木先生と語る会とか・・・

そうそう!そんなのありましたね~!
一回、その会に知人に連れて行かれましたよ。

感想は・・・・

。。。。。。。。

なんじゃ?こりゃ!?

大丈夫ですか?この人たち・・・?と心配になりましたよ。
まあ、一人で行ったら途中退場するところでしたが、
知人の手前、なんとか最後までがんばりましたが、
あれにはビックリしましたね~。

その後に行った「喜楽の会」がだいぶまともに感じました。
(それでも、通常、川口さんのキャラにビックリするんでしょうが、
私は予備知識がありましたので^^;)

「喜楽の会」に参加した後、何か変化があったか?

特になかったですね~?

なんか、違うな~。。。と自然消滅しましたね。
でも「なにかのご塩」は2~3袋買いましたが(笑)

喜楽の会に参加した後のマティックスさんの変化に興味津々!

Re: それぞれの人生が動きだした年 from マティックス

ワタスがみらさんやおちんさん達に出会う前、スピリチュアル浪人を続けておりますた。

強烈だったのは○ゴンさんのアセンション幼稚園、そして今回の喜楽の会ともう一つの団体のセミナー。
さらにこのブログではとてもお話できない事も平行して動いており、なんだかいろんなことが交錯していた時期であったと思います。

でも、今思えばひとつひとつが自分への贈り物。みな大切なスタディだったと思います。そう考えるとこれを計画した張本人生まれる前のマティックスくんを褒めてあげねば(笑)。
スピリチュアル浪人だったワタスがたどりついたところが玉蔵さんであり、おちんさんであり、そしてこのブログを読んでくださっている皆様であったと思います。

みらさんの2008年はカバラーはじめの一歩の年だったんですね。
それぞれに重要な2008年であったようですね。

さて、おちんさんはそろそろシドニーに帰ってきておちん庵を本格的に建設すべく、いろいろやり出しそうな気がするんだけど。どうかなあ。
ワタスの知り合いの大工さん紹介するべか(笑)。

>活動宮グランドクロスとは、黄道12星座の内、おひつじ、かに、てんびん、やぎの4星座に星が集まって、空に巨大な十字架を掛けること。
へえ~、活動的になるんだすね。
そうか、何かにせっつかれて座ってられない状況になるんですね。なんだろう。引っ越しでもするべかな(こりは可能性大)。

で、続きはよせえですな。OK牧場です。
最近暖かくなってきたせいか空耳がひどくなって、ゴミ回収車がバックする音が「ガッツ石松、五十円ください。」ってマジに聞こえるようになってきた。ヤバイっすかねえ(笑)

続きまっててね~。


2008年と言えば from みら

 私がカバラーを学ぶため、大沼先生の学校の門を叩いた年ですね。
 もう一度音楽をやろうと決意して、再び発声練習を始め、色々気づきもあって…新しいことを始めた年でもありました。マティックスさんも色々放浪なさってたんですねぇw。
 んで、最後におちんさんのお話を出すなんて!思わず泣いちゃったぢゃないですか!!(TДT)おちんさん、今は何処でどうしてらっしゃるのかしら・・・?
 
 んで?どうしてまたいいとこで切るの!(*`ω´)続きが気になって夜も眠れないぢゃない!
続き早く!は~や~く~!w

 あ、風邪治ったそうで、よかよか!でも油断は禁物よ!もうすぐ活動宮グランドクロスがピークよん!
 活動宮グランドクロスとは、黄道12星座の内、おひつじ、かに、てんびん、やぎの4星座に星が集まって、空に巨大な十字架を掛けること。
 活動宮なので、まあ座ってじっとしていられない状況に人々は突っつかれて、なかなかどうしてカオスです(笑)。
 んで、その4星座の生まれは皆さん大変です。特にてんびん座!

…。
…。

ワタス、てんびん座・・・(´;ω;`)。

あ、でもマティックスさんもお仲間だからね、かに座だから!(笑)

 だから続き!続き!は~や~く~!ww。

Re: おお!リリーさんいらっしゃい! from マティックス

どもどもリリーさん、こんにちは。

おかげさまで長かった風邪から復帰しますた。
会社内で風邪回しあってたからなっかなか治らなかったっす(笑)。

なんとリリーさんも「喜楽の会」へ行ってたんですね。
しかもカード10枚持ってただなんて。
どうでした?何か変化はありませんでしたか?

ワタスは直後のある事があったんですが、それ以降はワタスもリリーさんと同じで自然消滅的に記憶から消えていきました。
そう考えるとなんか健全な不思議イベントであったみたいです(笑)。

2008年当時は喜楽の会だけでなく、めちゃめちゃ怪しい斉木先生と語る会とか五日市さんの「ツキを呼ぶ魔法の言葉」セミナー、
ありがとう村のありがとうおじさんの会とかなんかいろいろありましたね。それはそれで結構楽しかったかも(笑)。

もしかしたら、どこかのセミナーでご一緒していたかもしれませんね。

さて、春になってしまいますた。
ひみつ堂のいちごみるくの季節ですな(笑)。

お久し~! from リリー

マティックスさん、こんにちは!
体調は復活しましたか?
春先は皆さん何かと体調を崩しますのでご自愛くださいませ♪

さてさて、ついにきましたね!「喜楽の会」
何と!ワタクシも2~3回参加したことがありますよ~♪

あれは何年位前だったかな~(遠い目)

川口さんのカード10枚持ってます!!
が、今では、そのカードもどこに行ったことやら(笑)

2~3回参加しましたが、なんとなく自然消滅的に私の記憶からは消えていきましたね~。
マティックスさんの今回の記事を読んで「あ~、そんなこともあったわね~」位に思い出しました♪

いろいろ、過去にマティックスさんとどこかのセミナー(?)で遭遇していたんでしょうね~。

面白い♪

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/184-1e40b9b7