2011夏 特別企画 長野松代旅行記 ~謎の皆神山へ~(その4)

minakami-4-0.gif

長野松代での2日目。

ギーコギーコ。朝のサイクリングは気持ちいいっ!

ワタス達は自転車で皆神山へと向かっておりました。
小鳥の声とセミの声が混じり合い、松代での夏のひとときを一層盛り上げてくれているかのようです。

minakami-4-22.gif

皆神山は松代駅から自転車で約15分くらいのところにあります。
目の前にみえるのですが、ん~なかなか登り口に着かない。(T_T)

ゆるやかな上り坂は運動不足のワタスには少しきついなあと感じたその時、向こうの方から中学生らしき男の子がワタス達とすれ違いました。

ワタス:「ブッ、プハハハ」

Kさん:「み、みました?」

ワタス:「いや~、いまどき眉なしのツッパリあんちゃんって天然記念物もんだなあ。」

眉なしのツッパリ中学生がものすごい形相でガン飛ばしてやってきたのですが、あまりに可笑しいので思わず吹いてしまいますた。
すごいなあ松代って時間が止まったようです(笑)。
こりも何かの合図なのか、いやいやそれは考えすぎってもんでしょう。

さて、皆神山に登る入り口へとやってきました。
標高659メートル山頂付近にある皆神神社まで車でも行ける舗装道を自転車を押してここから登ります。

さあいざ出発。

と、強烈な夏の日差しが容赦なくワタス達に照り付けます。

minakami-4-1.gif

ハアハア、登ってまもなく汗が滝のように流れてきました。
こ、こりはキツイ。
日頃の運動不足、こんなところでツケが回ってこようとは。トホホ。
歯を食いしばりながら杉林の中をひたすら自転車を押していきます。

途中休み休み進んでいくと中腹の岩戸神社にでました。

minakami-4-2.gif

岩戸神社。
御祭神は天照皇大神とたて看板に書いてありました。
古事記の天岩戸伝説にちなんだものでありましょうか。
岩戸神社と称する神社は全国に数々あれど、巨石を積んだ入り口のような神社は珍しい。
皆神山の地下入り口と言われ、煙を近づけると巨石のすきまへ入っていくことからその先は道または空洞になっているのではないかと言われております。
ここが皆神山ピラミッドの入口なのかぁ~。なーつてどこぞの怪しいテレビ番組のマネですかぁ。

でも少し不気味ですね。人を近づけない波動が漂っています。

この皆神山がピラミッドと呼ばれる所以は、皆神山駐車場にある有名な立て看板によりますと、
古事記などに書かれている神々は皆宇宙人であるという説を唱えておりまして、この皆神山が宇宙との交信に適した地でまたUFOの離発着地点であったというのです。

minakami-4-20.gif

minakami-4-21.gif


皆神山は「ゴロタ石」と呼ばれる石と土砂が混じった土で形成されており、スカスカでスポンジのような特徴があり静電気を帯びやすいらしい。さらに皆神山一帯は重力異常が観測されており、独立行政法人 産業技術総合研究所の上信越地域重力図(ブーケー異常図)には皆神山周辺の重力異常が地図にも記録されております。

上信越地域重力図(ブーケー異常図)
GRAVITY MAP OF JOSHIN-ETSU DISTRICT(BOUGUER ANOMALIES)
http://riodb.ibase.aist.go.jp/gravdb/pub_map/Gravity_05/Gravity_05.html

山全体を特殊な装置にして電気的な作用で宇宙船を飛ばしたり招き入れたりできるとしたらこの山はUFOの飛行場であったのかも。。と妄想は尽きませんねえ(笑)。

まあ詳しくは皆神山三部作ビデオをみてみよう~。

サイト『「皆神山の謎」三部作について』
http://www.interq.or.jp/jazz/harrygws/minakamiyamanknazo/00jo.html

岩戸神社を後にしてヘロヘロになりながら登っていきます。
も、もう限界ですぅ~(>_<)/

minakami-4-3.gif

とその時、視界が開かれ、下の景色がパァーと広がりました。
うわぁ~絶景ですね。下の町並が一望できます。やっぱ来て良かったなあ。

景色に力づけられあともう少し。
途中、ぶどう畑やトウモロコシ畑などを通過しながら、
はて?これは神社さんの畑なのかなと思っているうちにようやく鳥居のところまでやってきました。
もうTシャツが搾れるくらい汗ビッショリです。

Kさん:「ようやく着きましたね。」

ワタス:「もうオカルトなんか大嫌いだぁ~(神代マヤのセリフ)。嘘です。」




鳥居のところに自転車を置き、ここからは徒歩で神社を散策します。
長い参道のその先に大きな山門があり、そこをくぐると向こうに本宮がみえます。
大きな田舎の神社っていう感じでとても良い氣が漂っています。

minakami-4-4.gif

ポンポン

二礼二拍手一礼の作法でお参りをすると、とてもすがすがしくいい感じがしました。
なんだろうこの気持ち良さは。

頭上の妖気アンテナも反応しています。
ここの氣はとてもいい。

minakami-4-6.gif

Kさん:「マティックスさん、みてみて」

ワタス:「おお、菊のご紋の上に六芒星のカゴメマーク!」

「天地カゴメ之宮建立由来」と書いてある石碑は昭和のものらしい。
カゴメのマークといえば、伊勢神宮のの石灯篭に刻まれているそうなのですが、やはりここも皇族と関わりがあるのですな。
なぜ戦時中この松代へ大本営を持ってこようとしたのかおぼろげながらわかってきたような。。


minakami-4-7.gif

本宮裏に奥宮へと続く参道を発見。
巨木が生い茂る森の中の参道は神聖な雰囲気に包まれ霊験がとても高そうな感じがしました。
頭上の妖気アンテナがビンビン反応しています。

