兵士Aくんの歌

皆様、こんにちは。

梅雨で毎日ジメジメしとりますが、体調など崩しておりませんか?

健康には十分気をつけて。


さて、先日御成門にある増上寺で夏至のイベントがありまして行ってきました。

でんきを消してスローな夜を。100万人のキャンドルナイト。

candlent-11.gif


夕方から無料のライブがあるというので友人と前の方に陣取り、ステージから右横奥にみえる東京タワーを背景に不思議な雰囲気を感じてきました。
増上寺ってはじめて入ったのですが、徳川のお墓がある場所なんですね。それと小さなお地蔵さんがずらりと並んでいてそばにあった風車が一斉に回り出すとある種異様な怖さがあります。

恐いもんが見たい人は入って右奥へどんぞ(笑)。


さて、まだ明るい午後6時から七尾旅人さんのステージがはじまりました。
キャンドルつけるにゃ明る過ぎ。。などど一人ツッコミを入れながら笑いをとっていました。

七尾さんってサーカスナイトの人だったけ。。

青葉市子さんがカバーしていたのを聴いたときからオリジナルである七尾さんを知るようになり、いい曲をつくる人だなあという認識があったように思います。


今回、七尾さんが最初に歌った「兵士Aくんの歌」がワタスにはとても記憶に残り、かつ社会へのメッセージ性が強いのでこの記事で取り上げますた。
賛否両論があると思いますが、何かを感じてくれたらとワタスは思います。


七尾旅人 / 「兵士Aくんの歌」 『これから出るであろう、戦後1人目の戦死者 ”兵士Aくん”のことを歌う』 2016.6.19 @東京・増上寺
https://youtu.be/_Eo7Gjzuuro



安保関連法が施行された今、これから出るであろう戦後1人目の戦死者 「兵士Aくん」 のことを歌った曲です。

これはこのまま七尾さんの妄想で終わるのか、それとも本当に実現してしまうのか。。

選挙の話は本当はしたくはないんですが、参議院選挙を前にしてワタス達一人一人の選択にその未来はかかっていると思うんです。


兵士Aくんの話をライブ作品にしたのが「兵士A」であり、7月7日にDVD発売されます。

もし興味がありましたらどんぞ。


七尾旅人『兵士A』予告編 / TAVITO NANAO『Soldier A』trailer
https://youtu.be/_24rTC-73XY



(歌詞)

兵士Aくんの歌


1人目の彼はどんな人だろう 1人目の戦死者Aくん
1人目の彼はどんな人だろう 何十年目の戦死者Aくん

彼は僕の友達 あれは僕の弟 彼はわたしの彼 あれはわたしの子

1人目の君はどんな人かな 野球好き? それとも ラジオが好き
1人目の彼はどんな人だろう 1人目の戦死者Aくん

彼は僕の友達 あれは僕の弟 彼はわたしの彼 あれはわたしの子

僕たちは ある朝ニュースで君のことを知る
しばらくのあいだ 君の名前は隠される
最初の数ヶ月 君の名は英雄の呼び名となり
そしてやがて 君の名前は 当たり前のものになる
Aくん Bくん Cくん Dくん

 わたしは失うのか あなたを失うのか
 この国は失うのか ここで失うのか 
 わたしたちは失うのか 誰を失うのか 
 この国は失うのか ここで

1人目の君は何を見るだろう 1人目の戦死者Aくん
1人目の君はどこにいるだろう この国の どこかで まだ 君が生きている


七尾旅人「兵士A」特集ページ
http://www.tavito.net/soldier_a/




本日もご精読ありがとうございますた。

よろしかったらポチっと押しておくんなまし。

clikc_bokin.png









スポンサーサイト

 コメント

Re: 若い世代に気がついてほしい。。 from マティックス

みらさん、ごんぬずば。引っ越し後いかがですか?

七尾さんはなかなかのアーティストだと思います。
ワタスも最近知ったのでにわかもんですけどね(笑)。

さて、参議院選挙今一盛り上がりませんね。
つうか、メディアもあまり取り上げていないですね。

これは改憲の可能性を隠そうとする意図がみえみえです。

投票率が下がれば与党有利なことは明らかですから。。


浮動票を眠らせてそっとしておこう作戦?

う~ん、そんな姑息な戦術、18歳、19歳の人達気がつかないよね。
ワタスは若い人たちに特に気がついて欲しいのです。

兵士Aくんの世代は、まさに今回から選挙権が与えられた世代だと。

今、政治を動かしているのは50、60、70、80のじいさん達です。

そんなご老体達がつくる日本には良い発想のカケラもありません。

明治維新で中心になった世代って10代後半から30代前半の若い世代だった。
今ひよっこ扱いされている世代は昔は世の中の花形世代だった。

斬新なアイデア、新しい世界への挑戦は若い人達でなきゃできないものだとワタスは思うんです。

ご老体達がつくるこのギシギシな世界を終わらせよう。そんな考えをこの選挙をきっかけに若者たちが持ってくれたらいいなと思っているんですけどね。


この国が本当に失うのかどうかワタス達ひとりひとりの選択にかかっています。


鉄拳さんに兵士Aくんのパラパラ漫画を作って欲しいですよね。


マティックス

尋常ではないセンスを感じる from みら

ごんぬずぱ。引っ越し後一か月のみらです。

何やら凄まじく凄味を感じる方ですね。そして、普段人があまり感じたくない現実を表現できるミュージシャンだという印象を受けました。

私もこういう場所ではあまり政治のことは語りたくありません。けれど次の参院選、とても重要だと感じています。
色々な意見があり、どれもそれぞれがごもっともで、攪乱や封じ込め、某所からの操作もある中、自分がどう生きたいかをしっかり自覚して進んで選択するしかないのだと思います。

大昔、太古の時代には戦争は純粋な国防でした。みんなが愛する自分の国のため(自分を生み、育ててくれた世界のため)戦うことは悲劇ではなかったと思います。あの当時(おひつじ座時代においては)犠牲という考えは無かったと思います。戦死も惨たらしい怪我も、あの頃は名誉ではあっても”かわいそうなこと”ではなかったのです。

しかし今は違います。戦争とは経済を無理やりにでも動かすための起爆剤であり、それは国を守ると言うよりも物質的価値観念を長生きさせるために投入される生贄の儀式に思えます。改憲で軍を所有しても、それは決して自国を守る為の物ではなく、あの大国が損失を被る前によその国に肩代わりさせるためのものだと感じるのです。

具体的にどんなことが起きるのか、それは見知らぬ他人ではなく、良く知った友人、家族、そして自分自身に起きるのだと、この「兵士A」は伝えているのだと思います。

実は、この歌を聴いている時、もしあの鉄拳さんがこれでパラパラ漫画を作ったらどんなだろうと想像してしまい、泣きそうになりました。

Re: 戦争は人を悪魔に変えてしまう from マティックス

ねこさんどうもです。

戦争は人を悪魔に変えます。

悪魔の務めって人を殺す事だけではないのです。

人を殺す事で別の人に恐怖と不安と絶望を与えるのが悪魔の務め。

人は神にも悪魔にもなることができる。

選択は自分次第なのです。

ワタスも平和を願います。

from ねこ

わたしは平和を願います。


人が人を殺し合う戦争は、反対です。(´๑⃙⃘•༝•๑⃙⃘`)

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/230-3fb4b256