エルテのQ

皆様、ご機嫌いかがでしょうか。
今年の春はなんだか寒い日が多いですね。
すっかり、体調を崩してしまった今日この頃です。

さて、本日のお題は、私が秘蔵している版画「エルテのQ」にまつわることを書きたいと思います。
エルテ」?またなんじゃそりゃ~?
またまたぶっ飛びですねマティックスさん..そんな声が聞こえてきそうですが(笑)まあ最後までお付き合いくださいまし。



今からかなり昔のこと...。

その日、春の陽気に誘われて、なんとなく原宿に行きたくなったのでした。
ショーウインドウを眺めながら、ふと気がつくと無料の絵画・版画展に入り込んでいました。
なにやら今日は「エルテ」という作家の作品展とのことで、それはそれは美しく独特なタッチの版画が並んでおりました。
なんでもこれはアール・デコと申しまして、(おでこの親戚ではありません、ってくだらんおやじギャグかっ!)
ヨーロッパやアメリカ(ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向とWikipediaさんは申しております。

アール・デコ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B3

その一翼を担う作家が「エルテ」という作家でその独特で魅惑的な美の作風は彼が死去した後も多くの女性に愛され、今もなお人気を博しているそうです。

エルテはロシア生まれ、アメリカのファッション雑誌「ハーパース・バザール」と22年もの間専属契約を結び、数々のファッション画やイラスト、エッセイを発表してきました。
その他、舞台衣装、舞台美術、ジュエリーデザインなど、多方面で活躍しました。

エルテ(ERTE)経歴
1892年 11月10日、ロシア・ペテルブルグ生まれ。本名は、ロマン・ド・ティルトフ。
1913年 ポール・ポワレ専属デザイナーとなる。フランスのモード雑誌「ガゼット・デュ・ボン・トン」にデッサンを発表。初めて「エルテ」と筆名を用いる。
1916年 雑誌「ヴォーグ」を手掛ける。この年から舞台衣装デザインやファッション誌のデザイン、MGMの映画セット制作など幅広く活躍。
1968年 最初のリトグラフ『数字』シリーズを発表。
1970年 フランス政府より芸術文化功労勲爵士の称号を授与。
1976年 フランス政府から芸術文学勲章を授与。東京・資生堂ギャラリーで個展。
1977年 ニューヨークにて、ジークフェルド優秀賞を受賞。
1978年 ニューヨークにて、ユージン・オニール基金賞を受賞。
1979年 フランスでドキュメント・フィルム『エルテ、20世紀の魔術師』を放映。
1982年 デンマーク、コペンハーゲンで大展覧会。パリ市ヴェルメイユ賞を受賞。
1983年 自伝的ミュージカル「エルテ」に協力。
1985年 フランス政府からレジョン・ド・ヌール勲章を授与。
1986年 「プレイボーイ」誌1987年1月号表紙デザインを委任される。グロヴナー画廊(ロンドン)で94歳の誕生日を祝う個展を開催。
1989年 ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの名誉博士号を与えられる。
1990年 4月21日、死去。享年97歳。

まあ凄い経歴のおじさんです。
この人の女性の描き方は、西欧的であり東洋的であるような絶妙な融合を採り入れ幻想的に描いております。
(今でこそその妖しさはウンコ星人に通じるものなのかもと思いますが..)
一目で虜になってしまったその時の私は、そのうちの二枚を是非欲しいと思うようになりました。

それは、アルファベットシリーズというエルテの作品の中でも非常に人気が高いものでアルファベット文字を1文字づつ作品(シルクスクリーン)にしたものです。
その中の「」と「」が欲しくて欲しくてたまらなくなってしまいました。
しかし、2つ同時にはとても買えなかったのでその選択に迫られました。

erte-l.gif


」は、女性がLeopardをしたがえたデザインになっており、このシリーズでは人気NO.1だそうです。
さすがお客様はお目が肥えていらっしゃいますぅ~とかなんとかいわれてその気になって「」を買う気になっていたのですが、しかし、なぜか「」に惹かれる。「」が私の心にどし~んと訴えかけているようなそんな感じがしたのです。

ついに決断し、「」を買うことにしました。それは欲しかったということもあるのですが、ある意味、投資目的でもあったのです。
一時期は購入した価格の2倍近くまで上がったのですが、高値で売りぬこうとする私の思惑を見過ごしていたかのようにその後版画市場は暴落。
買取価格も二束三文となってしまいました。(今は少し上がってきたようですが..)


