トリイ猫

皆様、こんにちは。
行進が空きましたね。そこの前の人、詰めて詰めて。。ってそのコーシンかいっ!


小学校の給食の時飲んでいた牛乳は?

コーシン牛乳。。

隣の奥さんの浮気を調査をする機関は?

興信所。。

宇宙人を呼ぶには?

交信。。ベントラベントラ。。

。。。


くだらねえーしねー!ってどこかの刺客からケリ入れられる前に止めておこう(笑)。


toriineko-12.gif

さて、本日は不思議な猫のお話です。

ビックコミックオリジナルという漫画雑誌をご存知でしょうか?

「釣りバカ日誌」とか「深夜食堂」とか載っている雑誌です。
ワタスがよく行くカフェに置いてあるのでいつもとても楽しみに読んでいます。

その増刊号(月刊)に連載されている漫画で「みずほ草子」というものがあります。

mizuhozousi-11.gif

花輪和一作「みずほ草子」。
大正から昭和前期頃、当時の日本ならどこにでもあったような農村が舞台となっている。
当時は、人と不思議なものの世界の境界は今の時代よりもかなり低く、相互に行き来できるようなそんな世界であったのかも。。不思議で怪しい世界を独特なタッチで描いている漫画です。

この作者さん、よくご存知だなあと思いますた。
いつになっても人間が陥ってしまう業(ごう)と不思議な世界との繋がりを結構おどろおどろしく描いていらっしゃる。
この作者さんの作品群からするとこの作品自体、毒氣を相当押さえたものだとか。。
とすると他の作品はもっと凄いのか。。

気持ち悪い描写も結構あるのでその手のものが苦手な人はあまりお勧めしません。

さて、その漫画「みずほ草子」に「トリイ猫」という話がありまして、
とても面白かったのでちょいとふれたいと思います。

toriineko-11.gif

時代は大正から昭和初期頃、ある農村で暮らす主人公の女の子(10歳ぐらい)の家には、
タマという可愛い猫がおりまして毎日一緒に遊んでおりました。

ある日、近くに住むおりんさんという65~70歳ぐらいのおばあさん(主人公の祖母なのかどうかは不明)
がやってきたところへ一つの小包が届きます。

さっそく中を開けると木製の立派なお皿が入っていました。

何のお皿だろう?と主人公。

それはタマのお皿だよとおりんさん。
おりんさんは、タマのお皿を新しいものに変えるので古いお皿を炊き上げる儀式をやるから
一緒に手伝って欲しいと頼むのでした。

二人は近くの河原に行き、薪を燃やしその中へ今まで使っていた古い木製のお皿を放り込むと。。


ドッドーン!

爆発した。。


腰を抜かす二人。


や、やっぱりな。。

おりんさんは全てがわかったような顔をして"トリイ猫"について語り出すのでありました。


toriineko-13.gif

昔昔のその昔、太古の日本には"契約の箱"というそれはそれは凄い力を持つ箱がありました。
その箱がどうやってあったのかは不明なのですが、あきらかにそれまでの地球のものではない
ことは確かでありました。

丁重に祭られ、それ自体が人々の信仰の対象になっていた時期があったのですが、
あまりにも影響が強いので裏の結社と呼ばれる秘密組織はその力を隠しておくことにしたのだそうです。

"契約の箱"を地中に埋め、その上に神社の本殿を建てる。

約15年~20後、別のところに契約の箱を埋め、その上にまた新しい神社の本殿を建てる。。

長期間契約の箱のパワーを受けた旧本殿は、解体され貴重な加工材となり様々なものに形を変え、
全国の神社関係者のところへ密かに送られる。

その一つがタマのお皿であったということです。

タマは、先祖から受け継いだ5つの氣を持っている猫でありました。
5代かけて特殊な猫になったタマは"トリイ猫"と呼ばれ地元の神社を
守るお役目に就くのだそうです。

毎日トリイ猫だけが通れる特別な参道(猫参道という)を通って地元の神社へお参りします。

トリイ猫になった猫には、裏の結社から契約の箱のパワーを十分受けた木材で作ったお皿が送られてくる。
そのお皿で餌をモリモリ食べていつも元気な状態を保つことができるのだそうです。

トリイ猫は天狗や河童の住む世界へ自由に出入りすることができ、
さらには動物虐待した人間から悪い魂を取り出すことができる特殊能力も備えているそうな。

悪い魂を抜かれた人間は、自分の罪に苛まれこの世にはいられなくなってしまう運命をたどってしまう。。
ちょっと恐ろしい一面があります。

トリイ猫はその村の民にとって崇めの対象となり、裏の結社から高級な魚が毎日送られてきます。

ある日、村の若い衆3人がその魚をこっそり横取りしてしまったのですが、村の者に運悪く見つかってしまい、
その後、まっ裸にされ地獄の拷問にさらされてしまいます。

背中にトリイ猫が爪を立て乗り、肩や腕を噛んだりして流血、マタタビの粉が舞いあがる中、泣き叫びながら
トリイ猫に詫びるのです。


若い衆:「猫様、も、もうしません。。許してください。」

トリイ猫:「ニャー!(背中に乗り、肩に噛みつく)」

若い衆:「うわぁー!やめてー!」

小さい頃その光景を見たおりんさんは、それはそれは恐ろしかったと主人公の女の子に語るのですが、
女の子は意外と冷静で全面的におりんさんの話を信じているわけではなく、むしろおりんさんこそ裏の
結社の人間ではないかと疑っているところでこの話は終わりとなります。



