スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2011夏 特別企画 長野松代旅行記 ~謎の皆神山へ~(その5)

夏の思い出。長野松代。


あの日も空は青かった。。


01:夏空~オープニングテーマ~
http://youtu.be/sasJZTOUfpk







空を見上げる。

青い空にぽっかり浮かんでいる白い雲。





どこへいくんだろう。それは雲さんにもわからない。。





ゆっくり湯に浸かり夏空を眺めながら、ふとそんなたわいのない事を思った。




虫歌の湯

皆神山のふもとにある温泉施設「虫歌の湯」に寄ったワタス達は旅の疲れを癒し今回の旅行の労を称え合った。Kさんには世話になりっぱなしで、彼はこのおバカなワタスに付き合ってくれる本当に良き友人なのです。


Kさん:「マティックスさん、この松代へ行かなかないとしたら私達はどこへ行っていたんです?」

ワタス:「日本にはシャンバラの入口が3つくらいあるそうなのでつ。実はワタスが怪しいとにらんでいる場所があるのです。」

Kさん:「えっ?!それはどこですか?」

ワタス:「そりは△△にある○○の○○○○!じゃないかと」

Kさん:「なんと!海のそばは危険じゃないですかぁ、っていうか行くことできるんですか?そんなとこ。」

ワタス:「まあ、めちゃくちゃ危険じゃないとは思うんだけど地元の人に教えてもらわないといけないかもね。」

露天風呂から見えるふもとの町並みを見ながら次の旅へと思いを巡らせていた。

虫歌の湯
http://www.mushiuta.com/

ワタス達はそこで食事と昼寝をとり、帰りの時間までをゆっくり過ごした。
さて、そろそろ自転車を駅に帰さないと。

身支度を整えて「虫歌の湯」を後にした。





お湯に入ったせいか、なんだか身体がフワフワして力が入らない。。

虫歌の湯から松代駅まではなだらかな下り坂が続く、長野県道35号線を対向車がすれ違うのもかまわず右側の歩道路を自転車で走っていた。

漕がなくても自然にスピードが出るので楽ちんだ。
まあ皆神山の上から一気に下まで降りたスリルは満点だったが、それに比べればこんな緩斜面は比ではない。。

と思っていた、矢先。
タイヤが道のミゾにスポっと嵌ってしまった。


あっ、あれっ?!

そのままミゾにハンドルをもっていかれる。


?!


ヤバイ!コントロールがきかないっ!

た、たおれるっっ!



ガッシャーン



リックが道路に散乱、ワタスは自分が地面に投げ出されるのと同時に直ぐ向こうから車が来ているのがみえた。

あっ、もう間に合わないっ!

ダメだぁぁぁ~ぶつかるぅぅぅ!



ドッドーン!グシャグシャグシャ。







死ぬ時って本当にあっけないものと思った。
自分の屍を自分が見ている。。そんな光景が意識の中に広がっていた。。








し~ん。





静寂




そう静寂だった。

これは一瞬なのだろうが、しかし長い時間が経っていたかような感覚がそこにはあった。




ふと、気がつくと。
ワタスは地面に伏していた。身体はそこにあった。

あれ?

身体ある?


ワタス生きているのか?

