3次元猫のパラドックスは我々を何処に導くのか?-(男と女Ⅱ編)

【 エピソード1 】

 男が女に求婚した。

 「きみが好きだ。結婚してくれ」

 しかし女は迷った。

 「困ったなあ。あなたのこと、半分だけ好きなの。半分だけなら、結婚してもいいわ」
 「半分結婚なんて、ありえないよ。結婚するか、結婚しないか、どっちかだ。どっちにするか、とにかく決めてくれ」
 「そんなこと言っても、半分好きなんだから、しょうがないでしょ。決められないわよ」

 白黒で決められないものを、白と黒のどちらかに無理に決めようとすると、ジレンマが起こる。……これが実は、「シュレディンガーの猫」の本質だ。

-- ブログ「シュレティンガーの猫の核心」より転載-----------------------------
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/physics/catwjs.htm

シュレティンガーの猫」ですって!?な、なんですか?それは?...
化け猫の一種?うちのタマじゃなくてよ。オホホホ・・・
今度は量子論ですか?またまたぶっ飛びですね...。

とまあ、いろんな声が(汗)聞こえてきそうですが、今回は量子論的スパイスを効かせつつ、
男と女の話の続きからこの3次元のパラドックスへ到ることを書きたいと思います。

冒頭の最後ででてきた「シュレディンガーの猫」の話、皆さんはご存知だろうか?
簡単にご説明しましょう。
シュレディンガーの猫」は名前の通りシュレディンガーさん(物理学者)が考えた思考実験です。

cat-1.gif


蓋のある箱の中に猫を一匹入れます。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンター(放射線計測器)を1台、そして青酸ガスの発生装置を1台入れておきます。
もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作動し、青酸ガスを吸った猫は死にます。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残ります。一定時間経過後、果たして猫は生きているか死んでいるか。という実験です。

な、なんて残酷な実験なんだぁ~、動物愛護協会に訴えてやる!と突っ込みを入れられそうですが、これはあくまで思考実験、本物の実験ではありません。
で、この実験なにがどうなのといいますと、
猫の生死の決め手は、ラジウムからアルファ粒子という物質が出たかでなかったかで決まります。ある一定時間例えば1時間でアルファ粒子が放出される確率が50%だとしますと、この箱の蓋を閉めて1時間放置したら、人間が観測するまでは、猫が生きている確率は50%で、死んでいる確率も50%となる。つまり、実際には生きているか死んでいるかわからないという状態(現実)が存在することを量子力学ではわざわざ証明しようと試みているのです。

ああ~めんどくさ~、暇人やねえ...。と、どこからかそんな声が聞こえてきそうですが...(笑)

その証明の一つに「重ね合わせ」という説があります。
ここでの重ね合わせとは猫が生きている状態と死んでいる状態2つが同時に同じ時間の中に存在しているという説です。1時間という時間は1匹の猫において生きている猫と死んでいる猫が混在し、コインの表と裏がくるくると瞬時に入れ替わっているような状態を示しており、1時間後に観測するまで猫についての「真偽値の重み」が 0.5ということになります。しかし、現実の世界では生きているか、死んでいるかという事実のみが証明となりこの説は矛盾を抱えたまま量子論的にはボツになってしまいます。

しかし、とんでもものの世界ではよくある説ですよね。パラレルワールドの世界なんかは重ね合わせが多重に起こるという世界のようですが..。

ブログ「シュレティンガーの猫の核心」より転載
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/physics/catwjs.htm
---- 転載はじめ ----------------------------------------------------------

【 エピソード2 】

 女に言われたあとで、男が決めつけた。
 「半分好きだということは、好きな状態と好きでない状態とが、重ね合わせになっているんだ」
 しかし女はいぶかった。

 「重ね合わせ? それ、どういうこと?」
 「体と体の重ね合わせじゃないよ」
 「ふざけないで」
 「いてっ。ぶつなよ。……つまりね、心と心の重ね合わせのことさ」

 「あなたとあたしの?」
 「じゃなくてね。きみ自身の心と心」
 「どういうこと?」
 「きみのなかに、二つの心がある。一つの心は好きだと言っているが、もう一つの心は好きでないと言っている。きみのなかに、二つの心が共存しているんだよ」
 女は呆れた。