この話の"契約の箱"が埋められている神社とは伊勢神宮のことを指していると思われ、確かに最長20年に一度は神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)と言って敷地内の別の場所へ移り造りかえているそうなのですが、その下には"契約の箱"があるかどうかはとても興味深いところです。

さらに裏の結社の存在ですが、これは飛鳥本や雑誌ムーなどに載っている"八咫烏"という秘密組織のことを言っていると思われます。昭和初期の頃ならば秘密結社の全盛期で様々な組織や信仰団体があり、ある意味オカルトワールドが花開いていた時代だったのです(楽しそう(笑))。

これは裏なのか表なのかどうかはわからないのですが、毎年除夜の鐘をスタートに人知れず皇居から全国の主要神社へ年始の手紙を届けるという家が実際に今も存在しているのです。その家の者20人ぐらいが一斉に全国へ散らばり神社を巡るそうなのですが、これも神事に関する組織の仕事の一つとして現代に至るまで続いている興味深いお話です。


トリイ猫って本当にいるのか?
漫画だけの話でしょ、と思われるかもしれませんが、ワタスはいると思っています。

今から10年くらい前、ワタスの知人である元雑貨屋オーナーさんの家にいた猫でミュー(仮称)という
猫は、まさにトリイ猫でした。不思議な威厳と風格を備え、氣を自在に取り込んだり放出したりできる
能力を身につけていました。

オーナーさんの家に行くとどこからともなくやってきては膝に乗りミューが帰っていくと不調だった身体
の調子が良くなっているようなことが何度もありました。

有名な気功師さんからも一目置かれる存在で雑貨屋オーナーさんは何度も命を助けられたそうです。

ミューが亡くなる1年前に3ケ月ぐらいいなくなる事件があったのですが、オーナーさんが隣の町に行
っていた時に偶然ミューを発見します。

なぜこんなところに来ていたのか。。今でもよくわかっていないのですが、猫にしか通れない道というの
は確かに存在し彼女はそこを通ってきたのだとオーナーさんは話していました。


「みずほ草子」。

作者である花輪さんはよくご存知だなあと思いました。

不思議な世界のお話、皆さんもよかったら是非。



本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png





スポンサーサイト

 コメント

Re: ねこさん、どうもです。 from マティックス

FC2サーバー不具合の影響でコメント遅れましてすいません。

ねこさんの夢には、夢門番さんがいるのですね。
今度その人に時空のおじさんのことを聞いてみてください。
何かわかるかもしれません(なにがわかるのかわからないのだけど。。)。


ねこさんが書いてくれた醤油さし的な人のエネルギー流動説。とても面白いです。

これワタスとてもよくわかります。
瞑想しているときに腹式呼吸をしながら"阿"という音を出してそれに意識を集中しているとき、
自分がエネルギーの通り道になっている感覚があるんです。
そのとき、いいも悪いもなく、ただただ満たされているような至福感で一杯になります。

幸せを外に求めても幸せをつかむことはできないのだろうと思います。
自分の内にある平安で安らぎの音に意識を合わせてあとはなすがままあるがままに身をまかせていくだけで
人は自然と幸せになるようになっているのではないかと思うんですよ。

最近、ビートルズの"Let it be"がなぜかワタスの中では今の曲なんです(笑)。


コメントありがとうございます。
また何か気が付いたらどんどんコメントくださいまし。

よろしくです。

マティクス

管理人のみ閲覧できます from

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マティックスさんお返事ありがとうござりまする♪ from ねこ

ufoはみたことないです。
体脱はしてる…の、か?と思ふときがありまする。

昨日行った夢ではだいぶ意識がしっかりしていたので夢の門番の方に「トイレに行きたいから五分待ってください。でもここの世界に戻ってこれるかは分かりません」と言いました〜夢門番の人と話すのはじめて( ´ ▽ ` )ノ