ワタスの頭のすぐ前にタイヤがあった。
あとほんの数センチのところで車は止まったのだ。


車の運転手がすぐ降りてきた。

「大丈夫ですか?」

青くなったKさんが駆けつける。

「大丈夫ですかぁ~?」

右腕にすり傷と左手に軽い捻挫、あとは膝に軽い打身があるだけで身体は動ける。

車とワタスは何の接触もしていないようであった。


「いや~驚きましたよ。急に前で転んでいるじゃありませんか。もう轢いたかと思いましたよ。」

興奮気味に運転手が話した。

散乱した荷物を急いで歩道に移し、車の運転手には深々と頭を下げた。


Kさん:「変な音がして後ろ振り返ったらいないんですもん、も~う、やめてくださいよ~」

ワタス:「すまん、すまん。タイヤがミゾに嵌ってバランス崩してしまったらしい。」

とりあえず、近くの薬局へ寄り大き目のばんそこうを買い、松代駅の水場で右腕についた砂を洗い落とし応急処置をした。





Kさん:「このくらいで済んでホント良かったですよ。」

ワタス:「そうだね。いや、実は自分の中では車にぶち当たって自分の屍を見ている記憶があるんだけど。気がついたら生きていたんだ。ホント不思議だよね。」

Kさん:「な、何言っているんですかっ!」

ワタス:「えっ?!」

Kさん:「死ぬなんていわないでよっ!」

ワタス:「あのぅ。。(うわぁ、マジに怒っているよお)」

Kさん:「マティックスさんがあの場で死んでしまったら。。」

ワタス:「・・・・」

Kさん:「わたしは。。」

ワタス:「・・・・」

Kさん:「わたしは。。一体どうすればいいんですかっ!」

ワタス:「・・・・」

    「ご、ごめんなさいっ。もうしません。(って何をしませんのかわからんが。。)」

Kさん:「・・・・」

ワタス:「本当にKさんには迷惑かけてしまったよね。本当にごめんなさい。今後気をつけるから。本当に。本当に。」(少し涙目なワタス。でもKさんが叱ってくれて少し嬉しかった。)



Kさん:「松代だけに。。。。。。頭が。。。。。まっしろ。。。なーつて(笑)」

ワタス:「・・・・・・・・クスッ」



だ、だみだこりゃ~~。




Sina~運命 Seisuke Matsuyama 松山晴介 Djavan cover
http://youtu.be/8rPTs1JRZmw


ダマノ カムイ ワタノ カムイ
チュプ アンケシ スムレラ ヤイサマ~♪


ご精読ありがとうございました。
よろしかったらポチっと押しておくんなまし。




続きをクリック

ここから追記記事
もう一つの長野松代旅行記 その5

 2010年6月30日当ブログ記事「3次元猫のパラドックスは我々を何処に導くのか?-(パラレルワールド編)」より抜粋
http://matix.blog100.fc2.com/blog-entry-30.html
---転載はじめ-----------------------------------------------------------
私達の意識が寝る前と寝ている間と起きた後で少し違う世界に行っているということなのです。寝る前から寝ている間においては、寝る前の意識の波動によって方向づけられ、寝ている間に様々なパラレルワールドの世界からそこに合う世界を選択し、起きたときには寝る前の世界とは違う世界いるというとんでも仮説です。

parareru-2.gif

通常は寝る前の状態A→起きた後の状態A"なのですが、何かの作用がそこに影響すると寝る前の状態A→起きた後の状態B"に変わる。しかもB"においては起きた後すぐ違和感を感じるのですが、周りの状況の修正を自動的に時空が行なっているので時間が経つと何事もなかったかのような意識になってしまう、そんな事が日常起きているのではないかと感じるのです。

すなわち、フォン・ノイマンが言ったように観測者が猫を観測する時点で波動の収縮が起きるということを参考にするなら、自分(観測者)が起きた時点(=猫を観測する時点=自分の外の世界を観測する時点)で3次元の波動収縮を通じて状態Xを出現させていると考えられるのではないでしょうか。

---転載おわり------------------------------------------------------------

minakamiyama-5-0.gif


マティックスさん、Lです、大変ご無沙汰しております!
今日の丸の内でのライブ、予約して下さっていたと伺いました、ありがとうございます。お会いできず残念でしたが、お気持ちとても嬉しかったです。

今日の会社のスタッフの方から、メールに添えられていた文章を伺いました
(△△さんの会社のパソコンが壊れてしまって、連絡つかなかった方々が何人かいらっしゃったようです、マティックスさんのメールも消えてしまったみたいで。大丈夫でしたか?△△さんの連絡がとれず来られなかったのではないかと心配しております)

