とんでも不思議探検前予習ノート -ヒトラーは生きている?!③-

アメリカのピュリッツァー賞作家ジョン・トーランドは、精密なドキュメント『アドルフ・ヒトラー』の中で、ヒトラー自身が、のちにイギリスの通信社特派員ウォード・プライスに語った言葉として次のものを紹介している。


「私はあのとき、戦友たちと夕食を摂っていた。すると突然、ある声が私に、『立って向こうへ行け』と命じた。その声が、あまりに明瞭に同じことを繰り返したので、私は上官の命令を聞くように機械的に従い、20ヤードほど移動した。とたんに、いままでいた場所から衝撃と轟きが押し寄せた。そのときまで私も属していたグループの上に、流れ弾が炸裂して1人残らず死んでしまったのだ。」

つまりこれは、ヒトラー自身の判断ではなかった。彼の内部深くから噴き上げた何かの声、または外界か異界のどこからか来た、彼以外の誰にも感知できない妖異な命令だったのだ。

「そうだ、それは“あいつ”の命令だった。あのときから、私には“あいつ”が憑(つ)くようになった。恐ろしいことだ。私は“あいつ”に選ばれて取り憑かれたのだ。」
彼はあとで、側近たちにこうも語っている。

それだけでなく、語っている最中、ふいに立ち上がって目を剥き、「“あいつ”だ、“あいつ”が来た。また私に未来を教えに来たのだ。そこにいる、そこだ!」 あらぬ方を指さして絶叫することもあった。

------ 五島勉著『1999年以後 ─ ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図』より -------------------------------


皆様こんにちは。毎日暑いですね。いよいよ夏本番です!
ワタスの予習ノートも今まさに佳境に入ってまいりますた。

今回はいよいよとんでもものの真骨頂、ヒトラー生存説について2014年6月28日にケーブルテレビ放映された「ヒトラーは生きている!?」を主な参考にしながら見てまいりましょう。

で、今回皆様すびばせんがハニワくんをクリックして中に入ってちょんまげ。


ハニワくんをクリック!
↓↓↓ ようこそここへ!クック、クックぅぅぅ~!

ハイハイ、固まらないで固まらないで。まだまだ固まるのは早すぎるっすよ。サササ、中へ入っておくんなまし。

ではいっくよ~ん!



ナチス発足時に影響を与えた人物

ヒトラーを調べていてよく皆さんが誤解していることがあるんですが、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)という政党は、ヒトラーが発足したと思っている人が意外に多いのですが、そりは全く違います。

ナチスという怪しい集団があるから調べてほしいという依頼を受けてスパイになりナチスに入り込んだのがヒトラーだったのです。ヒトラーはナチスに入り込んでずっぽり嵌ってしまった、つまりミイラ取りがミイラになってしまったなんともおめでたいおっさんだったのです。

そのナチスという政治結社には、背後に強力な思想的バックボーンを持つ人物がおりました。

その人物の名は、ハウスホーファー(カール・エルンスト・ハウスホーファー(Karl Ernst Haushofer, 1869年8月27日 - 1946年3月13日)ドイツの地政学者。)といいました。このおじさんこそ、ヒトラーに様々な思想を植え付けた人物であったのです。

ハウスホーファーは、あのロシアの神秘学者グルジェフの直弟子で、日本に長年滞在し、外人では珍しく日本政府から正式に勲二等瑞宝章を得ております。なぜ、一外国人に勲章を授けていたのか?といいますと、それは、彼が所属していた京都の秘密結社「緑龍会」の影響があったからだと言われております。

ブログ「矢口壹琅 の ONE LOVE」

2014年02月26日記事「ハーケンクロイツのルーツその5」より転載
http://blog.livedoor.jp/yaguchi16/archives/53110824.html

--- 転載開始 ------------------------------------------------

東洋には、陰陽五行説というのがある

陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、

これら“陰陽五行”の要素で世の中は回っているという思想で、日本文化に深く関わっている。

この五行を「青・赤・黄・白・黒」の5色で表したものが“五色”で、

「木=青 火=赤 土=黄  金=白 水=黒」を表し、

「東=青 南=赤 中央=黄 西=白 北=黒」の五方という考え方も五行に含まれる。

京都にある、5色の五龍の秘密結社も、この陰陽五行説から

東に青龍会、南に赤龍会、中央に黄龍会、西に白龍会、北に黒龍会、という5龍の秘密結社となった

それぞれにはそれぞれの役割がある

※日本では古くから深緑のことを『青々とした』と表現し、緑のことを青とよぶ

青=緑、すなわち、青龍会は緑龍会のことである。

緑龍会はチベットの秘密結社とつながりがあった。ということは、シャンバラと繋がっていたといえる。


--- 転載終了 ------------------------------------------------

当時京都の秘密結社の一団(青、赤、黄、白、黒)と大本教を中心とした新興宗教団体は密接な関係があり、さらに大本教の出口王仁三郎は、中国の紅卍会やラマ教、イスラム教の一派とも提携しておりました。紅卍会はその後ドイツのトゥーレ協会と提携することになります。

紅卍会ってどんなん?