さて、「」のエピソードはこれから続きます。

その版画「」を購入してから私の身の上において不思議な世界の扉が少しつつ少しづつ開いていったのです。そしてその反面、富に対するチャンスは結構来るのですが、いつも何かの作用で逃げていってしまう、そんなお金的にはアンラッキーなカードを引かされるような場面が多くなっていったのです。
それは、富を引くことをあえて制止しているようなそんな見えない何かの意図が私に起こっているのではないかそんな感覚さえ感じざるおえませんでした。

rich-dagpoor-dag.gif

2000年~2003年までの間、起業・独立を志す人のバイブル的な本「金持ち父さん・貧乏父さん」の影響で起業&投資ブームが到来します。
私も起業&投資家を目指してその期間に多くの人達と出会い行動をしていました。
いろんな勉強会やムーブメントに参加したり、サラリーマンの世界では決して出会えないような人達に会ったり、世の中のいろんな裏の世界も知り、そして夢や志を語り合い、毎日がお祭り騒ぎのようなそんな楽しい日々を過ごしておりました。

しかし、お祭りは終わりを告げます。

2003年を境に急速に起業・ビジネス・投資関係の動きが下降していきました。
私は起業も投資も失敗し、翌年には元のサラリーマンの世界に戻っておりました。
しかし、2003年その年を境に不思議世界のアプローチが頻繁に起こるようになっていったのです。

これは一体どういうことなのでしょう。



2005年のある春の日。
私は、東京は上野にある都立近代美術館の図書館におりました。
知り合いの写真展に行ったついでに図書館に寄っていたのです。
そこで何気に手に取った本が「エルテ」の本でした。

私は、あるページに釘付けになりました。
そこには「エルテ」アルファベットシリーズのエピソードが載せられておりました。
エルテがアルファベットシリーズを創り上げると
二つの文字がないことに気がついたそうです。
その文字は最後に付け加えられたのです。

その文字がなんと「」と「」。

鳥肌が立ちました。

私があの時買おうとしていた2つの作品と同じだったのです。
」と「」は何かのメッセージではあるまいか。

なぜ、エルテは「」と「」を創り忘れたのでしょうか。
本には本当に無意識に忘れていたと書かれてありました。
ということは、これはシンクロニシティの一種であると私は判断しました。

そしてこの「」と「」のイメージを次のようなことだと考えました。
」これはLeopardと女性のデザインとなっておりますが、
ライオン(Lion)のLだと思っています。
ライオンは富と権力の象徴。
人が通常目指す所。生まれてから欲しい、手に入れたいと思うもの、欲の最終地点。
そこが「」ではないでしょうか。

これに対して「
それは、「謎」、「問い」。
人生の裏の目的。裏の最終地点。
そこが「」ではないかと思います。

この「」と「」は実は2つ相対関係にあると思いました。
なぜなら「」が女性をデザインに登場させておりますが、
」にはエルテの作品には珍しく男性を登場させているからです。

ということは表と裏の関係なのではと思っております。
すなわち、あの時、私が「」を選択していたとしたら、
富と権力への扉が開いていた可能性がある。

しかし、私は「」を選択した。ということは、私の今回の
人生の最終目的は「謎」とか「問い」という裏の最終地点に向かっている可能性が高い。
なぜ、起業や投資に失敗したのか、これでよくわかったような感じがしました。

今回の私の人生の終着地点は「問い」とか「謎」であるならば、
今、まさに進んでいる世の中の現象の先に私が行き着く終着地点があるのでありましょうか。

」のデザインはこれです。

erte-q.gif


の中に人間がいる。つまり人間こそ最大の謎なのだと。
これは長い時を経て、私へ向けてメッセージを送り続けてくれている何かからの贈り物なのか..。


エルテの「」は今も押入れの奥にずっと眠っています。

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチッと押しておくんなまし。



Next Episode
毎年春にあるところから案内状が届きます。
それは、2003年5月からの出来事。"妖怪アンテナ"発生の秘密はいよいよ次回に..。
スポンサーサイト

 コメント

Re: タイトルなし from マティックス

ふぅさん、どうもありがとうございます。

「L」と「Q」の話っていろんな人からワタシはこう思うっていう反響がとても多かったです。
この話には人の美と潜在意識に関する繋がりをちょこっと突っついて起こさせる何かがあったのかもと思いました。

>「L」(先)男のプライドや野生の本能を飼いならし、従える女性。
>「Q」(後)蛇の中の男性。子宮(母性)に包まれ、庇護される男性。

とってもミステリアスですな。女性はとっても神秘的です。
女性の手のひらでコロコロされているのかなあ..。
(う~コロコロさせて欲しいでっす~)

ウィリアム・モリスってとてもシックでおしゃれですよね。
私も大好きです。
壁紙やスタンドのデザインにもモリス調なものが使われてきてますね。
スタンドいいなあ..欲しいなあ..。

>嗜好って、ちょっと過去世の記憶が臭うような気がしませんか?