以下省略。

-- 歌手のLさんからのメール(ほぼ原文)より一部抜粋 -------------------------

松代から帰って直ぐ、知り合いの歌手の女の子からメールが来ました。
歌手といってもテレビに出ているような歌手ではなく、ギターを片手にJAZZクラブやこじゃれたバーで歌う実力派ボーカリストです。

その彼女が、自分のライブに来てくれたお礼とのことでメールをくれたのです。

が、しかし、ワタスは彼女のライブの予約をしたことなど全く記憶になく、当日ライブへ行ってもいなかったのです。

メールをみると、ワタスが予約を入れた際に彼女の事務所へ出したというメールがあって、
それが格納されているパソコンが突然故障を起こしメールごとふっとんでしまったのだそうです。
折角メールをくれたのにメール見なくて申し訳ないと丁寧にお詫びが書かれてありました。


えっ!えええ??

な、なんでしょう。この違和感。


まるで別のワタスが皆神山へ行く前にやった後のように今の現実が回っていますた。

そういえば、普段通っている新型マンションに敷き詰められた歩道の敷石がいつの間にか大半が変わっていたのです。
それを工事するには1週間くらいかかるわけでここ2~3日でできるものではありません。

さらにとある駅近くにあったイトーヨーカドーがいつの間にか別の名前のスーパーに変わっていて、
ここいつ変わったの?と店員に聞くと半年前くらいですよと答えたのにはもうある確信に変わりつつありました。

そうです。
たぶん、ワタスはあの時一度死んだのです。
いや、死ぬ直前でこの世界のワタスと入れ替わった可能性がある。

だからもともといたこの世界のワタスは、ワタスが今までいた世界へ行きそこで死んでしまった。
ワタスがこの世界へ"タイムリープ"して生き残った。
そう考えるととても辻褄が合うのです。

そうか、だからあの時車に轢かれた感覚が残っていたのか。。

ああ、でもなんてこと。。可哀想なこの世界のワタス。
ワタスの犠牲になってしまったってこと?
もしそうだとしたら、どう言ったらいいのだろう。
もともとのこの世界にいたワタスには全くとんでもないことをしてしまったようだ。

この世界のワタスよごめんなさい、本当にごめんなさい。



えっ?頭がおかしくなったのではないかって。

もうおかしいですよっ!じゃなくて。大丈夫、なんとか冷静に考えられます。いや考えるんだ。



ワタスは歌手のLさんへ申し訳ないと思いつつ、行ってもいないライブにまるで行ってきたかのようにウソのメールを出したのでありました。

長野松代で死んだもう一人のワタスに何度も何度も謝りながら。。


Bach - Keyboard Concerto No. 5 in F Minor BWV 1056 - Largo
https://youtu.be/crOhiup3kFg



最後までご精読ありがとうございました。



スポンサーサイト

 コメント

Re:こちらこそ大感謝 from マティックス

みらさん、こちらこそありがとうです。

ワタスも日常でこういう話ができる人はとても少なくて、でもここに来てくれる皆さんやコメントくださる方々のおかげでなんとか記事を書かせてもらっている状態です。
やっぱり見てくれる人の力はとても大きいですよね。

それでも書くことに行きづまる時は、そういう話ができる人数名でビール飲みながら不思議話に花を咲かせておりやす。
ワタス達はそれを新宿モツ焼き会議と呼んでおりやす(笑)。そのうち、みらさんもいかがでございましょう。(^_^)/

パラレルワールドの話、素晴らしい考察恐れ入りますたです。
自我の次元旅行は、らせん上昇とらせん下降があるのかな。
ワタスの場合はどっちなのだろうか(笑)。
下降しすぎてダークサイドには行きたくないなあ。
まあ良い周波数のものに意識を合わせるようにすれば抜けれると思うので心配はしていないのですが。。