 「あなた、馬鹿じゃないの? 心の平均値の計算なんかしないで。あのね。半分好きだということは、好きと嫌いがいっしょにあるということじゃないわよ」

 「じゃ、何なのさ?」

 「どちらでもあるんじゃなくて、どちらでもないのよ」
 「え? 半分好きって、そういう意味かい?」
 「当り前でしょ」
 「僕のこと、好きでも嫌いでもない、ってこと?」
 「まあね」
 「そうかなあ」
 「でも、そうなの」と断言した。「まだわからないの? あなたって、女心がちっともわからないのね」

 「だって、物理学者だから……」

 「ふん。こんなことじゃ、物理のことだって、どれだけ知っているか、怪しいもんだわ。あたしの方がよく知っているかもよ」
 そう言われてみると、男は何だかそんな気がしてきた。

----転載おわり----------------------------------------------------------------

さっきから男と女のエピソードが出てくるけど、
そもそも何でこの量子論が男と女について関係してくるの?ってお思いになることでしょう。

以前の記事を覚えておりますでしょうか。

男と女(2010年4月16日記事)
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-22.html

この中で男と女の恋愛に対する発火時間が違うと書きました。
恋愛において女の人は予定調和であり、全てが無意識の計算の中で未来調和を目指して動いている。
そして発火までの時間は上記のように好きでも嫌いでもない状態にある。つまりここに「シュレディンガーの猫」が登場してくるわけです。

恋愛曲線

この図は男女の恋愛曲線です。
女性の意識の高まりは、はじめチョロチョロなかパッパ状態であるのに対し、
男性は最初からビーパッパパラッパ、パパパラッパのスキャットマン(古っ!)状態のほぼ全開ぎみで入ります。

【スキャットマン】Scatman John Scatman
http://youtu.be/5vc5bed8l4A


女性が恋愛に本気になるまでの間、それがつまり好きでも嫌いでもない「シュレディンガーの猫」の状態なのです。
恋愛を成功させるならこの特性を知っていればもう鬼に金棒!...とまではいきませんが、何かの役に立つはずです。
(男子の皆様、最初から飛ばしすぎないように。)
好きでもないし嫌いでもない状態というのは実は好きな状態濃厚なのです。
ただ、「観察者のように箱の猫を観察すること」=「恋愛にもう一歩踏み込むこと」の意識がまだできない状態にある。
そのような状態をまるごと受けとめることができたらたぶんその恋愛は成功に向かうのではないでしょうか。
そして女性が発火した後もちゃんと女性を大切にしてあげればハッピイエンドが待っている?!
恋愛修行中の方々にはどうぞ参考にしてくださいまし。(ハーイ、って自分で答えてどうするよ..)

女性をまるごと受け入れること=「全てをあるがまま受け入れる意識」こそ3次元猫のパラドックスが我々を真理に導く方向なのかも....な~つて。

ブログ「「重ね合わせ」とは何か?」より転載
http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/physics/catwjk.htm
--- 転載はじめ -----------------------------------------------------------------

【 エピソード3 】

 男はあらためて、女に求婚し直そうとした。
 「きみは僕のこと、半分だけ好きだって言っただろ?」

 「ええ」女は頷いた。

 「そうか。初めは、きみのことを誤解していたよ。好きという状態と嫌いという状態が 重ね合わせ になっているんだって。……でも、それは誤解だった。ごめん」
 「じゃ、どうわかったの?」
 「前にも聞いたけどさ。僕と結婚するかどうか、決められないんだよね? 迷っているんだよね? 決められないまま」