そうかもしれませんね。過去世の記憶が無意識に出てくることって結構多いかもしれませんね。
(それでエルテに引き込まれたのかも..。)

5539(午後Thank you!)、凄いシンクロ。このコメント書いているのが午後1時半頃でっす。
すご~い!

from ふぅ

マティックスさん、こんばんは。
古い記事へのコメントでごめんなさい。
実は、マティックスさんの記事の中でこの「L」と「Q」が一番気になっていたんです。
「L」(先)男のプライドや野生の本能を飼いならし、従える女性。
「Q」(後)蛇の中の男性。子宮(母性)に包まれ、庇護される男性。
そんな風に思いました。
私はウィリアム・モリスの装飾芸術などが好きですが
嗜好って、ちょっと過去世の記憶が臭うような気がしませんか?

p.s.認証キーワード5539(午後Thank you!)でした。

from マティックス

うららさん、コメントありがとうございます。

Qの中に入っている人、もしかしたらダースベイダーさんかもしれませんね。(笑)

私はLのお姉さんが女王様のように見えます..mumumu..。
(「女王様とお呼びっ!ピシッ!」って。でも私Mじゃないですからね (^_^;) )

from うらら

マティックスさま
こんにちは。
L も Q も 不思議です。
私はスターウォーズのキャラみたいに見えます。
黒い骸骨が日本の古い兜をかぶっているみたい。
けっこう怖いです。(><;

猫さんコメントありがとうございます。 from マティックス

猫さん、コメントありがとうございます。

パソコンによって表示色が変わってしまうのかもしれませんね。
申し訳ありません。でも付き合って頂いて感謝です。ありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!

猫さんのコメント from マティックス

猫さんのコメントを承認したのですが、
なぜか表示されませんでした。
再度ここに載せます。

--猫さんのコメント-----------------

すいません、実は、ブログ読めないのです、
今までずっと、老眼のせいか、はたまたシキモウになったのか、
オレンジの字が茶系のバックにうずもれて、
今日、これが、カーソルを合わせて反転させると読めることがわかりました、
LとQか、おもろい、、男と女、、これも、、おもろい、、

念力トランプのワンポイント from マティックス

ニャニャスさん、コメントありがとうございます。

エルテのQ飾ってみますね。どうなりますかね。実は私もドキドキです。

念力トランプ頑張ってますね。(^_^)/ ありがとうございます。
さらにちょっとだけポイントを教えましょう。
第三の目(額)のところに自分のカードの残像を強くイメージして
シャッフルし、手のひらにのせると他のカードがふわっと自動的にズレてくれて
自分のカードがとれやすくなるようです。
残像のイメージ化がポイントかも。

>妖怪アンテナの発生の秘密も楽しみにしています。
ありがとうございます。次回お楽しみに~。

from ニャニャス

是非、エルテのQも飾って下さい。何かしら感じますね・・・念力トランプと言えば まだ、思いのままには扱えないのですが 選んだトランプは軽くなるのが分かります。早く浮き上がって欲しいと思うのが駄目なんですよね。妖怪アンテナの発生の秘密も楽しみにしています。

Re: すごいやね from マティックス

おちんさん、どうもありがとうございま~す。
そうですね。Qは"神秘なおやじさん"かもしれませんね。

えっ、Qを押入れから出すんですかい?
どうなっても知りやせんぜ..。なーつて。

そりでは、ご要望にお答えして、
5月4日午前10時から24時間だしてみましょう。
さてどうなるんだろう??
世界が基地外であふれたら皆さんごめんなさい。

>by 1セットだけだけんど、トランプを思いのままに扱えるようになっていい気になってるおちん。

おちんさん、すごいっす~。念力トランプのほうマスターしたんですね。
ぜひ雑貨屋のオーナーさんに紹介したいです。

すごいやね from シドニーおちん

ぱっと見、カーテンから黒いクマさんが出て来るところかと思ったが、よく見たら人。
なんか、非常にミステリアスな人だ。
QはMystiqueを表してるんだろうか。
エルテって感性の鋭いじぃさんだったんだね。今度、図書館に行ったら、ワタスも探してみっかんね。
で、押し入れ方出してみて。現実世界にどんな変化があるか、検証してみたらええのに。
んで、できれば今からⅬも買って、同じように、検証作業。
なんか、わくわくだすよ。
by 1セットだけだけんど、トランプを思いのままに扱えるようになっていい気になってるおちん。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/23-d0e1abcf