こんな感じ。

koumanji-1.gif

おお、明らかに鍵十字のマークでありますね。


ナチスのハーゲンクロイツは、卍の逆パターン。通常の卍が和とか融合の象徴であるのに対し逆周りは力の象徴を意味します。これはどういうことかといいますとエネルギーを集めて作ることとそのエネルギーを放出して使うことを意味しているのではないかと思います。そうなのです。これは二つで一つの意味を成すものでありまして、どちらか一方ではない。ここにナチスの大いなる勘違いがあったといえます。

さて、緑龍会がチベットの秘密結社と繋がりがあったということですが、そのチベットの秘密結社がシャンバラと繋がりがあった。。という証拠はなーんにもありません。

秘密結社ですから証拠はないのはあたりまえか(笑)。

ですが、シャンバラとかアルザルの存在は、その緑龍会を通じて知ることとなったと推測されそうですが、チベットや南極に探検隊を行かせたのはこの後の展開からその存在に確証を得ていたからだと思います。


ここで番組では飛鳥昭雄氏のとんでも説が炸裂します。

緑龍会には、地底世界アルザルから食人した罪で追われ逃げてきたという二人の巫女がおりました。その一人は肌の色が赤く、もう一人は肌の色が青いというまさに鬼のような人間であったといいます。
と、こんな感じで。。

akaoni-1.gif

<aooni-1.gif


あのー、顔が怖すぎるんですけどぉ~。


ハウスホーファーがドイツへ帰るとその二人の鬼も一緒にドイツに行き、地底世界アルザルに限らず、様々な星の存在とチャネリングで交信していたそうです。人類がそれまで知らなかった技術がナチスの手に入ることになります。その中の一つにドイツ製のUFOやV2ロケットの発明などがあったといいます。


青鬼さんと赤鬼さんの活躍なんですか?
う~ん、困ってしまうもぞもこそ。。じゃなかった。

これって、SS(ナチス親衛隊)隊長のハインリッヒ・ヒムラーがアルザルから出て来たというマリアという女性の他数名の美人霊能力者たちをドイツ古城ヴェヴェルスブルグ城に住まわせ、ヴリルパワー(Vril-Power:東洋で言う気のようなサイキック能力、スターウォーズのフォースのようなもの)を使って宇宙の存在から情報を得ていたということを言ってるのかもと思いますた。

vril-power-1.gif

nazi-reibaishi-1.gif



ヴリルパワーっていうのは、ヴリル・ヤ(Vril-ya)の超神秘的エネルギーであり、そのヴリル・ヤというのは、1871年にイギリスの小説家ブルワー・リットンによって書かれたSF小説「来るべき種族」の中に登場する地底世界に住む民族のことをいうそうでつ。

で、この本の内容にハウスホーファーさんもヒトラーおじさんもぞっこんやられてもうたのだす。あとは勝手な妄想世界の実現に走り出してしまいます。

地底民族「ヴリル・ヤ」とアーリア人は共通の祖先を持つがゆえに、自分たちも全生命力の源泉「ヴリル・パワー」を用いる能力を使ってゲルマン民族発祥の地であるハートランド(西アジア地域)を完全に支配することにより、世界をユダヤの支配から解放し、ひいてはゲルマン人による世界制覇を達成することであるという結論に達したのだそうです。

このヴリル思想の研究・調査のために設立されたヴリル協会にもハウスホーファーさんは属してSS(ナチス親衛隊)にチベットや南極に調査団を送るように指示していたといいます。

よくごっちゃになるのは、トゥーレ協会とヴリル協会でして、トゥーレ協会は、ディートリッヒ・エッカルト、そして占星術師のエリック・ヤン・ハヌッセンにより黒魔術を駆使して悪魔と交流していたといいます。

記事冒頭のヒトラーを憑依していたという"あいつ"は、エンティティとかルシファーと呼ばれる霊的な存在つまり悪魔であったといわれています。

そのコントロールがうまくいっていたのは1941年まででドイツがソ連モスクワへ侵攻し、戦局が不利になりかけたころ、ヒトラーはチベット系のヴリル魔力に対して以前よりは信じなくなっていきました。

これは一説によると、モスクワ侵攻の際にヴリルパワーの技術を利用して天気と気温を自由に変えられることをドイツは本気でやろうとしていたらしい。なもんで、ドイツ軍の装備は冬用ではなかった。。結局それが敗因の一つとなってしまったようです。もう妄想と現実がごっちゃになってしまったのですな。