去年も思ったのですがパラレルワールドの話って女の人に人気があるのですね。なぜだろう。
パラレルワールドネタについてはもう少し待っててくださいまし。

是非是非これからもコメントくださいまし。大歓迎でござますよん。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

ではまた。

マティックス

ご訪問ありがとうございます。 from みら

 拝見させていただきました。私なんぞのブログを紹介してくださって、恐縮です(汗;)。感性に任せるまま、訳の分からん理屈をこねくり回してるだけですw。ただ、日常生活こういう話が出来る機会ってそうそうないので、人様のブログなんぞに出没してはいらん書き込みをして、うっとうしいと思われているかもしれません。
 マティックスさんのパラレルワールド考証凄く興味深いので、次回も期待してま~すw。

Re: パラレルワールドについて from マティックス

みらさん、こんにちは~。

今、見てきましたよん。
みらさんも次元ジャンパーだったすか(笑)。
でも凄いです。あそまで考察できる人はそうそういませんよ。
みらさんの深い思考に脱帽いたしますた。

みらんのブログはこちら
「歌う白木菟の独り相撲~火の無い所に立つ煙」
URL:http://mblg.tv/mislandiaomega7/

パラレルワールドについて from みら

こんにちわ(^^)/。
 マティックスさんの今回の記事を読んで、私なりに思うところがあったので、自分のブログに書いてみました。
お暇でしたら冷やかしに来て下さいw。

Re: こちらこそ初めまして。 from マティックス

みらさん、コメントありがとうございます。
おちんさんブログから来なすったのですな。

えっ、ブログの話よりダジャレ図鑑のほうが面白い?

ショック!ショック!ターイムショック!
そいつぁ~あかんですがな。

恐るべしダジャレ図鑑。。
ワキ役だとばかり思っていたのだが。。
いつの間にか主役に踊り出たのか。。

くぅ~、これが下克上っすか。

おー!げこくじょー!(ってもうワケわからなくなったのでこれにて。またきてね)

初めまして。 from みら

 おちんさんのブログから来ました。大変面白いです。
...ですが、私には内容よりも冒頭のダジャレの方が衝撃です。今日のやる気を返してくだされ。
 ツイッターにて呟かせていただきます(笑)。

Re: パラレルワールド。。? from マティックス

リリーさん、ありがとうございます。

ワタスもウソだと思いたいのですが、どうも現実であるようです。

こないだもたまによく行くパン屋さんのカフェへ行ったのですが、
ワタスが記憶しているトイレの位置と現在のトイレの位置が少し違うのです。

元いた次元の流れをAだとするとずいぶん飛び越えてGくらいに来てしまった感じです。

もうこうなったら何でもありかもしれませんね(笑)。

リチャード・マシスンってあの「アイ・アム・レジェンド」書いた作家さんですよね。
あれは面白かったっす。映画しか観ていませんが、ゾンビくん達がすっごい元気なのでなんでだろう?と思ったのですが(笑)。

「次元断層」、これ面白そうですね。是非読んでみたいです。
教えてくれてありがとうございます。

皆神山の周辺はきっと次元断層になっていてパラレルジャンプしやすい場所なのかもしれませんね(笑)。

パラレルワールド。。? from リリー

マティックスさん、こんばんは。

うわぁ~、大変でしたね~。
車に轢かれそうになったけれども、なにしろ皆神神社を参拝した後だったから、
きっと何者かの力が働いて守られたんですね!
あ~、よかった、よかった! と思っていたら。。。。

あ、続きがあった。。。と思い「皆神山からのその後」を読んだらv-12

そ、そんなことが!!

た、確かですか?マティックスさん!
なんとも不思議な!

まるで最近読んだリチャード・マシスンの短編小説「13のショック」の中の
「次元断層」のようなお話です!

でも、あるんでしょうね~、そういう事って。。。きっと。。。

コメントを書く









管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック

トラックバックURL
 ⇒http://matix.blog100.fc2.com/tb.php/93-7fb310e1