まぁ、オチはないです。

トイレのあとふたたび眠りについたら別の夢に飛ばされました。。


自分勝手ながら聞いてほしかったので、自分語りしてしまいましたm(_ _)mすまそんです


ねこ



Re: ねこさん、当ブログへようこそ! from マティックス

ねこさん、はじめまして。
このブログの管理人をしておりますマティックスと申します。

このブログに流れ着いたということは、ねこさんの既知外度はかなりのもんですな(笑)。

ご自分が宇宙人かもと思われているとか。。

もしかしてUFO呼んじゃうとか? あっ、ヤキソバじゃなくてですねぇ。

呼んで呼んで、呼んでほっすぃ~。

ワタス、カッパなら遭遇したことあるのですが、UFOと宇宙人はまだなのですよ。

あと明晰夢ですな。頻繁にみるようなら体脱ができるかもよ。といってもワタスは今だできないのですが。。

まあ不思議な世界は広うござんすよ。
大いに楽しみましょう。


今後ともよろしくです。

マティックス

マティックスさん。はじめまして、ねこと申します! from ねこ

昨日ものすごく鮮明な夢をみまして。
只 こりゃ動かなあかん!と気の向くままネットサーフィンをしまして。

今日の昼頃やっとこさっと貴殿のブログに流れ着きました。

ねこ と申します。三十路の♀でございます。
只今、貴殿のブログに目からウロコが落ちまくっております(*ノωノ)キャッ

わたしは自分は宇宙人かもなぁとおもうことと、明晰夢を見るくらいでスピリチュアルに明るくないのですが、どうぞ仲良くしてくださりませm(_ _)m

この世の全ての事象の真実を知りたいですっo(*`・ω・´*)ノ


ねこ

Re: みけさん、こんにちは。 from マティックス

イエスの日本渡来説、面白いですよね。
十字架に磔にされたのは影武者だった。。う~ん、ちょっと無理があるようなないような(笑)。

今回の猫の話、楽しんでいただけましたか。

猫には確かに見えないエネルギーが見えていると思います。
とくに人の悪いエネルギーを取り出す力があるようです。
それとエネルギーが少ない人に分けてあげるようなこともできるようです。

だからご老人がいるおうちには猫がいると猫から元気がもらえるんではないかな。

これからは介護猫を派遣するような職業が出てくるかもしれません。

Re: みらさん、ごんぬずば! from マティックス

引越しお疲れさまでした。
引越しってパワー使いますもんね。
事故なく無事完了とのことで良かったです。

>実際、小説家の加門七海さんの話によりますと、
物凄い強力なエネルギーの塊がありまして、
20年毎にそのエネルギーのある場所を変えないともたないそうなんですね。
それでその強力なエネルギーの塊を形容すると、”怪物”だそうです。<

やはり凄いエネルギーの塊があって
それで20年ごとに場所を移すのですな。

それが契約の箱なのかどうかわからないのですが、
でもちょっと昔、ローマ法王が来日した際、
日本の御神輿をみて、日本では契約の箱を担いでいる!って青くなったそうです(笑)。
ローマ法王は知っているのですな。
やっぱあるのかも。。

こいつは伊勢神宮へお参りだ。

昨年夏一緒にまわった谷中は、寺町であり、猫がたくさんいる猫町でもあるんです。
猫しか通れない道や時空のゆがみが現れる不思議な時刻が存在するんですって。

トリイ猫が生まれそうな場所なのかもしれませんね。

次回もお楽しみに。

こんにちは〜❣️ from みけ

面白いですね〜❣️
契約の箱は、旧約聖書にも出て来る、
私にはとても馴染みのあるもので、それが日本にもあるというのは、興味深いです。

実際、イエスは日本に渡って、十字架刑を免れた。東北地方で亡くなり、墓がある!と主張する方々もおられます。

不思議な話は、なかなか看過できないテーマがありますね。

猫の不思議な話も大好物です。
化け猫の話は、ちっとも怖いと思えなくて。あゝ、愛すべき愛しいシト❣️
であります。

悪いことをすれば、猫でなくても天罰という、お仕置きはあると教えてきたわけですよね。
自分の良心に罰せられる、とでも言えそうな。

何はともあれ、猫が好き❣️

お久しぶりにございます*\(^o^)/* from みら

マティックスさん、ごんぬずぱ!お元気でらっしゃいますか?今週月曜日、引っ越しが無事に完了しましたみらざんす。

なかなか大変でした〜!引っ越しは何度も経験してますが、今回思い知ったのは引っ越しって…

一言で言えば断捨離。つまり、大いなるゴミ捨てだってことです(笑)。

いやね、恐らく粗大ゴミも含めて6畳分くらいはゴミ捨てましたよマジで(笑)。今やっと落ち着いたとこです。

んで、今回はトリイ猫のお話なんですね!

猫さんって、昔から霊力の強い生き物だと言われていますよね?だから実在すると言われても不思議には思わないですね。
それにしてもご紹介の漫画、さりげなくアーク(契約の箱)が日本にあるかも?!という都市伝説を語っちゃってます(笑)。伊勢神宮ではないか、と言われているようですが、実際、小説家の加門七海さんの話によりますと、物凄い強力なエネルギーの塊がありまして、20年毎にそのエネルギーのある場所を変えないともたないそうなんですね。それでその強力なエネルギーの塊を形容すると、”怪物”だそうです。

それにしても、不思議で面白いお話ですね!トリイ猫とは行かなくても、NNN(ねこねこネットワーク。にゃんこの面倒を見てくれる優しい人間に、野良や病気のにゃんこを派遣してくる)は存在しそうだし。

今回も楽しいお話でしたよ!次回も期待してますよん!(⌒▽⌒)ノシ

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/228-44fb82b4