 「そうね」

 「わかった」

 「わかったって?」

 「どっちとも決められないという、きみの気持ちを尊重するよ。結婚するのでもしないのでも、どっちでもいい」
 「じゃ」女は不安そうに尋ねた。「あたしのことは、どうでもいいっていうこと?」
 「違うよ」男は優しい目で見つめた。「僕はきみの気持ちを、あるがままに尊重する。決められない状態を受け入れる」

 「どっちかに決めなくてもいいっていうこと?」

 「そうさ。前はどっちかに決めてくれと頼んだ。でもそれは間違っていた。きみはどっちかに決める必要はない。決められないなら、決めなくていいんだ。未決定状態でいいんだ。そのままでいいんだ」
 女はとたんに、にこやかな表情になった。

 「今、やっと決まったわ。どちらにするか」

 「え、どうして?」

 「あなたが真実に気づいたからよ。あなたが真実を尊重するからよ。そういう人なら、あたしも愛することができる」

 女は笑顔で見つめながら、手を伸ばして、男の手を優しく握った。

--- 転載おわり --------------------------------------------------------------------

OH!女心はむずかしい~!

Bakemonogatari Ending
http://youtu.be/S2TJ1qqeRD8


歌のフルバージョンはこちらで
君の知らない物語/Supercell(Cover)
http://youtu.be/UNOLELxhYQg


さて、この男女の恋愛曲線を何気なく眺めるとこれは表面意識と潜在無意識の状態と似ているのではないか...そんな考えが浮かんできました。
表面意識を男性、潜在無意識を女性にたとえるととても納得してしまいます。
最初は表面意識から先に上昇し、後から潜在無意識が起動して上昇してくる。表面意識が先に少し下降したところが交点です。
その最初の交点こそ現象化が始まる地点!?

そうです。つまりこれは、念とその現象化にも関わってくることのような..。
ここら辺は次回でゆっくりと書きたいと思います。


以下次回へ続く。次回「3次元猫のパラドックスは我々を何処に導くのか?-(念と現象化編)」をおおくり致します。
お楽しみに。

ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。



P.S
「重ね合わせ」説に変わって出てきたのが『粒子の波』という説でこれは、箱の中の猫が生きている猫の粒子と死んでいる猫の粒子とが重ね合わせのような状態になっており、それは粒子と波動の運動性質を持っているそうです。波の状態においては中間的な値がとれるとのことで量子力学的にはこの説を押す人が圧倒的です。

え?何?これは一体どういうこと?と言いますと、
1時間後の猫の粒子を決定するのは観察者さんの粒子の波、つまり観察者という人の波が猫の生死を決めるのだそうです。なんと、これも面白い説です。

ということは、観察者さんの波動の状態で猫が死んでいるのか生きているのか変わるってことなのでしょうか?
つまり、観察者の心身の状態(観察者の波動)が猫の生死を決めるってこと..!?

上のエピソードで言えば、男性が女性をまるごと受け入れたこと(=「全てをあるがまま受け入れる意識」)の波動が女性を引き寄せたということになります。

この説がホントなら私達の波動の状態で未来が変わるってことになります。

量子理論もいよいよとんでもものに突入か~!

スポンサーサイト

 コメント

Re: Yes or No? from マティックス

FUJICOさんありがとうございます。

もしやFUJICOさん、求婚されておるのですかい。

受けるか否か?