で、ハウスホーファーさんは失脚してしまい、代わってフリードリヒ・ヒールシャーというヒムラーも恐れる最強の魔術使いがヒトラーおじさんの側近となり、ドイツを闇のほうへ導いていったといいます。そう、ヒトラーおじさんは悪魔さんとの交流のほうを選んだのだす。

フリードリヒ・ヒールシャーという人物について何もわかりません。唯一、ペーター・バーン著のフリードリヒ・ヒールシャーの評伝(Peter Bahn:Friedrich Hielscher)という本があるのですが、内容がわかりませんでした。ただ、ひとつ言える事は、ハウスホーファーさんが失脚してから、ナチスの残虐性が強くなりホロコーストのような闇の部分へと入りこむようになっていったということです。




ヒトラーはまだ生きている!?

ペーパークリップ作戦ってご存知でしょうか。
終戦後、旧ソ連が領土を奪っていったのとは対照的にアメリカは、ドイツの優秀な研究者や技術者を数千人単位で手に入れようとした。その作戦のコードネームです。その中には、ドイツでV2ロケットなどを開発した科学者であり、NASAの設立に尽力しアポロ計画を進めたフォン・ブラウンなどがおります。

が、しかしそれは表の作戦。真のペーパークリップ作戦とは隠語を含んでおります。
ペーパークリップ=伝令兵獲得作戦=ヒトラー獲得作戦。
ヒトラーは第一次大戦で伝令兵をしていたのです。

ペーパークリップ作戦とはヒトラー獲得作戦だったのです。

で、アメリカに渡ったヒトラーおじさんはこれ。

hitorar-2.gif

hitorar-3.gif



えっ!えぇぇぇぇ!?


ヒトラーおじさんは今、ペンタゴンの地下にいるらしい。


えぇぇぇぇ!?



アメリカは軍産複合体が支配しております。大統領でも逆らえない。シークレットガバメント影の政府デス。
そりは別名十二人委員会と呼ばれています。

その会合はペンタゴンの最深部で行っているそうです。十二人委員会の十三番目の男、それがヒトラーおじさんなのだそうです。

ヒトラーは125歳。
青鬼と赤鬼のDNAを採取し、最新の遺伝子治療でこれまで生きてきました。


これが、今のヒトラーおじさんの姿デス。

じゃじゃーん!


hitorar-4.gif


なんじゃこりゃ~!
赤門さんの言うとおりやっぱショウガのおばけじゃないっすか!(笑)

バイオハザードのラスボスみたいな奴でしょうか。


これが飛鳥昭雄氏が明かすヒトラーの真実だそうでつ。



ヒトラーが生存してるかどうかは別としてアメリカの最機密の部分では、エンティティーを呼び出す魔術的な儀式が行われていると言われています。

何年か前にある陰謀系のセミナーに行った際に聞いた話ですが、どこぞの国から伊勢神宮に相談があったそうです。最近エンティティが来なくなってしまったのですが、なんとかならないかと。また、別のセミナーではエンティティさんは別次元へ移ってしまったので今ではその下の子分しかやってこないので嘆いているとかいないとか。。

う~む、エンティティさんって売れっ子やねえ(笑)。


エンティティさんを呼び出す儀式については過去記事で少しふれました。

2010年2月8日記事「ウンコ星人 ~その考察 その6:儀式」
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-9.html


飛鳥氏によれば、そのエンティティの現実世界の肉体の受け皿としてショウガおばけになったヒトラーが存在しており、今もペンタゴンの地下に住まわせている!?そうです。

が、しかし、2014年そのショウガおばけになったヒトラーが死にそうとのこと。アメリカは、違う人間をその受け皿にと準備を進めている。。らしい。
その人間は必ず一度暗殺されて生き返る人であるそうです。皆さん今後に注目しましょう。暗殺があって生き返る人にエンティティが憑依しているそうですよ(信じるか信じないかはあなた次第!っていうてる場合か)。

以上の内容は以下のリンク先にある動画でご覧になれます。

消されるかもしれないので今のうちに観ておこう。

緊急検証!ヒトラーは生きている!? -14.06.29-
http://v.youku.com/v_show/id_XNzMzNjEzNDE2.html



皆様、ここまでお付き合いありがとうございますた。
長い予習?を終えますたので、これで心置きなくとんでも不思議探検旅行へいけまっす(笑)。

せば、次回はとんでも不思議探検旅行記でございます。お楽しみに。


ご精読ありがとうございました。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

イーココロ!クリック募金

スポンサーサイト

 コメント

Re: しょうがのおばけ from マティックス

ゲッペルスさん、どうも(笑)。

総統がしょうがのおばけに。。

相当ひどい?!


信じるかどうかはあなた次第。。

なんだこれは… from ゲッベルス

ヤーヤーヤー!総統どうしたんだよおおおお!こんなの総統ではないだろおおお!

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/191-ae11c7fa