ここは凄いなあ。。

皆神神社の正式の名称は、熊野出速雄(くまのいづはやお)神社 といいます。あの熊野三山から勧請された(勧請=分霊)神社です。
熊野神社って結構全国各地に散在しており、ここもその一つなのです。

ということは、もともとは熊野が本家であれば、この山全体もUFOか何かで熊野から根こそぎ持ってきたりして。。なーつておバカな妄想が浮かんでおりました。

minakami-4-8.gif

さて、奥宮をお参りした後、裏手に回ると有名な御聖井跡がありました。
ここに方位磁石を近づけるとくるくると針が回るらしい。
分杭峠と同じくここら辺一体が0磁場である証明になっているそうな。

Kさん:「しまったぁ~、方位磁石持ってくるの忘れましたぁ~」

ワタス:「(目を回しながら)いつもより余計に回っていますぅ~」

Kさん:「・・・・・あぽーん。」



minakami-4-9.gif

さて、これから二人でUFO呼びに挑戦してみます。

Kさん:「さあ、マティックスさん、これからUFO呼びますよ!用意はいいですか?!」

ワタス:「おう!」

Kさん:「ベントラベントラスペースピープル!」

ワタス:「ベントラベントラスペースピープル!」

Kさん:「ベントラベントラスペースピープル!」

ワタス:「ベントラベントラスペースピープル!」

ワタス:「時空よ、UFOの船長さんをここに呼んできておくれ!」

ベントラベントラスペースピープル・・・・・・
(って漫画"うる星やつら"ですかぁ~~うわぁ~歳バレバレじゃ(>_<)/)

おやじ2人のアホな掛け声は遠くの山々へ木霊していた。(アホ~)
(こんなことやっていたから時空のイタズラは発動しちゃったのかもしれない。。)


その5(このシリーズの最終話)へ続く。


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。




続きをクリック

ここから追記記事

もう一つの長野松代旅行記 その4

2目の日は、朝3時に起きて女子サッカーW杯決勝を見る予定だったのですが、二人とも起きたのが朝の6時。

テレビをつけると、驚くことにまだ生中継していたのです。しかも延長戦で日本が負けている。。ってか完全にアメリカペースだ。

丁度、日本がコーナーキックを蹴るところでした。こりは銀メダルかな。でもよくやったよぉ。なんて思っていたら。。

澤選手の素早い動き。。あっ、入った~!

怒涛のような歓声。これで同点だぁ。

ピピー。PK戦までもつれこんだ。

そのPK戦、アメリカ緊張したのか外しまくる。で、日本優勝しちゃったよお。

マジに?ワタス達が見る前までは完全に負けていたのに。

一体何が起こっているんだろう。。何かがチェンジしたような変な感じは今日これから起こる事を暗示していたのだろうか。。



その5へ続きます

最後までご精読ありがとうございます。



スポンサーサイト

 コメント

Re: 因みに。。。 from マティックス

リリーさん、どうもです~。

すごい高尾山を下から登っていくだなんて。。
御岳山もですか。
うう・・今のワタスにはとてもできましぇん。(>_<)/

ちなみに高尾山沢登りコースは気持ちいいですよね。昔、下りで降りてきたことがあります。

大学の頃なら結構友達に引き回されていろいろ登りに行ったのですが、
今は体作りからやり直さなくちゃなりませんわい。(もう~いやねえ~おじさんで。と聞えてきそう(笑))

リリーさんは山ガール(山リータと最近はいうのかな)だったのですね。
山ガール!
なぜ山女と書かないのでしょうか?
えっ?そんなこと知らんて?
そりではお魚さん(山女とかいてヤマメと呼ぶのですな)になってしまうから。。と。

ヤマメは塩焼きがいいなあ。ってだんだんわけわからなくなってきますたのでこの辺で。

ではまた。
パクっ!

因みに。。。 from リリー

マティックスさん、こんにちは!

因みに私は高尾山は必ず上りは足で登りますのよ♪
小川に沿って上る沢登りコース(6号路)がお気に入りです!
(暑い時期は特にお勧めですよ!)
で、下りにケーブルカーではなくて二人乗りリフトを使って
降りてきます。(これがスリル満点!)

御岳山頂上の御岳神社も登りは足で、下りはロープウェイで♪

Re: リリーさん、ありがとうございます。 from マティックス

リリーさん、こんばんは。
おお、リリーさんは神社仏閣好きなのですね。
神社仏閣は山の上にあるところが多いから行くまで大変でっすよね。
高尾山もロープウェーがあるからどうにかいけますが、
皆神山みたいなところはなにもなーい。
皆神山にロープウェー付けて欲しい~(笑)。

でも、車でもいけないことはないのですが、道が狭いので、
小さめの車のほうがいいかもしれません。またはバイクなら全然OK。

自転車は帰りが楽ちんですがかなりスピードが出て少し危ないかも。
この自転車が実は次回のキーワードです。

お楽しみに(笑)。

ワクワク! from リリー

マティックスさんこんばんは!

わぁ~、なんだかワクワクしますね~♪
それにしても素敵なオサシンの数々!
特に鳥居の写真がいいですね~v-344
神社仏閣好きの私には、たまりませ~ん。

素敵な神社ですね~。是非行ってみたいです!
高尾山よりちょっと高いくらいのお山なんですね。

その5では、いったい何が起こるのでしょう?v-391

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/92-121ca392