おお、FUJICOの未来はどっちだぁ~!

from FUJICO

ちょちょちょ~www
アタシこれかもぉ~www
シュレディンガーの猫www
面白いネタありがとう、とっても参考になりあしたぁ~
さて、どうするかなwww

Re: タイトルなし from マティックス

せんちょさん、コメントありがとうございます。
なんか、量子論って最近結構注目されているんでしょうかねえ。
友人の何人もがやはり量子論の本を読んでいて話題でもちきりでした。
500円の本知っていますよ。
アレ結構面白いんですよね。タイムマシンのほうもお勧めです。(^_^)/

次回はパラレルワールドのご要望が大変多いので
予定を変更しましてパラレルワールド編に致します。
よろしくです。

coming soon!

from せんちょ

ムッハー楽し過ぎる!
あ、はじめましてコメントさせていただきます。

ちょうど最近、量子論の本を読んでいたところでした。(といっても500円の図解付き)
>観察者の心身の状態(観察者の波動)が猫の生死を決めるってこと..!?
実に面白い。古ッ。
真空は無でないんですよね。それこそ空!
まだまだ勉強中ですが、テンション上がりまくりです。
失礼しました

Re: タイトルなし from マティックス

ニャニャスさん、コメントありがとうございます。
量子エネルギーのことを考えていたそうでドンピシャリンクしましたね。

全てをあるがままに受け入れる意識というのは、占いを行うときにも必要なものだそうです。
優秀な易者さんは、易を行う前にその意識の状態に入ると占う前から既に外応(がいおう)と
言って予兆が現われるらしいです。これは森健さんの六爻占術でもいわれていることですが、
人間というのは磁気体でありそれが顕著に強い状態というのがそのような意識の状態らしいです。
おおっとこれ以上書くとネタばれになってしまいますがな。
次回をお楽しみに。

Re: ワタス、自分がわかった from マティックス

おちんさん、いつもありがとございます~。

おちんさんもmistymidoさんも深い読みにまっこと脱帽しております。

えっ、おちんさんもパラレルワールドをご所望ですかぁ~。
(パラレルワールドは女性好みなのかなぁ..)

う~む、最後にパラレルを書くか次にパラレルを書くか...。
パラレルを書いた未来、書かなかった未来、さあ読んでいる皆さんもイメージングだすよ。

from ニャニャス

とても面白いお話し有難うございます。
ちょうど量子エネルギーのことを考えていました。全てをあるがままに受け入れる意識!これが大切ですね。次回も楽しみにしてます。 

ワタス、自分がわかった from シドニーおちん

ワタスはずっとシュレディンガーの野良猫おばちゃんだったんだ。

自分に何を求めてんのかわからんから、ずっと野良だったのかぁ。

期待することで結果が左右されるんだから、ワタスは座布団猫がええ、と思いますた。

明日からワタスは変わるよぉ~。期待したってちょんまげ。

箱開けてびっくらになってっから。

本日も、おもしろい話をありがとうござんした。

で、ワタスも、今、パラレルワールド期待したので、次は絶対その話がこの黒い空間に発現すんだと思いますた。                by 期待通りのおちん。

Re: 面白い記事ありがとうございます。 from マティックス

mistymidoさんありがとうございます。

一度盛り上がった段階で落とすのですな。ほう、なるほど勉強になります。(って恋愛講座ですがな、ルンルン♪)

パラレルワールドのことはこの話の3話目に一応予定しているんですが、間に別の話を挟むかもしれません。そこまでいけるかな~でも頑張りま~す!

"睡眠"ってパラレルワールドのキーワードになるかもしれませんね。

面白い記事ありがとうございます。 from mistymido

おばさん的にはもう恋愛なんてどうでもいいんですが、男の人は最初に盛り上がった辺りの曲線で、一度無理に落とした態度をとった方がいいです。確かに。そうすると、上手い具合に曲線が追いかけっこするみたいになるので、面白いかなっじゃなくて、きっと上手くいくと思います。
すみません余計なことを書きますた。
で、読んでいてパラレルワールドの話になるのかと構えてしまったです。パラレルワールドの発生する選択前の話なんだね。
でもなんだか納得しちゃったです。
実験結果を得るって事は、その実験に対して何を期待するかで結果が左右されるって事だよね。と私は理解した。
マティっクスさんありがとう。思考実験どんどん実行します。
その節はご協力をまたお願いします。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/29-9fb699ef